今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 5選

アンダーグラウンドクラブ系Jazz
スポンサーリンク

今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 注目の5グループを紹介します。

アンダーグラウンドジャズ、アンダーグラウンドクラブミュージックなんていうと取っつきにくい、一部のマニアな人たちの音楽みたいですが、そんなことはありません。

聴かず嫌いにならず、耳を傾けてみるとその最先端な音楽の魅力に出会えるはずです。

言ってみれば今の邦楽ミュージシャン、特に最近の先端を行っている邦楽が好きであればその音楽性のルーツ(またはその先)がここにあります。ちょっと強引ですが。

ということでアンダーグラウンドクラブ系ジャズ、5組を聴き比べてください。

 

スポンサーリンク

アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 5選 : レビュー

SAULT : 絶品ネオソウル・ジャズ

イチオシのソウルジャズトリオ。

まだ情報があまりなく謎が多いですが、Little SimzJungleMichael Kiwanukaなどを手掛けたロンドン在住のDean Josiah(ディーン・ジョサイア)を中心としたバンド。

70年代ソウルバイブとジャズ、ディスコ、ポストパンクといった様々なエッセンスが溶け合い、そこに浮遊感のある女性ボーカルを絡ませた、スモーキーでグルーヴィーなサウンドが絶品です。

必聴!

SAULT – Why Why Why Why Why

Why Why Why Why Why

SAULT – Masterpiece

Masterpiece

 

 

 

Golden Mean :エレクトロなネオフュージョン

ロンドンの最強コラボユニット、Yussef KamaalのベーシストであるTom Driessler(トム・ドリスラー)と、同じくロンドンの12人編成のグループ、Nubiyan TwistのギタリストであるLuke Wynter(ルーク・ウィンター)が中心の4ピースバンド。

エレクトロニカ、ファンク、プログレ、ヒップホップの影響を受けた叙情的なメロディーとタイトなリズムが満載。

同じロンドンの敏腕ミュージシャングループThe Expansionsを、よりクールに、そしてオシャレにしたフュージョンサウンドです。

Golden Mean – Orbit Trip

Golden Mean – Orbit Trip [Audio]

Golden Mean – Through Walls

Golden Mean – Through Walls [Audio]

 

 

Ebi Soda : 近未来型コンテンポラリージャズ

イギリス、ブライトンを拠点に活動する、トロンボーン、キーボード、ベース、ギター、ドラムのクインテット。時にサックスとフルートを加えた7人編成のジャズバンド、Ebi Soda(エビ・ソーダ)

ホーンセクションの重層感とモダンジャズ、コンテンポラリージャズを現代的、というよりも未来的にアレンジした革新的ジャズ。

カナダのBadBadNotGoodやマンチェスターのGoGo Penguinとはまた違った未来感。

Ebi Soda – Dahling

Ebi Soda – Dahling (Official Video)

Ebi Soda – Summer One (feat. J Harli)

Summer One (feat. J Harli)

 

 

Resavoir : 最先端ベッドルーム・ジャズ

シカゴ出身のトランペッター、Will Miller(ウィル・ミラー)のプロデュースによるエクスペリメンタルなジャズバンド、Resavoir(リザボア)

生バンドスタイルとサンプリングループを融合した”ベッドルーム・ジャズ”というスタイルに現代ハープ奏者の第一人者であるBrandee Younger, めきめきと存在感をだしてきたアメリカ在住の日本人アーティスト、Sen Morimotoなどが絡む新世代ジャズを展開しています。

まさに今のジャズ、最先端なジャズです。

Resavoir – Escalator feat. Sen Morimoto

Escalator

Resavoir – Taking Flight feat. Brandee Younger

Taking Flight

 

 

Emma-Jean Thackray : アバンギャルド・クラブジャズ

前4組は男性ばかりでしたが、最後は女性。

ロンドンのマルチプレイヤー、プロデューサー、DJ、そしてMovementtというレーベルボスでもある、Emma-Jean Thackray(エマ・ジーン・サックレイ)。

The Vinyl Factory、Red Bull Music Academy、Gilles Petersonなどから「イギリスで最もエキサイティングなアーティストの1人」と呼ばれている才女。

彼女が大好きだというMadlibなどのアンダーグラウンドヒップホップの要素とクラブサウンド、ロンドンのジャズシーンも包含したアバンギャルドでアーバンスタイリッシュなサウンドです。

Emma-Jean Thackray – Movementt

EMMA-JEAN THACKRAY || Movementt (Official Video)

Emma-Jean Thackray – Brand New

Brand New

 

まとめ

今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 注目の5グループでした。

やはりジャズの最先端都市、ロンドンのミュージシャン中心になってしまいました。あわせて最新ジャズシーン のおススメもチェックしてみてください。これであなたも現代ジャズシーン通です。

【2020】 洋楽最新ジャズシーン おススメ7選【かっこいい】
洋楽最新ジャズシーン よりおススメ7選をご紹介します。ジャズなんてよくわかんない、最新のジャズなんてとっつき難そう、なんて思う方もいるかもしれませんが、現代ジャズはもうあらゆるジャンルが混ざり合う、クロスオーバーな音楽として難しく文学的に考えなくても聴けるジャンルへと進化しています。今回ご紹介したアーティストを押さえておけば最新ジャズシーンのトレンドを掴めたも同然です!