少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Crossover Electronic Jazz

The Comet Is Coming / サイケな近未来スピリチュアルジャズ・ユニット

投稿日:

Pocket

UKジャズ界の重要人物であるサックス奏者、シャバカ・ハッチングスが仕掛けるサイケデリックで超前衛的エクスペリメンタル・バンドユニット、 The Comet Is Coming (ザ・コメット・イズ・カミング)。

King ShabakaことShabaka Hutchings(Sax)、DanalogueことDan Leavers(Key)、BetamaxことMax Hallett(Dr)の3人編成。

Dan LeaversとMax Hallettは「Soccer96」というエレクトロデュオとしてUKで活動、Shabaka Hutchingsは「Sons of Kemet」としてアフロカリビアンルーツのアブストラクトなジャズを追及していましたが、Soccer96のライヴ中にShabakaが参入したことでエキサイティングな演奏と爆発的なエネルギーが創り出され、このThe Comet Is Coming(彗星が現れる・・・)が誕生したそう。

その音楽は精巧に作り込まれた驚愕の超変態近未来スピリチュアルジャズ...サイケでドープでスモーキーで、常人では創り出せない世界観。ハマる人にはとことんハマるでしょう。

アルバムは2016年「Channel the Spirits」、2019年「Trust in the Lifeforce of the Deep Mystery」「The Afterlife」をリリース。

 

 

レビュー

Lifeforce Part II

アルバム「The Afterlife」より。ループされるサックスフレーズ、作り込まれたビートと映像すべてで飛ばされる。

 

 

Summon The Fire

アルバム「Trust in the Lifeforce of the Deep Mystery」からの人気曲。ハードでタイトなエレクトロニックグルーヴに漆黒のキング・シャバカサックスが響き渡る。

 

 

Space Carnival

ケミカルブラザーズやプロディジーのようなビッグビート系エレクトロをよりサイケに突き詰めた変態音楽。

 

 

 

Start Running

映像が反則です。はい。大画面、深夜、飲酒の組み合わせは注意が必要。

 

 

NPR Music Tiny Desk Concert

よりによってTiny Desk Concertに・・・。「うわぁ」ってなります。必見!

 

まとめ

シャバカ・ハッチングスによるサイケな近未来スピリチュアルジャズ・ユニット、 The Comet Is Coming でした。Joe Armon - JonesTenderlonious、Ezra Collective...等々絶え間なく進化を続けるロンドンジャズシーンの新たな形、足跡を残すバンドユニットなのは間違いありません。

 

Album「Channel The Spirits」の試聴はこちらからも。

 

 


ジャズランキング

-Crossover, Electronic, Jazz
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。