Indie

Indie

【洋楽】しっとりと聴きたい おススメ インディフォーク 8選

家の中からキャンプ、ドライブシーンにもしっとりと緩やかに聴けるサクラタップス音楽部がおススメする洋楽インディフォーク8選です。
Indie

Nick Hakim / 深みにハマるローファイ・サイケデリックソウル

ブルックリンを拠点に活動するローファイR&B/ソウルシンガー、 Nick Hakim (ニック・ハキム)。サイケデリックでアンビエントな、ひとことでは言い表せないジャンルレスな世界観。2020年5月に『WILL THIS MAKE ME GOOD』をリリース。より深く、よりシャープに磨き上げられたアートのような作品を聴いてみましょう。
Electronic

Louis Cole / 陽気な西海岸レフトフィールド・ポップ

LAを拠点に活動するシンガーソングライター、マルチ・プレイヤー、 Louis Cole (ルイス・コール)。独自のポップミュージックはジャズ、ファンク、エレクトロニック、ローファイ、グラインドコアの要素を想像力豊かなコードとパンチの効いたドラミングに、多彩なアレンジのシンセ、ホーンが散りばめられたレフトフィールドさと陽気さが同居したユニークな作品です。
スポンサーリンク
Electronic

Little Dragon / 北欧発のエレクトロ・インディバンド

スウェーデン、ヨーテポリを拠点に活動するエレクトロ・インディ系グループで、日系スウェーデン人であるYukimi Nagano(ユキミ・ナガノ)を中心とした4ピースバンド、 Little Dragon (リトルドラゴン)。活動歴は長くベテランの域に達していますが、常に新鮮で先端を行くエレクトロサウンドをリリースし続けています。
Indie

Vinyl Williams / 天空のネオサイケデリア・ポップ

ロサンゼルスのサイケデリック・ポッププロジェクト、 Vinyl Williams (ヴァイニール・ウィリアムズ)。「Celestial Pop」と表現する音楽性は、ネオサイケデリア、シューゲイザー、ドリームポップ、チルウェーヴが入り混じったローファイなアナログノイズと美しいメロディに包まれたレトロフューチャーサウンド。
Indie

Rachel Chinouriri / アフリカンルーツのロンドン・インディポップ

ジンバブエにルーツを持つ南ロンドン出身のシンガーソングライター、 Rachel Chinouriri (レイチェル・チヌリリ)。アコースティックからインディポップ、エレクロポップ、ネオソウルなど様々なジャンルにスモーキーでソウルフルな表現豊かなボーカルが魅力的な、今後の活躍が期待されるアーティストです。
Indie

【2022】R-30 リラックスしたい時におススメ洋楽 10選 【インディ】

仕事終わりやお家でリラックスしたい時におススメの洋楽をセレクトしました。インディポップ、フォークをメインにインディーなソウル、R&Bを含めて、あまりメジャーではないですがリラックスタイムを演出してくれそうな楽曲をアルバム含めてご紹介します。
Indie

flowerovlove / 若さ溢れるフラワー・インディポップ

ロンドン生まれでコートジボワール育ちのシンガーソングライター、Joyce Cisseのステージネーム、 flowerovlove (フラワーオヴラヴ)。今の若い世代らしいサスティナブルな考え方とノスタルジックな感覚を持ったアーティストです。
Indie

Peach Tree Rascals / 注目のイージーライフ・コレクティヴ

サンノゼを拠点にする5ピースコレクティヴ、 Peach Tree Rascals (ピーチツリー・ラスカルズ)。インディーロックをベースにクロスオーバージャズ、ファンク、ヒップホップの要素が交錯するオルタナティブな音楽性と西海岸らしい爽快でイージーライフ感漂う雰囲気が魅力的なバンドです。
Indie

Yellow Days / ロンドンの人気ネオブルース・ソウルシンガー

ロンドン郊外サリーを拠点に活動するマルチ奏者、シンガーソングライター、 Yellow Days (イエロー・デイズ)。"ネオブルース・ソウル"という表現がピッタリと合うような、ヴィンテージソウルと現代UKインディ・ポップが融合されたサウンドと、ハスキーでいて艶と渋みが同居するボーカルがとびきり色っぽい若手シンガー。
Indie

Beabadoobee / Z世代最強のローファイ・オルタナロックプレイヤー

フィリピン生まれでロンドンで育ったシンガーソングライター、Bea Kristiのステージネーム、 Beabadoobee (ビーバドゥービー)。ローファイ・オルタナティブロックをベースに、フォーク、ラテン、サイケ・ロックを上手く融合させ繊細さとインパクトのあるサウンドを両立させています。
Indie

Tame Impala / オーストラリア最強のサイケデリック・バンド

オーストラリアパース出身の5ピース、サイケデリック・ロック・バンド、 Tame Impala (テーム・インパラ)。サイケデリック・ロックからディスコへとサウンドが変貌してく中でも、オーストラリアを代表するバンドとして世界で人気を集める存在です。
Indie

Phum Viphurit / バンコク発、低音ボイスがクセになる人気沸騰SSW

タイ、バンコク生まれのシンガーソングライター、 Phum Viphurit (プム・ヴィプリット)。ネオソウル、ファンク、ロック、フォークの影響を受けた爽やかで心地よいインディ・ポップサウンドと、耳障りの良い低音癒しボイスで人気が急上昇している注目のアーティスト。
Indie

Sunset Rollercoaster 落日飛車 / 台湾No1シティポップバンド

台湾、台北で活動する6人組インディポップ、シティポップバンド、 Sunset Rollercoaster (落日飛車)。世界的な再評価を受けているシティポップ・ムーブメントより、この台湾からも素晴らしくセンスの良いバンドが出現!レトロでジャジー、そしてアーバンメロウなサウンドは、日本のバンドとはまた少し印象の違うオリエンタルな雰囲気が漂います。