Eloise / 気品漂うジャズとフォークのマリアージュ

EloiseIndie
Pocket

ロンドン生まれでフランスノルマンディ育ち、現在はロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター、Eloise Alexandra Lambのステージネーム Eloise (エロイーズ)。

イギリス人俳優の両親のもとに生まれフランス在住時の4歳でピアニストになることを決めレッスンを受け、その後イギリスに転居後独学でギターを学びながらインスタグラムへの投稿を開始。

18歳の時にBruno Majorの「Second Time」のカバーをアップしたことがきっかけでBruno Major本人のライブ出演を果たし、更には彼のプロデュースによるEP『ThisThing Called Living』で2019年デビュー。

そしてこの『ThisThing Called Living』はBillie Eilishの耳に留まり(兄であるフィネアス・オコネルからの紹介だそう)、彼女のキュレーションによるAmazon Musicプレイリスト「Billie Eilish at Home」に「Left Side」が収録され、「絶対的に美しい」曲だと賞賛を受けたことで一気に音楽ファンから注目を浴びる。

その後、サム・スミスのUKレッグ・ツアーにフィーチャリング・ゲストとして参加するなど、イギリスの音楽シーンにおいて着実に成長しているアーティストです。

2021年にセカンドEP『Somewhere In Between』をBruno Majorプロデュースでリリース。今年に入ってからはConor Albertをプロデューサーに迎えた作品のシングルリリースが続いています。

エレガントな歌声とBruno MajorConor Albertが仕掛ける洗練された楽曲は、彼女の憧れだったジャズと現代的なインディフォークがエレガントに融合された、キャロル・キング、リンダ・ロンシュタット、ノラ・ジョーンズが溶け合ったような甘く切なく、そして癒される気品に満ちたサウンドです。

スポンサーリンク

Eloise : レビュー

Bruno Majorプロデュース作。少しだけ尖ったスクラッチ入りのビートに美しいうわものと歌声のコントラスト。イケてるカフェで聴きたいですねぇ。

Eloise – Vanilla Tobacco (Official Audio)

 

ThisThing Called Living』よりBillie Eilish絶賛曲。オリジナルも弾き語りもどちらもおススメ。本人は子供の頃歌が苦手だったそうで、いやいやいや・・・。

Eloise : Left Side (Official Audio)
Eloise : Left Side (Live)

 

こちらもおススメです。Bruno Majorプロデュースらしい素朴なジャズ×インディフォーク。癒されます。

Eloise : You, Dear (Official Audio)
Eloise : You, Dear (Live)

 

セカンドEP『Somewhere In Between』より。揺れるギターとストリングスに彼女の優しくも存在感のあるボーカルに息を吞む素晴らしい作品。

Eloise – Who's She (Official Video)

 

気品漂うジャズとフォークのマリアージュ、 Eloise (エロイーズ)でした。

前述のとおり最近ではConor Albertプロデュース作を出しているので次作(アルバム?EP?)はまた違った一面を見せてくれそうですね。