Myles Sanko / ブリティッシュ・モダンソウルの最高峰

スポンサーリンク
Myles SankoJazz
Pocket

ガーナ出身でケンブリッジやロンドンを拠点に活動するソウル/ジャズシンガー、 Myles Sanko (マイルス・サンコ)。

フランス人とガーナ人の両親の間に生まれ、16歳のときにガーナからイギリスに移住。

ジャズファンク・インプロバンド『Bijoumiyo』のフロントマンとして2006年から活動し、その後イギリスのファンク・ソウルバンドSpeedometerのコラボレイターとしても活躍。

ソウルフルで深みのあるボーカリストとしての実力が音楽ファンから高い注目を浴び、グレゴリー・ポーターのヨーロッパ・ツアーサポートなどを経て2013年にEP『Born in Black & White』でソロデビュー。

翌2014年には初フルアルバム『Forever Dreamingをリリース。エモーショナルなボーカルと鮮明でありながらクラシックなサウンドプロダクションとライティングは、決して派手さはないものの誠実でストレートに心に響く普遍のソウルミュージックです。

その後も2016年に『Just Being Me』、そして2021年に4thアルバムとなる『Memories Of Love』をリリース。

高揚感のあるスピリットを感じる、最高峰のブリティッシュ・モダンソウルミュージックを堪能ください。

スポンサーリンク

Myles Sanko : レビュー

Blackbird Sing

Memories Of Love』より3曲。

グレゴリー・ポーターを思わせるようなふくよかな雰囲気のボーカルが、繊細なピアノ、ベース、ドラムによるジャズトリオの上にしっとりと浮かぶソウルジャズ。

Myles Sanko – Blackbird Sing (Official Music Video)

 

Streams Of Time

ピアノ、ホーン、ギターの優しくもゴージャスなアンサンブルと力強いコーラスが織りなす上質なピュアソウル。

Myles Sanko – Streams Of Time (Official Music Video)

 

Rainbow In Your Cloud 

最初のスネアドラムビートから最後のホーンまで、非常に計算しつくされた完璧なサウンドを乗りこなす完璧なボーカルが素晴らしい!

Myles Sanko – Rainbow In Your Cloud (Official Music Video)

 

Just Being Me

2016年『Just Being Me』からのタイトルトラック。

ジャズベースのサウンドの中に実験的でリラックスした雰囲気、グルーヴを感じるMyles Sankoサウンドを確立したような曲。

Myles Sanko – Just Being Me (Official Music Video)

 

Forever Dreaming

2014年『Forever Dreamingからのタイトルトラック。

ポジティブで伸びやかなサウンドが、Speedometer的な雰囲気も感じられるナイス・ヴィンテージソウル。

Myles Sanko – Forever Dreaming (Official Lyric Video)

 

まとめ

ブリティッシュ・モダンソウルの最高峰、Myles Sanko(マイルス・サンコ)でした。

Stone Foundationにも近い非常に上質なブリティッシュ・ソウルジャズサウンドは、オトナの方に是非とも聴いてほしいアルバムです。

Stone Foundation 大人の香り漂うブリティッシュ・モダン・ソウル
ブリティッシュ・モダン・ソウル・・・、大人の香り漂うヴァイヴを奏でるイギリスのベテランヴィンテージ・ソウルバンド、 Stone Foundation (ストーン・ファウンデーション)。 2000年前半から活動をスタートし、スタジオアルバム...