Masego / 未来へ進化し続けるトラップハウスジャズ

masegoCrossover
スポンサーリンク
Pocket

南アフリカにルーツを持ち、ジャマイカ生まれで現在はアメリカで活動するサックス奏者、シンガー、ラッパーMicah Davisのステージネーム、 Masego(マセーゴ)。

8歳でアメリカのバージニア州に移住、幼い頃から楽器演奏や教会で歌っていて、17歳のころに女の子を振り向かせたいという思いから始めたサックス演奏をSondcloudに投稿しバイラルした彼の動きは、2016年にデビューEP 『The Pink Polo』という形で音楽活動を開始

自身の音楽を『トラップハウスジャズ』と呼んでいる現代音楽をジャンルブレンディングした感性がたちまち話題となり、特に2017年次世代ミュージシャンの登竜門的ドイツ・ベルリンのプラットフォーム、COLORSでの『Navajo』の演奏、フランスのマルチ奏者FKJとのセッション『Tadow』によってその存在を世界に知らしめることに。

コラボレイターとしてもかなり多くのミュージシャンの作品に出演していて、DJ Jazzy Jeffによる若手ミュージシャンとのセッションアルバム『Chasing Goosebumps』やVanjessとの『Touch The Floor』、MedasinとのSunday Vibes(The Pink Poloに収録)、The GameKehlaniKAYTRANADA、日本人クリエイターのstarRoなどなど多岐にわたります。

自身としては前出の『The Pink Poloを皮切りに2016年『Loose Thoughts』、2018年『Lady Lady』をリリース。

相変わらず様々なアーティストのコラボが旺盛ですが、2020年には数曲のシングルをリリースしており、そろそろ次期アルバムも近いか?はわからなくタイミング的にも微妙だけどMasegoワークを振りたくなったので、振り返って返っておきます。

 

スポンサーリンク

Masego : レビュー

Queen Tings feat. Tiffany Gouché

2018年『Lady Lady』より。メロウ&ブラックネスなトラップソウル・ジャズの組み合わせが秀逸なMasegoらしいトラック。ケニアハリウッド女優ルピタ・ニョンオ、ダナイ・グリラ、ソランジュ・ノウルズをイメージした女性への賛辞。

Masego – Queen Tings ft. Tiffany Gouché (Official Music Video)
Masego – Queen Tings (Live At The BET Awards)

 

Favorite Tings

ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』で使われ、ジャズスタンダードとしても有名な『Favorite Things』を軽快にカバー!必聴!

Masego – Favorite Tings (Amazon Original) [Official Video]

 

Passport 

2020年シングル。オリエンタルな雰囲気漂う上物メロディとトラップビートを組み合わせたミディアムメロウトラック。

Masego – Passport (Visualizer)

 

Veg Out (Wasting Thyme)

こちらも2020年リリースのシングルトラック。穏やかなピアノのリフがゆっくりと波打ち、暖かみのあるベースラインが滑らかに覆うゴージャス感のあるラウンジチューン。

Veg Out (Wasting Thyme)

 

Old Age feat. SiR

2018年『Lady Lady』より。お気に入りのジャジー・トラップチューン。カッコイイですね。

Aaliyarの『Age Ain’t Nothing But a Number』のワンフレーズ使っているところも◎

Masego ft SiR – Old Age (Official Video)

 

Please Wait (Matt McWaters & Ta-ku)  – Flight 99

チル・ヒップホッププロデューサーTA-KUMATT McWATERSによる2019年にリリースされたプロジェクト『Black & White EP』より。

オーガニックでメランコリックなダウンビートによるチルアウトなサウンドとMasegoのサックス&ボーカルのマッチングが素晴らしい。

Please Wait (Matt McWaters & Ta-ku) ft. Masego – "Flight 99" [Official Music Video]

▼チル・ヒップホップ特集はこちら▼

【 チル・ヒップホップ 】進化し続けるハイブリッドサウンド 11選
プレイヤー/リスナーともにミレニアル世代後半からZ世代が中心となり、様々な音楽を吸収、チョップアンドスクリュードしながら進化し続けるモダンなハイブリッドサウンドが生まれてきます。今回はそんなハイブリッドサウンド、ここではチルヒップホップ~ポストヒップホップとして、世界各国11のアーティストをご紹介します。

 

NPR Music Tiny Desk Concert

名曲『Tadow』から始まるTDCはMasegoの魅力が詰まった4曲。ギターで参加するMelanie Fayeにも注目。

Masego: NPR Music Tiny Desk Concert

 

まとめ

未来へ進化し続けるトラップハウスジャズ、Masego(マセーゴ)でした。

旺盛なコラボレーションと新作リリースで、今後も進化し続けそうなトラップハウスジャズ。新作のアルバムリリースが待ち遠しいですね。