Swarvy / 生音×電子音楽を自在に操るLAのビートメイカー

swarvyElectronic
Pocket

フィラデルフィア出身で現在はロサンゼルスを拠点に活動するビートメイカー、Mark Sweeney(マーク・スウィーニー)のステージネーム、 Swarvy (スワービー)。

ベース、キーボード、ドラム、ギターのマルチインストルメンタリストであり、ラップトップPCによるエレクトロビートメイキングによるサウンドプロダクトは、フライングロータスを中心としたLAビートシーンとシンクロすることを知り、LAへと移住。

2014年、Klipmodeの元メンバーであるSuzi Analogueとの共同作品『Love Affairz V.1』をリリース。

同じフィリピンルーツのLAでの盟友、MndsgnそしてZeroh、Pink Siifu、Jeremiah Jae、lojii、Versisらとのコラボレーションを通してエクスペリメンタルな生音×電子音楽はローファイでビターな、心地よく脳に染み渡る独自の質感、世界観を構築します。

2014年以降前途のコラボレーション含めかなり多くの作品をシーンにドロップしてきましたが、Kamaal WilliamsSteve Spacekらが所属するロンドンのジャズエッジ系レーベル、Black Focus Recordsより2020年8月7日『SUNNY DAYS BLUE』をリリース予定。

その新作+アルファでレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Swarvy : レビュー

SMiLE

SUNNY DAYS BLUE』より3曲。

各パート生音が美しいインディ感あふれる甘美なメロウチューン。

SWARVY – SMiLE

 

BONES

Moses Sumneyなんじゃないかと錯覚する幻想的な孤高のローファイソウル。

SWARVY – BONES

 

 

COOL

生音を全面的にフィーチャーした前半から、Mansur Brownのような泣きのギター~渋めのボーカルへとユニークに展開する実験的クールな作品。

SWARVY – COOL

 

▼アルバム『SUNNY DAYS BLUE』はこちらから視聴可能▼

 

3AM

ヒップホップデュオ、B.Cool-AidPink Siifuとのコラボによる2016年作『Twothousandnine』より。

Mndsgnのような分厚いビート&ベースに、うわもののエレピが幻想的に漂うローファイ・ヒップホップの傑作。

Swarvy with Pink Siifu – 3AM – (Official Music Video)

 

A Song About Timing

盟友Mndsgnとのビートメイク共作。カマシ・ワシントンMockyのコラボレイターも務める実力派女性シンガー、Nia Andrewsを迎えてのLAビート流R&B。カッコイイ。

A Song About Timing

 

まとめ

生音×電子音楽を自在に操るLAのビートメイカー、Swarvyでした。新作『SUNNY DAYS BLUE』は、ローファイでアバンギャルドで孤高な世界観だけど、インディポップのような切り口ですんなりと聴ける内容。

LAビート的なアプローチと生音を巧みに融合させた、この界隈でもひときわユニークな存在です。

▼盟友Mndsgnの記事はこちら▼

Mndsgn / LAビート界のニューカマー
DJピーナッツ・バター・ウルフが主宰するヒップホップレーベル、Stones Throw所属の Mndsgn (マインドデザイン)。Knxwledge(ノレッジ)もそうですが、なんか最近単語の短縮化というか記号化するアーティスト多いような気が...