Aaliyah / 燦然と輝く90年代R&Bの至宝

スポンサーリンク
AaliyahR&B
Pocket

1979年ニューヨーク、ブルックリン生まれのR&Bシンガー、 Aaliyah (アリーヤ)。

言わずと知れた90年代から2000年代にかけてのR&Bシーンにおいて重要かつ影響力のある女性ボーカリストとして君臨し、人気絶頂の2001年に不慮の飛行機事故に遭い突然この世を去ってしまいました。

子供のころから舞台などのショービズの世界を経験し、1994年叔父のつてで知り合ったR Kellyをプロデューサーに迎え弱冠15歳でファーストアルバム、『Age Ain’t Nothing But A Number』をリリース。

絶頂期を迎えつつあったR Kellyの深みのあるコンテンポラリーR&Bサウンドと、Aaliyahの可憐で美しくもどこか堂々としたボーカルによりアルバムは300万枚以上を売り上げる大ヒットに。

そのころからその手の「癖」のあったR Kellyとの恋仲、18歳と偽っての婚姻などのスキャンダルがあり、そのけじめを取りR Kellyと離別し、当時若手プロデューサーとして売出し中だったティンバランドとタッグを組み1996年2ndアルバム『One in a Million』をリリース。

この頃からアーティストとしての自立のようなものを感じさせる存在感が際立ってきたように思います。

その後の映画『ロミオ・マスト・ダイ』で女優としてジェット・リーとの共演、サウンドトラックにもなった『Try Again』でのグラミーノミネートと女優、シンガーとして名実ともにR&Bクイーンへと大きく飛躍。

そして2001年満を持してのセルフタイトルを付けた2001年3rdアルバム『Aaliyahを7月にリリースして間もなく、突然の終止符が打たれることとなります。

今なお語り継がれるAaliyahの歌声を、この没後20周年にレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Aaliyah : レビュー

Back & Forth

衝撃のデビューシングル。Cameoの『Back and Forth』のフレーズをレイドバックさせた印象的なリフとサウンドで、現場でプレイすれば必ずみんな踊る90年代R&Bアンセムのひとつ。

Aaliyah – Back & Forth (Official Video)

 

At Your Best

Isley Brothersの原曲を凌駕する、世に数あるカバー曲の中でも屈指の出来だと思います。

Aaliyah – At Your Best You Are Loved (Let Me Know)

 

If Your Girl Only Knew

2ndアルバム『One in a Million』からティンバランドプロデュース初作は、盟友ミッシー・エリオットと共演。このアルバム制作によりティンバランド自身もメジャープロデューサーとして飛躍するきっかけにもなりました。

Aaliyah – If Your Girl Only Knew

 

Are You That Somebody

映画「ドクター・ドリトル」のサウンドトラックにもなったティンバランドプロデュース作。

Are You That Somebody

 

I Don’t Wanna

Icu Cube主演の映画『Next Friday』と『Romeo Must Die』のサントラから、Scantz&Hicksプロデュースの99年作。ギターの音色とサビのフレーズが非常に印象的で個人的にも非常によく聴いた曲ですね。

I Don't Wanna

 

Try Again

Romeo Must Die』といえばこの曲。ティンバランドらしいチキチキビートが際立った名作。

Aaliyah – Try Again

 

More Than A Woman

シリアの歌手、Mayada El Hennawyの『Alouli Ansa』をサンプルしたどこかアラビアックなメロディが印象的な、2003年グラミー賞最優秀R&Bボーカルパフォーマンスノミネート作。

Aaliyah – More Than A Woman

 

Rock The Boat

アルバム『Aalyah』より。バハマで行われたこのPV撮影の後、奇しくもフロリダに向かうセスナで事故に遭い帰らぬ人となる遺作。

Aaliyah – Rock The Boat

 

まとめ

燦然と輝く90年代R&Bの至宝、Aaliyah(アリーヤ)でした。

たった3枚のアルバムのリリースでこの世を去ってしまいましたが、非常に中身の濃く、クオリティの高い作品であることが20年の月日を経ても感じることができます。

権利の問題等でストリーミングやデジタルダウンロードでのリリースが一部のみにとどまっていますが、世界中のファンのためにも早期にすべての楽曲がリリースされて欲しいところです。