少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Crossover Jazz

Kamaal Williams ロンドン・ファンクネスジャズ

更新日:

Pocket

サウスロンドンを代表するキーボード奏者兼プロデューサーであるHenry Wu (ヘンリー・ウー)こと" Kamaal Williams "(カマール・ウィリアムズ)。大好評だった盟友Yussef Dayes(ユセフ・デイズ)とのジャズ・プロジェクト、Yussef Kamaal(ユセフ・カマール)を経てリーダーアルバム『The Return』をリリース。

Yussef Kamaalで表現された70年代ジャズファンクスピリットを継承したファンクネスでコズミックなフュージョン・サウンドは、Lonnie Liston SmithやRoy Ayers、Herbie HancockからAzymuthまでをも想起させ、Kamasi Washingtonを筆頭にLAを中心としたスピリチャルジャズよりもクラブジャズ寄りな、現代ロンドンジャズらしい作品。

ファンクネスでブラックネス、濃いです。現代ジャズファンクの再定義といっても良いでしょう。

当ブログでも紹介しているロンドン系ジャズミュージシャン、Nubya GarciaAlfa Mist・・・から、それこそUSのKamasiRobert Glasper、もしかしたらProfusionMoodymannまでカバーしている、連動している音楽性。濃い目でクセがあるようで、親和性高いですねぇ。

では曲紹介。

いきなりの現代版Roy Ayers、いやロイ・エアーズの再定義的ブラックフュージョン"Salaam"

 

こちらはLonnie Liston Smithばりのコズミックフュージョン、"High Roller"

 

4HeroのDegoやKaidi Tathamにも通じるエレクトロ・ジャズファンク"Catch The Loop"

 

Yussef Kamaalから、個人的に大好きな曲、緊張感漂う展開がカッコイイ、ダークでグルーヴィな"Remembrance"

 

 Kamaal Williams & Yussef Dayes "Yussef Kamaal"でのスタジオセッション

『The Return』の試聴はこちらから。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村

ジャズランキング

-Crossover, Jazz
-, ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。