Crossover

Crossover

Zoe’s Shanghai / バルセロナ発のレアルネオ・ソウルバンド

スペイン、バルセロナを拠点にメインボーカル&ギターのZoé Renié(ゾー・レニー)を中心とするの4ピース・ジャジーネオソウルバンド、 Zoe's Shanghai (ゾーズ・シャンハイ)。豊かなメロディーとフェンダーローズの音色、軽快なパーカッション、ソウルフルで滑らかなボーカルが魅力のバンドです。
Crossover

Sault / 感性が研ぎ澄まされるポストパンク&ファンクバンド

ディーン・ジョサイアが手掛ける謎多きポストパンク&ジャズファンクバンド、 Sault (ソー)。ザラツキ感のあるスネア音、揺らめくエレクトロピアノ、ディープなベースにサイケなギター、ブラックネスでファンクネスなボーカル&コーラスを聴いているだけで感性が研ぎ澄まされていきそうな、そんな感覚を覚えるバンドです。
Crossover

Moonchild / カリフォルニア発、ジャジーネオソウル

フルート奏者、プロデューサーのMax Bryk(マックス・ブリック)、ピアノ、トランペット、等を操るマルチインストロメンタリスト/プロデューサーのAndris Mattson(アンドリス・マットソン)、そして紅一点、シアトル出身のシンガー、...
Crossover

BenjiFlow / ラテン・アフロフレイバー漂うオルタナティブR&B

ノースロンドン出身のマルチ奏者、シンガーソングライターの BenjiFlow (ベンジフロウ)。R&Bや西アフリカのハイライフからフラメンコ、サルサ、アフロキューバリズムのエッセンスを高次元、ハイセンスに融合させた作品をリリースしています。
Crossover

WheelUP / ブロークンビーツ・リバイバリスト

ウェストロンドンを拠点にするプロデューサー、DJのDanny Wheelerによるプロジェクト、 WheelUP (ホイールアップ)。ウェストロンドン伝統のブロークンビーツの使い手として、2020年代のリバイバリストとしてのプロジェクト、WheelUPを始動。UKの著名DJ、メディアからも高く評価されています。
Crossover

Secret Night Gang / マンチェスターのストリートソウル・ジャズファンカー

マンチェスター出身ストリート・ソウル・ユニット、 Secret Night Gang (シークレット・ナイト・ギャング)。ソウル、ファンク、R&B、ジャズ、フュージョンをベースに、スムースなボーカルアレンジとタイトなブラスが加わるダイナミックで洗練されたストリートソウル~ジャズファンクでを展開します。
Crossover

Okvsho / チューリッヒの兄弟ビートメイカー

スイス、チューリッヒ出身の兄弟ビートメイカー、DJデュオの Okvsho (オクヴショ)。ビートメイカーではありますが、最近はアフロ・ファンクやブラジル音楽とヨーロッパ音楽がミックスされた生演奏中心のジャズ・ネオソウルが展開されています。
Crossover

Emma-Jean Thackray / 次世代UKジャズ界を担う才女

サウスロンドンを拠点とするバンドリーダー、マルチインストゥルメンタリスト、プロデューサー、DJの Emma-Jean Thackray (エマ・ジーン・サクレイ)。ジャイルス・ピーターソンをはじめとする英国ジャズ界、各メディアから「最も注目すべきアーティスト」として期待されてきたアーティストです。
Crossover

Scrimshire / クール&エモーショナルグルーヴの達人

マルチインストゥルメンタリスト兼プロデューサー、DJの Scrimshire (スクリムシャー)。ジャズ、ソウル、ファンクを基調としながらも現代エレクトロニックやポップスを取り入れた、趣がありアートフォームな独自のフィーリングを感じさせるサウンドです。
Crossover

Horatio Luna / メルボルンの鬼才ベーシスト

オーストラリア、メルボルンのベーシスト、プロデューサーのHenry Hicksによるソロプロジェクト、 Horatio Luna  (ホレイショ・ルナ)。様々なスタイル・ジャンルを融合させつつ、その絶妙なバランスの中に漂う独自の緊張感は、耳の肥えたリスナー達に刺さりまくるまさに"鬼才"。
Crossover

Aurora Dee Raynes / 躍動感あるUKクロスオーバーバンド

ノースロンドンを拠点とするDanielle Kranendonkとtephen Raynesによるデュオプロジェクト、 Aurora Dee Raynes (オーロラ・ディー・レインズ)。現代ジャズ~ネオソウルの文脈とソウルフルなボーカルで構成された躍動感のあるサウンドです。
Crossover

Matt Johnson / アシッドジャズをアップデートするキーボーディスト

ロンドン出身のベテランキーボーディスト、長年Jamiroquaiのメンバーとして活動してきた Matt Johnson (マット・ジョンソン)。バンドでの活動が一段落つき、アシッドジャズをアップデートしたような魅力的な作品をリリースし活発に活動しています。
Crossover

【コンピレーションアルバム】 Global Sounds / Boomerang Records

エレクトロニック、ジャズ、ブロークンビートなどを専門とするインディペンデント・レコード・レーベル、Boomerang Recordsからリリースされたコンピレーションアルバム、"Global Sounds"をご紹介。ロンドンの旬なプロデューサー、アーティストが集結した、聴き応え抜群のコレクションとなっています。
Crossover

Anushka / 甘く切ないジャズ・エレクトロニック

イングランド南東部ブライトンを拠点とするジャズ・エレクトロニック・デュオ、 Anushka (アヌーシュカ)。ジャズとエレクトロニックの融合に、甘く切ないメロディーが全体をポップに包み込んでいて、イギリスのジャズ・エレクトロニック・シーンのエッジさがありながらも聴き手を選ばない作りが特徴的です。
スポンサーリンク