UK産 ジャジーヒップホップR&B おススメ5選

スポンサーリンク
Crossover
Pocket

UK産 ジャジーヒップホップR&B をご紹介します。

ジャズ、ヒップホップ、R&Bが融合する中心点にいるような、アメリカ産とはまた違ったイギリスらしい洗練さと繊細さを感じさせる5アーティスト。

  1. Harleighblu
  2. Fatima
  3. Children Of Zeus
  4. Lex Amor
  5. Blue Lab Beats

それでは早速1組ずつ聴いてみましょう。

スポンサーリンク

UK産 ジャジーヒップホップR&B おススメ5選

Harleighblu

Harleighblu

ノッティンガム出身、拠点にするシンガー、Harleighblu(ハーレイブル)。

Amp FiddlerやMistajamらのサポートを経て2013年『Enough Now』でデビュー。パンチの効いたソウルボイスによる堂々とした歌いっぷりでAdrian YoungeStarkillerとのコラボなどでも評価を高め、いまやUKアンダーグラウンドの重要レーベルTru Thoughtsの看板女性アーティストに成長。

2019年にはベルリンのヒップホップビートメイカー、Bluestaebとの共作アルバム『She』をリリース。

シャープでクールなトラックに艶やかでキレのあるソウルフルなボーカルが冴えわたる作品になっています。

Harleighblu & Bluestaeb – Queeen Dem feat. Janne Robinson
Harleighblu & Bluestaeb – Queeen Dem feat. Janne Robinson (Official Video)
Harleighblu – Enough Now
Harleighblu – Enough Now

 

Fatima

Fatima

スウェーデン・ストックホルム生まれのロンドン在住シンガー、Fatima(ファティマ)。

UKエレクトロニック界のカリスマ、Floating Pointsが主宰するEglo Recordsの主力アーティストの一人として2014年デビューEPにして名作『Yellow Memoriesで各音楽誌から高い評価を獲得。

2018年『And Yet It’s All Love』ではGiles Peterson主催のWorldwide Awardsのアルバムオブザイヤーにノミネートされるなど高い評価を得ています。

70年代ディスコ、90年代R&B、ジャズ、エレクトロニカを融合したトラックやKnxwledgeDam FunkなどのLAビートシーンのプレイヤーともコラボレイトするしなやかで柔軟さのあるボーカルワークが魅力。

Fatima – Biggest Joke Of All 
Fatima – Biggest Joke Of All (Official Video)
Fatima – Dang 
Fatima – Dang | A COLORS SHOW

 

Children of Zeus

Children of Zeus

マンチャスターを拠点にするTyler DaleyとKonny Konによるヒップホップ/R&Bデュオ、Children Of Zeus(チルドレン・オブ・ゼウス)。

黒田卓也も所属するロンドン拠点のジャズ、ネオソウル、クロスオーバーからレアものリイシューまで手掛ける名門レーベルFirst Word Recordsに所属し、2016年『Still Standing』でデビュー。

非常に味わい深いジャズ/ソウルを内包したヒップホップ/ネオ・ソウルサウンドで、どの曲もトラディショナルでありながらもUKらしい洗練されたヒップホップ/R&Bを聴かせてくれておススメ。

ラッパーのKonny KonはDJ、ビートメイカーとしても活躍しており、Tyler DaleyはソロシンガーとしてGoldieRedeyesなどのコラボレイターとしても活躍しています。 

Soulection Radio Sessions: Children of Zeus
Soulection Radio Sessions: Children of Zeus
Children of Zeus ft LayFullStop – Fear Of A Flat Planet
Children of Zeus ft LayFullStop – Fear Of A Flat Planet

 

Lex Amor

Lex Amor

ナイジェリアルーツでノースロンドン出身のイギリス人ラッパー、Lex Amor(レックス・アモール)。

2017年インディペンデントからシングル『Pink』でデビュー。

霞みがかった静寂のトラックと囁くような内省的でポエトリィなラップの組み合わせによる静かに時が流れていくような個性的な作品。

2020年デビューアルバム『Government Tropicana』でもその個性がいかんなく発揮されたダウナービートによるDIY作品は、聴けば聴くほどクセになりそうなスルメ的魅力を放っています。

Lex Amor – Odogwu
Lex Amor – Odogwu | A COLORS SHOW
Lex Amor – Mood
Mood

 

 

 

Blue Lab Beats

Blue Lab Beats

サウスロンドンジャズシーンの新たなる才能、女性プロデューサーのNK-OKとマルチインストルメンタリストのMr.DMによる若手ジャズトロニックデュオ、Blue Lab Beats(ブルー・ラブ・ビーツ)。

イギリス、特にロンドンの爆発的な現代ジャズコミュニティから必然的に生まれてきたようなジャズ、ヒップホップ、ソウル、ファンク、R&Bが融合されたロンドンの「イマ」がギュッと詰まったサウンドは、Moses BoydNubya Garciaらロンドンの若きジャズスターから、Dua LipaあるいはSampa The Greatなど2020年代を担うアーティストからも引っ張りだこな存在。

2018年デビューアルバム『Xover』、2019年『Voyage』、2020年にはKaidi TathamTheo Clockerとコラボレーションした4曲EP『Time Capsule』をリリース。どれも現代ロンドン・クロスオーバーシーンらしい内容でおススメです。

Blue Lab Beats – Montara
Montara
Blue Lab Beats – Oooo Lala ft. Kaidi Akinnibi
Blue Lab Beats – Oooo Lala ft. Kaidi Akinnibi

 

まとめ

以上、UK産 ジャジーヒップホップR&B おススメ5選でした。お気に入りが見つかったら是非アルバムを聴いてみてください。