STR4TA / ブリット・ファンク・リバイバル!

STR4TACrossover
Pocket

世界中の音楽ファン、DJに多大な影響を与えてきたGilles Petersonとブリット・ファンク聡明期から活躍しアシッドジャズ最高峰のバンド、インコグニートを率いるギタリスト、Paul “Bluey” Maunickの二人が結成したスーパーグループ、 STR4TA (ストラータ)。

長年の友人同士でいまさら説明不要の伝説的な二人がこのアイデアを得たきっかけは、タイラー・ザ・クリエイターが2020年のブリット・アワードの受賞スピーチにおいて80年代のブリット・ファンクからの影響、インスピレーションを得たことを語ったことだったようで、その後ジャム・セッションプロジェクトとして結成。タイラー・ザ・クリエイターグッジョブですね。

そして2020年10月にFrancois K、Trevor Jackson、Colin Curtis、Moses Boydがサポートし、ジャイルスのBrownswood Recordingsからデビュー・シングル「Aspects」をリリース。

さらに8曲を追加し翌年3月には同タイトルのアルバム『Aspects』をリリース。

非常に活気に満ちた80年代ブリット・ファンクのタイトさに現代のフレッシュな空気感を注ぎ込んだ、どの曲もテンションの上がる80年代~90年代フレイバー満載の内容。

そんなまだこのアルバムの余韻に浸っている最中の2022年11月11に早くも2ndアルバム『STR4TASFEAR』がリリースされます。

UKネオソウル界のゴッドファーザーOmarからTheo CrokerEmma-Jean Thackray、Anushkaなど新旧バラエティに富んだゲストが登場して前作よりも華やかな印象を与える内容となりそうです!

スポンサーリンク

STR4TA : レビュー

『STR4TASFEAR』より。Emma-Jean Thackrayをボーカルに迎えて意外なほど爽やかに仕上げた南米フレイバー&スペイシーブリット・ファンク。イイ!

STR4TA – Lazy Days (feat. Emma-Jean Thackray)

 

ちょっと変化球な打ち込みドラムを使ったLoose Endsを想起させる美麗ブリット・エレクトロ・ファンク。イイですね~。

STR4TA – When You Call Me

 

Level42ばりのスラップベースから始まる80’sど真ん中ブリット・ファンク!!!最初期のインコグニートもこんな感じでしたね。カッコイイ!

STR4TA – Turn Me Around

 

アルバム『Aspects』のフィナーレ。テンション高めのブリット・ファンクから一転したLonnie Liston SmithDonald Byrdらを想起する70年代ジャズファンク~フュージョンに傾倒しつつも、しっかりとしたこのバンドのコンセプトのライン上に溶け込ませた、さすがジャイルス・ピーターソン、といった出来映え。

STR4TA – Vision 9

 

レジェンド二人によるブリット・ファンク・リバイバル、 STR4TA (ストラータ)でした。

前作はタイトな80年代本家ブリット・ファンク、今作『STR4TASFEAR』はより現代にアプローチした進化系ブリット・ファンクといったところでしょうか。両作ともアシッドジャズ、ジャズファンク好きには堪らない作品です。

現在のUKジャズ界の隆盛を築いた二人が原点回帰的なこのプロジェクトを結成したことは非常に意義深いものがありますね。おススメです。