Crossover Electronic Jazz

Tenderlonious サウスロンドンを牛耳る敏腕ジャズマン

投稿日:2018年7月11日 更新日:

Pocket

サウスロンドンのアンダーグラウンド・クラブジャズシーンの重要人物であり、ヘッズ系インディレーベル、”22aMusic”を主宰するサックス・フルート奏者のジャズマン、 Ed ‘Tenderlonious’ Cawthorne こと” Tenderlonious “(テンダーロニアス)。

レーベルメイトであるMo KoloursやRuby Rushton、Dennis Ayler、そして当ブログでも紹介したHenry Wuこと Kamaal Williams とのコラボレーションや、Kamaal Williamsの相方、Yussef DayesやHamish Balfour、Konradらで構成される22archestraを従えたブラジリアン~ラテン~アフロビートが織りなす漆黒のグルーヴィフュージョンの世界だったり、トライバルビートとシンセ、フルートによる激渋アンダーグラウンドなビート系クラブジャズを披露したりと、次々とタレントを輩出し、燦然と輝く現代ロンドンジャズシーンにおいても独特の存在感を放っています。

 

サウスロンドンを牛耳る敏腕ジャズマンですね。

男のジャズ・・・といったところ。メンズに聴いてほしいですね。

最新アルバム、「THE SHAKEDOWN featuring The 22archestra」を中心に曲紹介です。

アンダーグラウインド感漂う70年代スウィングテイストで、タイトな仕上がりのアルバムタイトル曲、”The Shakedown”

 

ラテンビートに浮遊感のあるシンセ、フルート、スクラッチ音が織りなすサウスロンドン的というか、Yussef Kamaalの世界とシンクロする”Expansions”

 

このアルバムの中で一番、スタンダードジャズを意識しているであろう、ゆったりと流れる空間に Tenderlonious のフルートが鳴り響く、”You Decide”

 

Tenderlonious + Dennis Aylerによるアルバム「8R1CK C17Y」(ブリック・シティと読むらしい)より、大のお気に入り曲。トライバルビートに妖艶なシンセ音が織りなすMoodymannにも通じるディープクラブジャズ”Butterfly”

 

最新作、「THE SHAKEDOWN featuring The 22archestra」の試聴はこちらでも。

全曲ハズレ無し!聴き応え充分な男のジャズです!


ジャズランキング

-Crossover, Electronic, Jazz
-,

執筆者:

関連記事

ベッドルームで聴きたくなる おしゃれ エレクトロミュージック 7選

今月のプレイリストより、ベッドルームで聴きたくなるようなダウンビートでおしゃれな“エレクトロミュージック”7選ご紹介します。そもそもBGMとして選曲しているので全体的にフロア向 …

Jazzanova 10年ぶりの新作”The Pool”リリース

現代クロスオーヴァージャズの草分け的存在、およそ20年前にドイツ・ベルリンで結成されたDJ/プロデューサーを中心としたコレクティヴ、 Jazzanova (ジャザノヴァ)の最新アルバム”T …

Disclosure 復活?のエレクトロ兄弟デュオ

2010年の活動開始からクラブ系マニアの間で話題になり、2012年Sam Smithをフィーチャーした“Latch”のメガヒットにより一気にメジャーシーンに躍り出た、イギリス出 …

Chilly Gonzales 『黙ってピアノを弾いてくれ』を観てきたよ

音楽部の課外活動報告です。 タイトル通り、 Chilly Gonzales (チリー・ゴンザレス)の半生を描いた映画、『黙ってピアノを弾いてくれ(原題: SHUT UP AND PLAY THE PI …

Jeff Lorber フュージョン界をけん引するキーボーディスト

スムースジャズ、フュージョンの第一人者として長年フュージョン界をけん引し、Kenny GやDave Koz、Art Porterなどの人気ジャズプレイヤーも輩出してきたコンポーザー、キーボーディストの …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。