Indie

AOR

Mild High Club / 極上メロウなヴィンテージ・サイケポップ!

Alexander Brettinが率いるサイケデリック・ポップ・グループ、 Mild High Club (マイルド・ハイ・クラブ)。ジャズをベースに、AOR、ソフトロック、サイケポップが重なり合った、60年代から70年代にかけてのヴィンテージサウンドを聴いている感覚を得られます。
Indie

Deb Never / オルタナティブ・ポップ界の有望ギタリスト

LA拠点で最近はロンドンでも活動するギタリスト、シンガーソングライターの Deb Never (デブ・ネバー)。どの曲もベッドルームポップ、ヒップホップ、インディーロック、エレクトロニックポップが絶妙なバランスで溶け合ったエモスタイルです!
Indie

Helado Negro / アート・オブ・ネオサイケデリア

エクアドルの移民に生まれ、南フロリダ出身、ブルックリンを拠点とする Helado Negro (エラード・ネグロ)。フォーク、アンビエント、トロピカリア、ファンク、ポップなど様々な要素を自身のキャリアが反映されたアートサイケデリアでまろやかに包み込んだ抽象的でミニマムな作品は、他に類を見ない独特の輝きを放ちます。
Indie

Alice Phoebe Lou / 美しくも力強いストリート・インディポップ!

南アフリカ出身で、現在はベルリンを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター、 Alice Phoebe Lou (アリス・フィービー・ルー)。ストリートで培った多彩な表現力と柔らかくもタフさを感じるボーカルから放たれるパフォーマンスが非常に魅力的です。
Indie

Japanese Breakfast / Michelle Zauner によるドリームポッププロジェクト

オレゴン出身の韓国系アメリカ人ミュージシャン、Michelle Zauner(ミッシェル・ザウナー)のソロプロジェクト、 Japanese Breakfast (ジャパニーズ・ブレックファスト)。Little Big League時代のインディロックをベースに、よりソフトでドリーミーなサウンドへと傾倒した作品です。
Indie

The Marías / シネマティック・インディポップバンド

María Zardoyaとosh Conwayによるバンドプロジェクト、 The Marías (ザ・マリアス)。フュージョン、サイケ、ネオソウル、ラウンジをベースのスモーキーサウンドと、María Zardoyaによるコケティッシュで妖艶なボーカルが神秘さと官能を呼び寄せる大人でオシャレなインディポップです。
Indie

Still Woozy / ベイエリア・ローファイベッドルームポップ

カリフォルニア州オークランド出身のソングライター、Sven Gamskyによるソロプロジェクト、 Still Woozy (スティル・ウーズィ)。西海岸らしい軽やかさと懐かしさを感じるメロディに、ローファイなアナログシンセとアコースティックを組み合わせた"サイケデリックなベッドルームポップ"が展開されています。
Indie

Glass Animals / ロングランヒットを連発する4ピースバンド

イギリス・オックスフォード出身のインディロック4ピースバンド、 Glass Animals (グラス・アニマルズ)。なぜかハマるこの単調トラックとデイヴ・ベイリーのボーカルの組み合わせ、そのGlass Animalsからのおススメ曲をご紹介です。
Indie

The Neighbourhood / カルフォルニアの漸進的オルタナロックバンド

2011年カリフォルニア、ニューベリーパークで結成された5人組オルタナロックグループ、 The Neighbourhood (ザ・ネイバーフッド)。ソウル・R&Bやヒップホップの影響とコールドプレイやレディオヘッドを思わせるような美意識を感じさせるロックを融合させたサウンドが特徴的。
Indie

いま注目したい 女性インディロックアーティスト 10人【洋楽】

2021年のいま注目したい 女性インディロックアーティスト 10人をご紹介します。イギリスのインディシーンの情報発信メディア、"Indie Central Music"で取り上げられた『ICM Ones To Watch 2021』でピックアップされている女性インディロック・インディポップアーティストをまとめてご紹介します。
Crossover

Stereolab / 復活を遂げた革新的サウンド

1990年に結成されたバンド、 Stereolab (ステレオラブ)。ノスタルジックでありながらも非常に前衛的であり、時代を超越した革新的なサウンドを生み出すグループとして、数多くのバンドに影響を与える存在だった彼らが復活。最新作"Electrically Possessed…"を中心にレビューしていきます。
Indie

Peach Tree Rascals / 注目のイージーライフ・コレクティヴ

サンノゼを拠点にする5ピースコレクティヴ、 Peach Tree Rascals (ピーチツリー・ラスカルズ)。インディーロックをベースにクロスオーバージャズ、ファンク、ヒップホップの要素が交錯するオルタナティブな音楽性と西海岸らしい爽快でイージーライフ感漂う雰囲気が魅力的なバンドです。
Indie

Omar Apollo / 弾けるファンク&ポップ!

インディアナ州サウスヘヴン出身のメキシコ系アメリカ人シンガーソングライター、 Omar Apollo (オマー・アポロ)。R&B、ファンク、ロック、ポップが程よく、そして爽やかで弾けるように混在した音楽性と等身大のリリックは、同年代のリスナーを中心に多くのファンを獲得し、日本でも高い人気を誇ります。
Indie

Steady Holiday / 個性派ノスタルジックポップシンガー

LAベースのソングライターDre Babinski(ドレー・バビンスキー)のソロプロジェクト、Steady Holiday(ステディ・ホリデイ)。素朴さと知性にどこか影のあるボーカルと、レトロでノスタルジックなサウンドによって独自のポジションを確立しました。その個性的なサウンドをご紹介します。
スポンサーリンク