Crossover Jazz

Khruangbin / エキゾチックなタイ式ファンクグループ

投稿日:2018年5月3日 更新日:

Pocket

エレクトロニック界の大御所、ボノボことサイモン・グリーンに見いだされた3人組、” Khruangbin “(クルアンビン)

以前紹介した人気コンピシリーズ”Late Night Tales”のレーベル、Night Time Storiesとアーティスト契約した、マーク・スピアドナルド・ジョンソンローラ・リーが繰り広げる、タイ音楽や、東南アジア系ファンクに影響された、何とも言えないエキゾチックさと東南アジア特有のキッチュさというか俗っぽさをエッセンスに加えたユニークでエキゾチックなタイ式ファンクグループ。

 

最新作”Con Todo El Mundo”からのファーストシングル。タイ~中東(MVの女性はイラン革命時のアーティスト?だそう)を思わせるギターリフが印象的。

 

こちらはセカンド。エア・フラフープをし続ける中国人のおばちゃんがキュートなMVがサイコー!な”Evan Finds The Third Room”

ライヴ風景。いやいや、これはカッコイイ!

NPR Music のTiny Desk Concertから。”Maria También””August 10″”White Gloves”と続きます。


最新アルバム“Con Todo El Mundo”のトラックリストはこちら。

1. Como Me Quieres
2. Lady and Man
3. Maria Tambien
4. August 10
5. Como Te Quiero
6. Shades of Man
7. Evan Finds the Third Room
8. A Hymn
9. Rules
10. Friday Morning
試聴はこちらからどうぞ。


ジャズランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

-Crossover, Jazz
-, ,

執筆者:


  1. […] You feat. Dego / Kaidi Tatham Momento De Clareza / Kassin Major Bossa / Khari Cabral August 10 / Khruangbin Lady and Man / Khruangbin So Far Away / Light Soljah Low To The Street feat. Lisa Tomlins / Lord […]

関連記事

Kamaal Williams ロンドン・ファンクネスジャズ

サウスロンドンを代表するキーボード奏者兼プロデューサーであるHenry Wu (ヘンリー・ウー)こと” Kamaal Williams “(カマール・ウィリアムズ)。大好評だっ …

The Rebirth ジャズクロスオーヴァーなソウルバンド

Mighty Ryedersのレアグルーブ鉄板曲、“Evil Vibrations”のカヴァーがクラブヒットし話題となった7人編成のジャズクロスオーヴァーなソウル・バンド、” The Re …

【ネオ・ソウル】ニュージーランド・オーストラリア発のネオソウルがアツい!

前々回のJordan RakeiやWalleceもそうですが、ニュージーランドやオーストラリア発のオセアニア系ネオソウルが、ここ数年個人的にもかなり旬な存在になっています。 R&Bをベースに民 …

【新着情報】 ロバート・グラスパー&カマシ・ワシントン

Robert Glasper、好評のExperiment名義でのアルバム「The Artscience」のリミックス版です。 これまでにJanet Jacksonや、Erykah Badu、Pharr …

Thievery Corporation 多文化的サウンドスケープ

ワシントンDCの二人組、Rob Garza (ロブ・ガーザ)と Eric Hilton (エリック・ヒルトン)により1995年に結成されたベテラン・エレクトロニカデュオ・・・ ” Thie …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。