Kamaal Williams / ロンドン・ファンクネスジャズ

Crossover
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サウスロンドンを代表するキーボード奏者兼プロデューサーであるHenry Wu (ヘンリー・ウー)こと Kamaal Williams (カマール・ウィリアムズ)。大好評だった盟友Yussef Dayes(ユセフ・デイズ)とのジャズ・プロジェクト、Yussef Kamaal(ユセフ・カマール)を経てリーダーアルバム『The Return』をリリース。

Yussef Kamaalで表現された70年代ジャズファンクスピリットを継承したファンクネスでコズミックなフュージョン・サウンドは、Lonnie Liston SmithやRoy Ayers、Herbie HancockからAzymuthまでをも想起させ、Kamasi Washingtonを筆頭にLAを中心としたスピリチャルジャズよりもクラブジャズ寄りな、現代ロンドンジャズらしい作品。

ファンクネスでブラックネス、濃いです。現代ジャズファンクの再定義といっても良いでしょう。

当ブログでも紹介しているロンドン系ジャズミュージシャン、Nubya GarciaAlfa MistJoe Armon-Jones・・・から、それこそUSのKamasiやRobert Glasper、もしかしたらProfusionやMoodymannまでカバーしている、連動している音楽性。

彼ら同様、ロンドンジャズ界の重要人物としてハズせない存在です。

 

 

Kamaal Williams – Review(レビュー)

Salaam

いきなりの現代版Roy Ayers、いや、ロイ・エアーズの再定義的ブラックフュージョンの決定版。

Kamaal Williams – Salaam (Official Video)

 

 

High Roller

Lonnie Liston Smithばりの70年代コズミックフュージョン。スペイシーなシンセ音とドラムロールが灼熱の彼方へと引き込まれていきそうなファンクチューン。

Kamaal Williams – High Roller

 

 

New Heights

UKダウンテンポ界実力者、Darkhouse Familyを共同プロデュースに迎えた2019年シングル。ドラム、ピアノ、ベースがスリリングに進行するダークでファンクネスなヘンリー・ウーの世界観。

Kamaal Williams – New Heights (Visions of Aisha Malik) (Official Video)

 

 

Yussef Kamaal – Remembrance

ユセフ・デイズとカマール・ウィリアムスのこの緊張感漂う展開。ユセフの情熱的なドラムに呼応するかのような起伏に富んだ展開が、ザラザラとした感触と共に生々しく伝わってくるスピリチュアルファンク。

Yussef Kamaal – Remembrance

 

 

Yussef Kamaal – Calligraphy

 やはり動画で観たい!ってことでアツいスタジオセッション。

Yussef Kamaal – Calligraphy // Brownswood Basement Session

 

 

まとめ

ロンドンを代表するファンクネスジャズ、 Kamaal Williams (カマール・ウィリアムズ)でした。有能なミュージシャンを数多く輩出するロンドンジャズシーンにおいても、その動向は見逃せない要注目人物の一人です。

 

『The Return』の試聴はこちらから。

 


ジャズランキング