【洋楽】 夜明けのBGM おススメ 10選 【早朝音楽】

夜明けのBGM洋楽ライフ
Pocket

一日を気持ちよく過ごすためのその日の最初に耳にする音楽はなに気に重要だったりしませんか?寒い日でも寝起きの身体をスムースに起こしてくれそうな、気持ち良いヴァイブスの楽曲たちに包まれて、爽やかに今日をスタートしましょう。

今回は朝にピッタリな曲の中でも、特に夜明けの時間早朝のBGMにおススメしたい曲たちをセレクトしました。

 

スポンサーリンク

夜明けのBGM おススメ 10選 

FKJ – Ylang Ylang

朝の定番といえばフランスのトラックメイカーFKJ(フレンチ・キゥイ・ジュース)ですね。

うっとりとするような美しいピアノの旋律と、どこかトロピカルリゾートな雰囲気もあわせもつ、寝起きの気怠さも吹き飛ぶ爽やかで優雅な一日が過ごせそうな目覚めに最適な一曲。

Fkj – Ylang Ylang

 

June Marieezy – Fly (FKJ Remix)

そのFKJの奥方でもあるダラス出身のフィリピン系アメリカ人シンガー、June Marieezy=((( 0 )))による、ウキウキするようなキャッチーでかわいらしい歌声に、Ylang Ylangとシンクロするピアノの旋律と小鳥のさえずりが聞こえる朝焼け見ながら聴きたいサウンド。

June Marieezy – Fly (FKJ Remix)

 

Mark de Clive Lowe – Asa no Yume

日本人の母親とニュージーランド人の父親を持ち、現在はロサンゼルスで活動するピアニスト、ソングライターのMark De Clive Lowe(マーク・ド・クライヴ・ロウ)による日本の神話を題材にした2018年アルバム『Heritage』より。

日本ルーツを感じさせる繊細で瞑想的、内省的なハイブリッドジャズ。

Mark de Clive-Loweより~

「眠っていないが完全に目覚めていないそのゴールデンタイム、それは真新しい日であり、世界は無限の可能性に満ちています。それが私にとってこの音楽の旅全体の目的です。新しい日がもたらすすべての魔法を最大限に活用できるように、自分自身と自分の周りの世界とのバランスが取れている空間を見つけることです。」 

Mark de Clive Lowe "Asa no Yume"

 

Moonchild – The Other Side

ロサンゼルスの人気ネオソウルバンド、Moonchild(ムーンチャイルド)の2019年作『Little Ghost』より。

静かなギターとピアノの旋律から始まるムーンチャイルドらしい美しくも繊細な、夜明けの街並みを見ながら静かに耳を傾けたいサウンド。

Moonchild – "The Other Side" (Official Audio)

▼Moonchildの記事はこちら▼

Moonchild カリフォルニア発、ジャジーネオソウル
フルート奏者、プロデューサーのMax Bryk(マックス・ブリック)、ピアノ、トランペット、等を操るマルチインストロメンタリスト/プロデューサーのAndris Mattson(アンドリス・マットソン)、そして紅一点、シアトル出身のシンガー、...

 

Tom Misch – Wake Up This Day

Tom Mischもやはり朝型ミュージックの代表格ですね。ジョーダン・ラケイのボーカルも静かに力強く響く、タイトル通りの今日が始まる、一日が目覚める瞬間に聴きたい曲。

2015年アルバム『Beat Tape 2』より。

Tom Misch – Wake Up This Day (feat. Jordan Rakei)

▼Tom Mischの記事はこちら▼

Tom Misch / 抜群のセンスが光るトラックメイカー
センス抜群なロンドン出身の若手ギタリスト兼トラックメイカー、 Tom Misch (トム・ミッシュ)。ヒップホップとジャズとギターが織りなす現代的サウンドは、シンプルでポップで軽快なリズムで、この上なく洒脱に耳に馴染んでいきます。その珠玉のサウンドの中からおススメ曲をピックアップ。

 

Ruck P – Early Morning

チルホップもやはり朝にはピッタリですね。スイスを拠点に活動するマルチインストルメンタリスト、DJのRuck Pより、軽快なギターリフとコード進行を軸にして女性コーラスサンプリングで味付けした朝食時におススメのBGM。

Ruck P – Early Morning

 

 

Matilda Lucas – Sky Blush 

シンガポールを拠点とするトラックメイカー、プロデューサーの [.nips]とロンドンの女性シンガーMatilda Lucas(マルチダ・ルーカル)による2017年作。

優しいアコースティックギターの旋律と女性ボーカルによるチル・ホップ系サウンドは晴れた朝にピッタリ。

Matilda Lucas – Sky Blush (prod. [.nips])

▼チルホップの記事はこちら▼

【 チルホップ 】チルなダウンビート系アーティスト6選【2020】
 チルホップ 、エレクトロニック系ダウンビート、ローファイ・ヒップホップ系のクリエイター、アーティストを特集します。チルホップとは、ヒップホップのビートメイクを源流としたサンプリングミュージックで、ジャズやボッサのメロディを活用した「チルな」ヒップホップ。注目のアーティストの最近のリリースを中心に6選お送りします。 

 

53 Thieves – Too Slow 

2020年秘かに(?)注目されている、ロンドン、ニューヨーク、ミシシッピにそれぞれ拠点を置くボーカリスト2人とプロデューサー2人によるリモートプロジェクト、53 Thieves.

メロディックなコード進行とディープなビート、そして男女の神秘的に響くハーモニーが気持ち良い夜明けのミュージック。

too slow

 

 

Nordsø & Theill – Good Morning

デンマークジャズ界のベテラン、Mikkel NordsøOle Thiellのタッグによるアコースティック・ギターが織り成す幻想的で深遠なアンビエント~バレアリックサウンド。

ちょっとマニアックな上級者向けモーニングBGM。

Nordsø & Theill – Good Morning (feat. Caroline Francesca) – 0138

 

Rhye – Beautiful

Michael Milosh(マイク・ミロシュ)によるソロプロジェクト、Rhye(ライ)の2020年シングル。

安定感のある抜群のファルセットボイスが光る、クリスタルなベッドルームR&B~インディソウルは早朝BGMにハマること間違いなしの美しさ。

Rhye – Beautiful (Official Video)

▼Rhyeの記事はこちら▼

Rhye / 家でまったり聴きたいベッドルームR&B
カナダ、トロント出身のチェリスト、ドラマー、シンガー、プロデューサーで現在はLAを拠点とするMichael Milosh(マイク・ミロシュ)によるソロプロジェクト、 Rhye (ライ)。 2013年にQuadron等を手掛けていたデンマー...

 

まとめ

夜明けのBGM おススメ 10選でした。大体AM5時~7時位の時間に聴いてほしい曲たちをセレクトしてみました。朝っぽい静寂さと爽やかさが伝わってくる楽曲でした。

まだまだありそうなので見つけたら追加していきたいと思います。

▼休日の朝向けBGMはこちら▼

【 洋楽BGM 】気持ちのいい休日の朝におススメ13選
いつもより時間の余裕がある、気持ちのいい休日の朝にゆったりと聴いてほしい"洋楽BGM"をご紹介します。ちょっと内容はマニアックだけどBGMとしてお部屋に流しておくだけで、気持ちよく一日をスタートできそうな内容です。ジャズ、エレクトロニック、オーガニックソウル、バレアリックサウンドが中心の13曲。在宅作業用BGMとしても活用ください。

▼通勤通学おススメBGMはこちら▼

【洋楽】 通勤通学 / 朝に元気が出るおススメBGM 13選【ジャズ編】
朝の通勤通学、最近では在宅もスタンダードになってきていますが、仕事や勉強始める前のリードタイム、準備時間に聴きたい、 通勤通学 / 元気が出るおススメBGM をクロスオーバージャズメインでご紹介します。朝からポジティブな気分にさせてくれそうな、テンション上がる、元気が湧いてくるような内容で一日のスタートダッシュを切りましょう。