Le Flex / ポスト・ジョージマイケルな80年代レトロ・シンセポップ

Electronic
Pocket

イギリス、ロンドンを拠点に活動する80年代レトロなシンセポップをセンス良く現代に蘇らせるプロデューサー、Le Flex(ル・フレックス)

どこか中性的でメランコリックな情感を持ち合わせていながらも陰湿ではなく、カラッと爽やかなポップ感をも感じさせてくれるユニークなサウンドを聴いていると…頭の中に思い浮かんでくるのは、あの人、そう、題名にもしてしまいましたがジョージ・マイケルですね。ソロ時代のジョージ・マイケルを想起させます。

本人もやはり影響を受けていることを公言していて「彼は史上最高のボーカリストだ」とも語っています。

アルバムは2016年『The Dancefloor Suite』からEP合わせて6枚、最新は2019年8月に『 ‘SONGS I WISH I’D WRITTEN VOL. 2’ 』、2020年に『Flexuality』がリリースされています。

 

スポンサーリンク

Le Flex : レビュー

1000 Nights

今年3月にリリースされたアルバム「Are We There Yet?」より一番のお気に入り。ポップさとオシャレさが抜群のブレンド感なシンセポップ。

Le Flex – 1000 Nights – Official video

 

 

Clouds Across The Moon

最新EP「SONGS I WISH I’D WRITTEN VOL. 2」より。80年代リアルエレクトロポップ、RAH BandのUK TOP10ヒット曲をリメイク!

Le Flex – Clouds Across The Moon (Official Video)

▼あわせて読みたい、RAH BANDの記事はこちら▼

RAH Band / 80年代 魅惑のチープエレクトロ
イギリスのプロデューサー、アレンジャー、マルチインストゥルメンタリストであるRichard Anthony Hewsonによるプライベートプロジェクトとして、彼の名の頭文字3文字で名付けられたバンド、 RAH Band (ラー・バンド)。 ...

 

 

Georgy Porgy

こちらは「SONGS I WISH I’D WRITTEN VOL. 1」から。お馴染みTOTOの名曲。この曲はいろんな人にカバーされていますが、Le FlexバージョンもGood!

Le Flex – Georgy Porgy

 

 

Feels Like Ooh

1stアルバム「A Dansfloor Suite」より。80年代SAW(Stock,Aitken,Waterman)系ディスコと現代エレクトロがうまく融合しているNu Discoサウンド。

Le Flex – Feels Like Ooh

 

 

Take My Hand

2018年作「The Handsome Boys Club」より。この曲もSAW系レトロ感がありながらも新しさも感じる秀逸な作り。

Take My Hand

 

 

I’ll Be Good To You

2020年『Flexuality』より。メロディアスでセクシーなLe Flexらしい傑作モダン・ディスコ。

Le Flex – I'll Be Good To You – Official Lyric Video

 

 

Move With Me

マイケルジャクソンの『P.Y.T』を想起させるキャッチーなベースラインのグルーヴィ・ダンスチューン。

Le Flex – Move With Me (Official Video)

 

 

まとめ

ポスト・ジョージマイケルな80年代レトロ・シンセポップLe Flexでした。アルバムどの曲を取っても非常にクオリティ高く、レビューのセレクトにも結構悩むほどおススメです。シンセポップ好きには是非!

▼最新作『Flexuality』はこちら▼