Blue Hawaii / カナダのエレクトロニック・ドリームポップデュオ

Blue HawaiiElectronic
Pocket

カナダ、モントリオールのエレクトロニック・ドリームポップデュオ、 Blue Hawaii (ブルーハワイ)。

カナダのアートロック・エクスペリメンタルポップバンド、Braidsのフロントウーマン、Raphaelle Standell-Prestonと、Alice RussellやBonoboなどのコンポーザー、アレンジなども手掛けるプロデューサー、DJのAlex “Agor” Cowanにより2010年結成。

前述Alice Russell、Bonobo、Nostalgia77やTM Jukeでの活動をバックボーンとしたAgorのトランス、UKガラージ、トリップホップなどのエッジの効いたトラックに、アコースティックでドリーミーなメロディが溶け込む、冷たくも暖かいサウンドプロダクションの上にRaphaelleのパワフル且つコケティッシュなボーカルが乗ることで独自の世界観とグルーヴ感を演出しています。

2010年『Blooming Summer』以降4枚のアルバムをリリース。2022年に最新EP『My Bestfriend’s House』をリリースしており、90年代のハウスミュージックのアプローチにBlue Hawaiiらしいポップさを詰め込んだ作品になっています。

そのBlue Hawaiiからおススメ曲をご紹介します。

スポンサーリンク

Blue Hawaii : レビュー

L.O.V.E.

My Bestfriend’s House』より、最近のRoisin MurphyJessie Wareのようなディープエレクトロディスコにフリースタイル・ミュージックの要素も取り入れたレトロバンガー。

Blue Hawaii – "L.O.V.E." (Official Visual)

Butterfly

バウンシーなレトロトラックにRaphaelleのコケティッシュなボーカルが煌びやか。

Blue Hawaii – "Butterfly" (Official Visual)

No One Like You

2017年『Tenderness』より、Blue Hawaiiと言ったらこの曲!と思うアヴァンポップ。

Blue Hawaii – No One Like You (Official Audio)

 

カナダのエレクトロニック・ドリームポップデュオ、 Blue Hawaii (ブルーハワイ)でした。

My Bestfriend’s House』は4曲のトラックにDJ Kirby等によるRemixが収録された内容となっています。