【洋楽】 ビール系飲料のCMソング 【カッコイイ】

洋楽ライフ
スポンサーリンク
Pocket

当サイトではCMソングとして使われた洋楽を様々な切り口で紹介していますが、今回は”ビール系飲料のCMソング“でセレクトしました。

ビール系、、、ビール、発泡酒、第三のビール、ノンアルコールビールですね。

最近は他のジャンルも含めて邦楽勢が強い気がして、洋楽を使用する商品が少なくなっているような気がしますし、攻めの選曲というより定番化した曲多目といったところでしょうか。

そんなCM事情の中からなんとか9曲をセレクトしてみました。このCM以外でも聴いたことある曲が多いと思いますが、それこそ定番として押さえておきたい曲でもありますのでチェックしておきましょう。

 

▼80年代の曲を使ったCMソングはこちら▼

【定番】最近のCMソングで使われた 80年代洋楽ポップス 7選【懐かしい】
2010年以降の比較的最近のCMソングで使われていた、王道的で40代以上の方には懐かしい"80年代洋楽ポップス"をお送りします。CMとセットで聴いてみると、また違ったこの年代のポップスの魅力を感じられますね。40代以上は誰もが知っている王道でキャッチーな洋楽ポップスを懐かしんで、若い世代の人には原曲を好きになってもらうための7曲です。

▼90年代の曲を使ったCMソングはこちら▼

【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選
『洋楽を使ったCMソング』をテーマに今回は、【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選と題して、CMで使われていた1990年代の定番曲を振り返ってみます。当サイトでは車のCMで使われていた洋楽ソングを紹介しましたが、今回は年代でソートしてみました。

 

スポンサーリンク

【洋楽】 ビール系飲料のCMソング 【カッコイイ】

Herb Alpert & The Tijuana Brass – Bittersweet Samba

トランペット奏者、コンポーザー、アレンジャーとして活躍し、レコード会社A&Mの創設者でもあるHerb Alpert(ハーブ・アルパート)の中でもとりわけ日本で有名な、日本人で知らない人はいないメロディ。ラジオ『オールナイトニッポン』のテーマソングでもある1965年アルバム『Whipped Cream & Other Delights』からの作品。

サントリー金麦で使われていますね。

Bittersweet Samba
金麦『やっぱ金麦』篇 1分2秒 石原さとみ 戸田恵梨香 小池栄子 サントリー CM

 

 

Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble – This Is Me 

2018年映画『グレイテスト・ショーマン』でミュージカル女優、キアラ・セトルが歌った曲。第90回アカデミー賞歌曲賞にもノミネート選出。ドラマチックで力強い作品で非常に印象的なはCM向きな楽曲ですね。

アサヒスーパードライのCMに起用されています。

This Is Me
菅田将暉&中村倫也がCM初共演 若手ビジネスマンの後輩・先輩に アサヒビール「アサヒスーパードライ」新CMが公開

 

 

Owl City & Carly Rae Jepsen – Good Time

ノンアルですが、アサヒドライゼロに起用されていたのがこのOwl CityCarly Rae Jepsenによるどこまでも爽やかポップな2012年ヒット作。一回聴くだけで脳内を占拠すること間違いなしなサビを効果的に使っていました。

#CF動画がありません。。。

Owl City & Carly Rae Jepsen – Good Time (Official Video)

 

 

Maroon5 – Daylight

少し前のCMですが(2014頃)、アサヒスタイルフリーのCMで使われていたのはロサンゼルスのスーパーバンド、Maroon5の爽やかでポップな2012年のヒット作。

Maroon 5 – Daylight (Audio) HD
いいなCM アサヒスタイルフリー 長瀬智也 水川あさみ 「決めちゃった!」篇

 

Green Day – Like a Rolling Stone

2000年代に一世を風靡したカリフォルニア出身のパンクロックバンド、Green Dayのロッククラシックのカバーを収録した2009年アルバム『21st Century Breakdown』より、ボブディランの”Like A Rolling Stone“のパンクロックカバー。

アサヒビールのコーポレーションCMで起用されています。

Green Day – Like a Rolling Stone – [HQ]
アサヒビールCM 「イノベーション 辛口」篇 30秒

 

 

Joan Jett and the Blackhearts – I Love Rock N’ Roll

1970年代に活躍した女性ロックバンドの草分け的存在として日本でも人気のあった、The Runawaysの中心人物、Juan Jett(ジョーン・ジェット)が、バンド解散後ザ・ブラックハーツを率いて80年代にビッグヒットとなった彼女の代表作。

切れ味の良いストレートなロックンロールはビールのCMにはピッタリですね。アサヒ極上キレ味のCMで起用されていました。

I Love Rock N' Roll – 1982
アサヒ 極上<キレ味> CM 「窓ガラス清掃」篇 15秒 北村一輝

 

Van Halen – Jump

言わずと知れた80年代を代表するスーパーグループのスーパーヒット。誰もが知っている耳を惹くシンセフレーズは視聴者を釘付けにすること間違いなしですね。

ビール系のCMではサッポロ麦とホップサントリー・オールフリーで起用されています。

Van Halen – Jump (Official Music Video)
いいなCM サッポロ 麦とホップ 浅野忠信 岡田准一 ⑤ 「みんな輝く」篇
志士・稲垣吾郎&香取慎吾×殿様・加山雄三/サントリー オールフリーCM『ノンアル維新!お殿様』30秒

 

 

George Baker Selection – Little Green Bag

オランダ出身のシンガー、Geaorge Baker(ジョージ・ベイカー)が率いるバンドによる1969年デビューアルバム『Little Green Gag』からのタイトルシングルで本国オランダのみならず世界的にヒットした曲。

この曲といえばクエンティンタランティーノ作品『レザボアドッグス』のサントラとして、映画のオープニングでかかっていたのが印象的でした。耳に残る特徴的なベースラインと全体を覆うハードボイルド感で様々なシーンで使われていますね。

CMではこのキリンビール『本麒麟』ほか、サントリーリザーブ、トヨタ・マークXなどで使用されている日本ではおなじみのCMソングです。

Little Green Bag (Single Edit)
本麒麟 「タモリさん」 篇 30秒

 

 

Apollo 440 – Stop the Rock 

特に90年代から2000年代に活躍したイギリスを代表するテクノユニット、Apollo 440の1999年大ヒット作。

ファットボーイ・スリムなどこの年代っぽい勢いのあるビッグビートアレンジとギターフレーズで駆け抜けるタイプのUKテクノで、このバドワイザーのFIFA2018ワールドカップCM以外にもプレイステーションゲームソフトFIFA2000、グランツーリスモ3:Aスペック、海外では起亜モーターズのCMでも起用されています。

Apollo 440 – Stop the Rock (IDS Version Without Shouting) [Video]
Budweiser – 2018 FIFA World Cup Drone

 

おススメビール商品

ビールのCMを観ているとやっぱりおいしいビールが飲みたくなってきます。日本の大手メーカーによるビールも美味しいですが、より新鮮でプレミアムなクラフトビールを味わいたい場合は、、、もちろんサクラタップスに足を運んでもらえればベストなビールを提供できます!

でも、横浜野毛にあるお店ですから来れる人は相当限定されるわけで、、、ということで、美味しいクラフトビールを自宅に届けてくれるおススメ2商品をご紹介します。

CRAFT X

販売開始からわずかな期間で累計12,000本が売れた大人気のクラフトビール。コラボしているブリュワリーは、世界で数々の受賞歴を持つ日本のみならずアメリカなどの海外でも人気の高いメーカー、常陸野(ひたちの)ネストビールの木内酒造が作った渾身のIPA(インディア・ペールエール)を提供してくれます。

毎月新鮮なビールを届けるために限定量のみを生産/販売するために厳選な管理をしているので、開けた瞬間フレッシュな出来立てのクラフトビールを楽しむことができます。

リッチな気分になりたいとき、バーベキューやキャンプなど非日常なシーンにも合いますし、IPA独特の濃厚なホップの香りに加え柑橘系の爽やかな香りは、ワイン派の人でも十分楽しめるハズ。

そんな極上クラフトビールを350cc6缶入り定期コースで3420円~送料無料で届けてくれます。単品でも販売してますので、海外でも有名なブリュワリーのクラフトビールを試してみるにはおススメです。

 

こちらから商品を確認できます。

 

 

 

定額制ビールサーバー「NBC-40」

本格的な世界のドラフトビール、クラフトビールを過程で味わうユニークな商品。定額制ビールサーバーを設置して毎月新鮮なプレミアムビールが届くという、ウォーターサーバーのビール版のような夢のサービス。最近キリンビールも始めたサービスですね。

ビールサーバーレンタルは無料、冷蔵庫内蔵、洗浄・メンテナンス不要、ガスボンベ不要という手軽さでお家ビアガーデンができて、月1本コース/月2本コース が選べます。8リットル樽1本で330mlグラスで24杯分なので毎日の晩酌にも丁度よい(もっとのみたくなる?)かも。

ちょっとお高めですが(毎月8L1本コースで税込13,860円)、このご時世、なかなか外に飲みに行けない状況なのでこういう楽しみ方もアリですね。

世界のビールの輸入元ならではの品揃えで、このビールサーバー以外にも国産、輸入クラフトビールも取り扱っているのでいろんなビールを試してみるのも良いかもしれません。

 

日本ビールオンラインショップ