Sault / 感性が研ぎ澄まされるポストパンク&ファンクバンド

SaultCrossover
スポンサーリンク
Pocket

Cleo Sol、Little Simz、Michael Kiwanukaなどイギリスの有望ソウル、ヒップホップアーティストのプロデュースを手掛けるDean “Inflo 1st” Josiah=ディーン・ジョサイアが手掛ける謎多きポストパンク&ジャズファンクバンド、 Sault (ソー)。

当サイトでも”今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 5選“にて紹介していましたが、最新作『Untiteled (Black Is)』がリリースされたタイミングでこちらで改めて記事にしていきます。

 

▼あわせてこちらの記事もチェックしてみてください▼

今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 5選
今聴いておきたい アンダーグラウンドクラブ系ジャズ 注目の5グループを紹介します。アンダーグラウンドジャズ、アンダーグラウンドクラブミュージックなんていうと取っつきにくい、一部のマニアな人たちの音楽みたいですが、そんなことはありません。これであなたも現代ジャズシーン通です。

 

2019年5月にリリースされた『5』そして9月には『7』という2枚のアルバムを通して、その研ぎ澄まされた感性によるポストパンク&ジャズファンクサウンドで世界の早耳リスナーを魅了し、どのようなバンドかを誰もが知りたがっている間に次の作品が早くもリリースされてきました。

 

で、この新たなアルバムは『Untitled (Black Is)』と題した昨今のBlack Lives Matter運動に対するトリビュート作品として強いメッセージ性とストーリー性を含んだもの。

かの事件に直面した悲しみ、怒り、荒廃、痛み、希望からエンパワーメントへと文脈化されたストーリーで展開する内容と、前作までのサウンドスタイルを踏襲しつつも、ブラックルーツをより強く感じさせるメッセージの強い音楽性で迫ってくるものです。

ボーカルにはCleo SolMichael Kiwanuka、シカゴのラッパー&シンガー、Kid Sisterも加わっている模様。

そしてこのアルバムはなんと、Saultの公式サイトからmp3で一括無料ダウンロードができます。→こちら

アジアンな我々も他人事ではないし、ブラックミュージックを愛する者としてジョージフロイド氏を追悼しながら心して聴くべき内容です。

 

スポンサーリンク

Sault : レビュー

Untitled (Black Is)

こちらのBandcampプレイヤーでも視聴可能。

 

 

Masterpiece

アルバム『5』より。

レトロだけどどこか新しい、モータウンソウルへのオマージュが感じられるピュアソウル・ラブソング。

Masterpiece

 

We Are the Sun

アルバム『5』より。

ファンクネスで、どこか哀愁と郷愁が入り混じった塩梅が絶妙なネオソウル。

We Are the Sun

 

 

Why Why Why Why Why

アルバム『5』より。

おススメ。オールドスクールなレトロ感たっぷりな雰囲気と、グルーヴ感たっぷりに揺らめくディスコブギー。カッコイイですね。

これかけてればかなり「センスいいやつ」なの間違いないです。

Why Why Why Why Why

 

Over

アルバム『7』より。

疾走感のあるベースラインとパーカッシヴなリズムで駆け抜けるポストパンク・ファンク!

Over

 

まとめ

感性が研ぎ澄まされるポストパンク&ジャズファンクバンド、Sault (ソー)でした。

ザラツキ感のあるスネア音、揺らめくエレクトロピアノ、ディープなベースにサイケなギター、ブラックネスでファンクネスなボーカル&コーラスを聴いているだけで感性が研ぎ澄まされていきそうな、そんな感覚を覚えるバンドです。

先述のSaultのホームページには以下のメッセージがあります。

We present our first ‘Untitled’ album to mark a moment in time where we as Black People, and of Black Origin are fighting for our lives. RIP George Floyd and all those who have suffered from police brutality and systemic racism. Change is happening… We are focused. SAULT x

私たちは、黒人として、そして黒人のルーツを持つ私たちが自分たちの人生のために戦っている瞬間を記念して、私たちの最初のアルバム「Untitled」を発表します。RIP ジョージ・フロイド、そして警察の残虐行為や人種差別に苦しんできた全ての人たち。変化は起きている…私たちはそこに集中している。SAULT

 

是非この新作『Untitled (Black Is)』を聴いて、今の黒人社会が抱える問題と葛藤を感じていただければと思います。