Tenderlonious / サウスロンドンを牛耳る敏腕ジャズマン

Crossover
Pocket

サウスロンドンのアンダーグラウンド・クラブジャズシーンの重要人物であり、ヘッズ系インディレーベル、”22aMusic”を主宰するサックス・フルート奏者のジャズマン、 Ed ‘Tenderlonious’ Cawthorne こと Tenderlonious (テンダーロニアス)。

レーベルメイトであるMo KoloursRuby RushtonDennis Ayler、そして当ブログでも紹介したHenry WuことKamaal Williamsとのコラボレーションや、Kamaal Williamsの相方、Yussef DayesHamish BalfourKonradらで構成される22archestraを従えたブラジリアン~ラテン~アフロビートが織りなす漆黒のグルーヴィフュージョンの世界だったり、トライバルビートとシンセ、フルートによる激渋アンダーグラウンドなビート系クラブジャズを披露したりと、次々とタレントを輩出し、燦然と輝く現代ロンドンジャズシーンにおいても独特の存在感を放っています。

 

サウスロンドンを牛耳る敏腕ジャズマンですね。

男のジャズ・・・といったところ。

最新アルバム、「THE SHAKEDOWN featuring The 22archestra」を中心に曲紹介です。

スポンサーリンク

Tenderlonious : Review(レビュー)

Tenderlonious – The Shakedown feat. 22archestra

J dilla系ヒップホップをよりアンダーグラウインドにしたような濃密なブラック・ジャジートラック。

Tenderlonious – The Shakedown feat The 22archestra

 

Expansions

ラテンビートに浮遊感のあるシンセ、フルート、スクラッチ音が織りなすサウスロンドン的というか、Yussef Kamaalの世界とシンクロする”Expansions”

 

You Decide

このアルバムの中で一番ストレートなジャズを感じさせてくれる、ゆったりと流れる空間に Tenderlonious のフルートが鳴り響く、”You Decide”

 

Tenderlonious + Dennis Ayler – Butterfly

Tenderlonious + Dennis Aylerによるアルバム「8R1CK C17Y」(ブリック・シティと読むらしい)より、大のお気に入り曲。トライバルビートに妖艶なシンセ音が織りなすMoodymannにも通じるディープクラブジャズ。おススメ。

Butterfly

 

Ivan Conti – Mamão’s Brake

ブラジリアン・フュージョンを代表するバンド、Azymthのドラマー、イヴァン・コンティの自身の名前を冠したサイケなトラック、Mamão’s BrakeをTenderloniousがダーティに料理。

Ivan Conti – Mamão's Brake (Tenderlonious Remix)

 

まとめ

サウスロンドンを牛耳る敏腕ジャズマン、Tenderlonious (テンダーロニアス)でした。アンダーグラウンドでダーティな男の世界観、エッジの効いたサウスロンドンのジャズシーンを堪能ください。


洋楽ランキング