Bruno Major / 繊細でクラシカルなロマンティックソウル

bruno majorNeo-Soul
スポンサーリンク
Pocket

イギリス、ノーサンプトン出身、現在はロンドンのカムデンを拠点に活動するシンガーソングライター/ギタリスト、 Bruno Major (ブルーノ・メジャー)

繊細でクラシカルなギターサウンドとメロウなソウルミュージックを組み合わせ、2017年デビュー以降着実にその存在感が増してきているブルーノ・メジャー。

その傑作2017年の『A Song For Every Moon』から3年、2020年6月5日に『To Let A Good Thing Die』がリリースされます。

より深く、しっとりと心に染みわたる叙情的で文学的な風景と甘くロマンティックなブルーノの歌声に酔いしれること間違いなし!

 

サム・スミス、ジョーダン・ラカイマック・アイレス、リアン・ラ・ハヴァスあたりが好きであれば必ずハマります。

 

スポンサーリンク

Bruno Major : レビュー

The Most Beautiful Thing

To Let A Good Thing Die』より。

非常にシンプルかつ心に響くクラシカルなインディソウルは、ビリー・アイリッシュのプロデュースで知られる彼女の兄、FINNEAS(フィニアス)と共同制作されたもの。

Bruno Major – The Most Beautiful Thing (Lyric & Chord Video)

 

 

Nothing

To Let A Good Thing Die』より。

静かに時が流れていく、極上メロウバラード。

Bruno Major – Nothing (Lyric & Chord Video)

 

 

Figment Of My Mind

To Let A Good Thing Die』より。

Bruno Major – Figment Of My Mind (Lyric & Chord Video)

 

 

 

Easily

前作『A Song For Every Moon』より。

Spotifyなどストリーミングで1千万以上の再生回数を誇る人気曲。シンプルなだけに聴き入りたくなる名曲。

Bruno Major – Easily (Official Video)

 

 

Fair-Weather Friend

前作『A Song For Every Moon』より。 

Easliy』とともに個人的お気に入り&おススメ。

ギターの音色とメロディがたまらなく素敵。トム・ミッシュFKJとも相性抜群。

Bruno Major – Fair-Weather Friend (Official Audio)

 

 

まとめ

繊細でクラシカルなロマンティックソウル、Bruno Major(ブルーノ・メジャー)でした。

シンプル・イズ・ベスト。どの曲もシンプルでありながら心にスッと入り込んでくるリピート必至な、何年経っても色褪せない、世代を超えた音楽なのではないでしょうか。

▼新作、『To Let A Good Thing Die』も必携です!▼

 

 

▼あわせて読みたいJordan Rakei▼

Jordan Rakei / 注目の次世代ネオ・ソウルプレイヤー
注目の次世代ネオ・ソウルプレイヤーとして、すでにイギリスを中心にワールドワイドな活躍を見せているシンガーソングライター、Jordan Rakei (ジョーダン・ラカイ)。 ニュージーランドのハミルトン出身で、2015年からイギリスを拠点に...

 

▼あわせて読みたいMac Ayres▼

Mac Ayres / モダンで爽やかなブルーアイドソウル
ブルーアイドソウルテイストなR&Bトラックメイカー、 Mac Ayres (マック・アイレス)。Soul、R&B、Jazz、Hip-Hopをブレンドしたサウンドと独特の静寂感が同居したスローでモダンで且つ爽やかなサウンドメイクはまさにブルーアイドソウルのいいとこ取り。日本でもじわじわと人気が出てきています。