【 チルホップ 】チルなダウンビート系アーティスト6選【2020】

チルホップElectronic
スポンサーリンク
Pocket

 チルホップ 、エレクトロニック系ダウンビート、ローファイ・ヒップホップ系のクリエイター、アーティストを特集します。

チルホップとは、ヒップホップのビートメイクを源流としたサンプリングミュージックで、ジャズやボッサのメロディを活用した「チルな」ヒップホップ。といったところでしょうか。

最近ではChillhopを冠したYouTubeチャンネル等で主に作業用BGMとして人気を博していますね。

広義でいえば古くはJ DillaNujabesから現在ではFlamingosisLi’indecisあたりと、最近ではそのクリエイターの多さについていけなくなっていたりしますが、ここで注目のアーティストの最近のリリースを中心に6選お送りします。 

スポンサーリンク

【 チルホップ 】チルなダウンビート系アーティスト6選

Session Victim – Needledrop

Session Victim

クルアンビンGarden City Movement等、気鋭アーティストが所属するUKのレーベル、Night Time Storiesより、ドイツのチルアウト系エレクトロニック・ヒップホップデュオ、Session Victim(セッション・ヴィクティム)。

AORやシティポップまでをも包含する清涼感のあるビートメイクが特徴のチルなダウンテンポ・ヒップホップ。

 

FloFitz – Transit

FloFitz

こちらもドイツのジャジートラックを得意とするビートメイカー、FloFitz(フロー・フィッツ)。今回も#2,#11でAlfa Mistをフィーチャーする等、相変わらずの洗練されたチルなジャジー・ヒップホップビーツのオンパレード。おしゃれなBGM探している方おススメ。

 

saib. – Lost and Found

saib.

当サイトでも紹介しているモロッコのチルホップ・ビートクリエイター、saib.(サイブ)の2020年作。涼し気なギターリフを全面に押し出したリラクゼーション・ミュージックに仕上げています。家BGMに最高ですよ。

 

kudasaibeats – Mirror Image

kudasaibeats

LAで活動するアジア系(日系?)ビートクリエイター。エレクトロニックからフォーキーなものまで繊細で美しいビートメイクが特徴。作業用BGMとしても重宝されそうな曲ばかり。

 

Evil Needle – Souvenirs Ⅱ

Evil Needle

この界隈ではもはやベテランの域に入ってきたフランスのビートシーンに欠かせない存在、Evil Needle(エヴィル・ニードル)。重厚感のあるダウンビートと90年代のエッセンス、浮遊感のあるシンセのコラージュがたまらない相変らずの良作。#12ではドラムンベースも披露。超おススメ。

こちらはロンドンのビートクリエイター、chromonicciとの2020年共作。

 

OOWETS – Life & Space

OOWETS

札幌国際芸術祭2014坂本龍一審査都市と自然のサウンドコンペディション」グランプリ受賞や、瀬戸内国際芸術祭開会式音楽提供も手掛ける香川県在住の日本人クリエイター、OOWETS(オーウェッツ)こと渡邉和三郎氏

香川県の自然からインスピレーションを受け制作されたという、オーガニックな音と浮遊感あるシンセサイザーで表現され、現代アートからの影響はミニマルに反復するビートとキーワード的にコラージュされた声の素材が加わり、心地よいグルーヴが流れます。

家でのBGMから、イベント等のインタールードでも活用できそうなアンビエントでクリエイティヴな作品。

Life & Space / OOWETS

 

アルバムは5/18発売、こちらからCD購入も可能;Life & Space – OOWETS/タワーレコードオンライン

 

チルなダウンビート系アーティスト6選 : まとめ

【 チルホップ 】チルなダウンビート系アーティストをお送りしました。DJ機材で自作ミックステープやSpotifyで自作プレイリスト作成して作業用BGMとして楽しむのも良いと思う、おススメアーティスト6選でした。

▼Flamingosisはこちら▼

Flamingosis / キング・オブ・グルーヴィチルホップ!
ニュージャージーに拠点を置くエレクトロニック、サンプリングベースのチルホップ・プロデューサーであり、Beatboxerの Flamingosis (フラミンゴーシス)。この名前は彼の父親が発明したフリースタイルのフリスビーの名前から取ったも...

▼よりハイブリッドなチル・ヒップホップはこちら▼

【 チル・ヒップホップ 】進化し続けるハイブリッドサウンド 11選
プレイヤー/リスナーともにミレニアル世代後半からZ世代が中心となり、様々な音楽を吸収、チョップアンドスクリュードしながら進化し続けるモダンなハイブリッドサウンドが生まれてきます。今回はそんなハイブリッドサウンド、ここではチルヒップホップ~ポストヒップホップとして、世界各国11のアーティストをご紹介します。