少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Hip Hop R&B

DJ Jazzy Jeff / まだまだ現役!ヒップホップDJ界のレジェンド

投稿日:

Pocket

80年代から活躍するヒップホップDJ界のレジェンドであり、トランスフォーマースクラッチの生みの親。"Fresh Prince"ことWill Smithとのコンビで数々のヒットを世に送り出したフィラデルフィアの重鎮、 DJ Jazzy Jeff (DJ ジャジー・ジェフ)。

Public EnermyやLL Cool J、Big Daddy Kane等が出だした1980年代中盤の(当時の)ニュースクールムーブメント期に"Rock the House"や"He's the DJ, I'm the Rapper"をリリース。

当時からJazzy JeffのDJスキルは有名で、そのスクラッチスキルとフレッシュプリンスのパーティラップを組み合わせた内容でしたが、当時新興勢力として勢いに乗っていたDef Jamレーベル系アーティスト(Public EnermyやLL Cool J、Beastie Boysなど)の後塵を拝していたような印象でした。しかし、その後のコレクティブの名称となる"A Touch of Jazz"とか秀逸な作品はこの頃のほうが多いです。

90年代に入りサンプリングの大ネタを多用した方向性に舵を切り、91年、Kool & The Gangの「Summer Madness」ネタの"Summertime"が大ヒット。その後もAnita Wardのディスコヒット「Ring My Bell」や、ヒップホップ初心者にも分かりやすい大ヒット作Boom! Shake the Roomなどメインストリームで成功をおさめます。

その後2000年代に入るとFresh Princeはご存知の通りWill Smithとしてハリウッドのドル箱スターとなり、Jazzy Jeffは独自のヒップホップ、DJ道を進むことになり、この頃からフィラデルフィアを拠点として、プロデューサー集団"A Touch of Jazz"の主宰や、R&Bを主体としたアルバムのリリースも多くなっていきます。

去年、2017年には若手アーティストたちと合宿して作り上げたR&Bプロジェクト、The PLAYlist-Chasing Goosebumpsをリリースしたり、今年2018年もR&B作品「M3」をリリース。レジェンドながらも意欲的に活動中です。

 

 

Review(レビュー)

2 Step

新作「M3」から。ジャマイカ出身の新星シンガー、Masegoをフィーチャーした四つ打ちヒップホップR&B

 

 

Midnight Escapade
こちらも「M3」から。タイトル通り夜っぽいモダンR&B

 

 

Stone Cold - The PlayList feat Glenn Lewis & Dayne Jordan

The PLAYlist-Chasing Goosebumpsより、かなり爽やかなR&B

 

 

Distractions - The PLAYlist feat Glenn Lewis

こちらもThe PLAYlist-Chasing Goosebumpsより、渋めの一曲。

 

 

DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince - I'm Looking For The One (To Be With Me)

93年作。SOSバンドの「Tell Me If You Still Care」ネタ。Teddy Rileyプロデュースにボコーダー使いと、まさに90年代。

 

 

DJ Jazzy Jeff, Peter Piper Routine

ヒップホップDJの定番&お手本。RunDMCの"Peter Piper"ルーティン。良く練習したわー(全然できないけど)、さすがのスキルです。

 

まとめ

まだまだ精力的で現役なヒップホップDJ界のレジェンド、DJ Jazzy Jeffでした。

まだ50歳ですからねぇ、これからも意欲的に作品リリースしてくれそうです!

 

 

 


DJランキング

-Hip Hop, R&B

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。