Henry Wu – Kamaal Williams / ロンドン・ファンクネスジャズ

kamaal williamsCrossover
Pocket

サウスロンドンを代表するキーボード奏者兼プロデューサーである Henry Wu (ヘンリー・ウー)こと Kamaal Williams (カマール・ウィリアムズ)。

台湾人の母親とイギリス人の父親を持ち、ともにグラフィック・デザインの仕事をしている文化的に多様な家庭で育った。

両親の影響を受け幼少期には中国語やイスラム教のカリグラフィも学び、後に(自身のあるアルバムジャケットでも披露している)グラフィティ・アーティストとして活かしていく。

10代になると音楽に熱中しスクールバンドでパーカッションを担当するようになり、ヒップホップ、グライムの影響と父親からの影響でマイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、カルロス・サンタナなどのジャズやフュージョンに傾倒。

その後キーボーディストとしてとして活動、2011年にイスラム教に改宗しKamaal Williamsと名乗るようになり、Tenderlonious主宰のロンドンアンダーグラウンドレーベル22aと契約。

ジャズとハウス・ミュージック、エレクトロニック・ブロークン・ビート・サウンドを組み合わせた自身のトラック制作を開始し、2016年頃、ドラマーのYussef Dayesと親交を深め、ジャズ・ファンク・デュオYussef Kamaalを結成。

その盟友Yussef Dayes(ユセフ・デイズ)とのジャズ・プロジェクト、Yussef Kamaal(ユセフ・カマール)『Black Focus』はUKジャズシーンの中で大きな話題となり、その後2018年リーダーアルバム『The Return』をリリース。

Yussef Kamaalで表現された70年代ジャズファンクスピリットを継承したファンクネスでコズミックなフュージョン・サウンドは、Lonnie Liston SmithやRoy Ayers、Herbie HancockからAzymuthまでをも想起させ、Kamasi Washingtonを筆頭にLAを中心としたスピリチャルジャズよりもクラブジャズ寄りな、現代ロンドンジャズらしい作品でした。

2020年には自身のレーベルBlack Focusからからその名も『We Hen』という会えるバムをリリース。ドラマーGreg Paul、ベーシストRick Leon James、サックス奏者Quinn Masonをコア・サイドメンとして迎えた生演奏による漆黒のジャズファンクアルバムをリリース。

2022年に入ってからは”Henry Wu”名義によるリリースが活発になっており、こちらはエレクトロニック・ブロークン・ビート・サウンドをメインにしたクラブミュージックの色合いの濃い作品が主体となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kamaal Williams & Henry Wu – レビュー

2022年ヘンリー・ウー名義作。90年代テイスト溢れるアンダーグラウンド・エレクトロニックチューン。真夜中のドライブ必携アイテム!

HENRY WU PHONE CALL

 

チャイニーズ・ベトナミーズのイギリス人ラッパー、Jianboとの共演。ヘンリー・ウープロデュース作。

Jianbo – Mongkok Madness (ft. Henry Wu) (Official Video)

 

Salaam

いきなりの現代版Roy Ayers、いや、ロイ・エアーズの再定義的ブラックフュージョンの決定版。

Salaam

 

High Roller

Lonnie Liston Smithばりの70年代コズミックフュージョン。スペイシーなシンセ音とドラムロールが灼熱の彼方へと引き込まれていきそうなファンクチューン。

Kamaal Williams – High Roller

 

New Heights

UKダウンテンポ界実力者、Darkhouse Familyを共同プロデュースに迎えた2019年シングル。ドラム、ピアノ、ベースがスリリングに進行するダークでファンクネスなヘンリー・ウーの世界観。

Kamaal Williams – New Heights (Visions of Aisha Malik) (Official Video)

 

Hold On feat. Lauren Faith

2020年作『Wu Hen』より。

フェンダーローズやハープを妖艶に仕込んだHenry Wuのセクシーな世界観にKaytranadaのバックアップでも知られるシンガー、Lauren Faithの無垢なボーカルとのコントラストが素敵なR&B。

Kamaal Williams – Hold On (feat. Lauren Faith)

 

Kamaal Williams – Pigalle

2020年作『Wu Hen』からもう一曲。

Quinn Mason(クイン・メイソン)のテナーサックスとLAのKatalystにも参加しているドラマー、Greg Paul(グレッグ・ポール)による強力セッションがオーセンティックなジャズとストリート・ジャズが交錯した躍動を感じさせてくれる作品。

Kamaal Williams – Pigalle (Official Audio)

 

Yussef Kamaal – Remembrance

ユセフ・デイズとカマール・ウィリアムスのこの緊張感漂う展開。ユセフの情熱的なドラムに呼応するかのような起伏に富んだ展開が、ザラザラとした感触と共に生々しく伝わってくるスピリチュアルファンク。

Yussef Kamaal – Remembrance

 

Yussef Kamaal – Calligraphy

 やはり動画で観たい!ってことでアツいスタジオセッション。

Yussef Kamaal – Calligraphy // Brownswood Basement Session

 

 

まとめ

ロンドンを代表するファンクネスジャズ、 Henry WuKamaal Williams (カマール・ウィリアムズ)でした。有能なミュージシャンを数多く輩出するロンドンジャズシーンにおいても、その動向は見逃せない要注目人物の一人です。