Indie

Indie

ゆったり聴きたい アジア系 アコースティックR&B 7選

アメリカ西海岸を中心に認知されてきているアジア系アーティストを中心とした アコースティックR&B ムーヴメント。アジア人特有の繊細さとソフトなボーカルを、美麗なメロディに乗せアコースティックに仕上げた楽曲はゆったりと聴きたい心和むものばかりで、一度その魅力に取りつかれるとなくてはならない存在になるのではないかと思います。
Indie

Ghost Funk Orchestra / 70年代ヴィンテージを感じるファズファンク

マルチインストゥルメンタリストのSeth Applebaum(セス・アップルバウム)を中心に結成されたブルックリンのソウル、ファンク、サイケロック、ポストパンクバンド、 Ghost Funk Orchestra (ゴーストファンク・オーケストラ)。「泥臭そうで泥臭くなりすぎない」アレンジセンスが抜群なバンドです。
Crossover

Sen Morimoto / 自由奔放に世界を席巻する日本人マルチプレイヤー

京都生まれで現在はシカゴを拠点に活動するマルチインストメンタリスト、シンガーの Sen Morimoto (森本 仙)。"ジャンルレス"なんて言葉が陳腐に思えるような、音楽にジャンルなんてないよ、といわんばかりの自由さに溢れています。こんな表現を日本人がしてしまうことに嬉しさと驚きを感じずにはいられません。
Indie

ROLE MODEL / 突っ走るZ世代型ベッドルームポップ

メイン州ポートランド出身のシンガーソングライター、 ROLE MODEL (ロールモデル)。元々学生の頃は映画製作、映画業界へ進むことを夢見ていたところにひょんなことから音楽に目覚めることに。猪突猛進型精力的にEPをリリースしていますが、まだまだ日本では取り上げられることは少ないので、ここで早取りチェックしていきたいと思います。
Indie

Yellow Days / ロンドンの人気ネオブルース・ソウルシンガー

ロンドン郊外サリーを拠点に活動するマルチ奏者、シンガーソングライター、 Yellow Days (イエロー・デイズ)。"ネオブルース・ソウル"という表現がピッタリと合うような、ヴィンテージソウルと現代UKインディ・ポップが融合されたサウンドと、ハスキーでいて艶と渋みが同居するボーカルがとびきり色っぽい若手シンガー。
Indie

Washed Out / チルウェーヴの先駆者による探究

アトランタを拠点にするシンガーソングライター、 Washed Out (ウォッシュド・アウト)。インターネット発のムーヴメントである、いわゆるチルウェーヴの先駆者としてToro Y Moiらと共にそのジャンルを牽引してきた存在。2020年のアルバム『Purple Moon』では現実逃避的パープル&クリスタルサウンドを展開しています。
Indie

【2020年】 ブラジリアン・インディポップ おススメ9選

インディポップを掘っていると必ず行き当たるのがブラジル出身のアーティストたち。今回はサクラタップス音楽部的におススメしたい ブラジリアン・インディポップ 9アーティストをご紹介します。ブラジルらしい爽快感やMPBのエッセンス、ドリーミーでローファイなものまでブラジル・インディポップ界の今を聴いていきましょう。
Indie

【洋楽】いま聴いておきたい インディポップバンド 9選

いま聴いておきたい インディポップバンド をご紹介します。アメリカ、オーストラリア、イギリス、ドイツなどからいま注目しておきたい、そして聴いておきたいインディポップ、ドリームポップ、ギターポップバンドを見ていきましょう。
Electronic

Roosevelt / 透明感のあるロマンチック・シンセポップ

ドイツ、ケルンを拠点にするエレクトロニック・インディ系プロデューサー、シンガーソングライター、 Roosevelt (ルーズヴェルト)。エレクトロニック・インディ・R&B・80年代レトロモダンディスコを融合しながら曲によりその要素、表現をクオリティ高く自在に操り、カラフルなサウンドに仕上げていきます。
Indie

注目の オーストラリア発 女性ポップシンガー5選【2020】

注目の オーストラリア発 女性ポップシンガー5選。個人的に非常に注目しているアツいオーストラリアの音楽シーン。今回はそんなオーストラリア音楽シーンの中からインディーシーンで活躍する女性ポップシンガー5人をご紹介します。まだまだワールドワイドになってない早耳チェックな内容です。
Indie

【インディ】 アフリカルーツのアートサウンド おススメ3選

インディシーンで活躍している"アフリカルーツのアートサウンド"...最近気になるアフリカルーツのアーティストをご紹介。インディー・ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップ、そしてアフリカルーツの感性をブレンドしたとびきり気鋭のアートサウンドです。
Indie

Kurosuke / インドネシア発のアジアン・インディポップ

インドネシアのインディロックバンド、Anomalyst(アノマリスト)のメンバークリスチャン・アリオ・ウィボウォのソロプロジェクト、 Kurosuke (クロスケ)。80年代のジャパニーズシティポップ、インドネシアのポップスとAOR、現代ドリームポップを掛け合わせた、なんとも甘美でどこか懐かしみのあるメロディはまさにアジアン・インディポップサウンド。
Indie

【2020年】洋楽 ドリームポップ おススメアーティスト9選

家でまったり過ごしたいときに最適な"ドリームポップ"から、おススメ9アーティスト/バンドをご紹介します。ベッドルームでのD.I.Y宅録が主流になりつつある世界のインディポップ界隈から、R&Bやジャズのエッセンスも感じさせるレイドバック系ドリームポップを中心にセレクトしました。
Indie

Summer Salt / 夏に聴きたい極上ドリーミー・ポップバンド

テキサス州オースティンを拠点とするインディポップバンド、 Summer Salt (サマーソルト)。1960年代のポップスをベースに、ボサノバ、ジャズ、ハワイアンのエッセンスを散りばめ、さわやかでカラフルなメロディとボーカルハーモニーがブレンドされたドリーミーなギターポップ。ほんのり甘く、懐かしく、どこまでも優しい味わいに満ちています。