Indie

Remi Wolf / 新世代ファンキー・ソウルポップシンガー

カリフォルニア出身のファンキー・ソウルポップシンガー、 Remi Wolf (レミ・ウルフ)。iPhoneやGalaxyというガジェットトップブランドのCMに立て続けに楽曲が採用され話題となっている彼女。なんとも魅力的でユーモアに満ち溢れた存在で、新たなポップソングの形を表現していますね。
Hip Hop

【まずはこれ聴け】90年代 マイアミ・ベース 10選 【ヒップホップ】

ヒップホップの派生ジャンルとして80年代後半から90年代にかけて人気を博したMiami Bass"マイアミ・ベース"、Atlanta Bass"アトランタ・ベース"あるいはBooty Bass"ブーティ・ベース"と言われる曲の中から90年代にヒットした代表作をセレクトしました。テンション高めたいときにもおススメです。
Neo-Soul

Emily King / 時代を問わない普遍的なサウンド

ニューヨーク出身のポップ・ソウル・シンガーソングライター、 Emily King (エミリー・キング)。ギターを中心としたシンプルなサウンドに、ポップとロック、ソウル、コンテンポラリーR&Bにジャズのエッセンスをブレンドさせた、心に染み入るようなメロディと素朴な歌声による上質な音楽です。
洋楽ライフ

2021年グラミー賞ノミネート作品 一挙公開!

2021年グラミー賞ノミネート作品 が発表されました。ここでは主要部門に加え、サクラタップス音楽部的に気になるR&B、ラップ、ロック、ジャズ、エレクトロニック各部門のノミネート作品を一挙公開していきます。かなり長いのでメニューから気になるノミネート部門に飛んでチェックしてみてください。
Neo-Soul

Halbot Brown / ブレイク間近の3ピース・ネオソウルグループ

3ピースネオソウルグループ、 Halbot Brown (ハルボット・ブラウン)。LAの話題の最先端レーベルであるSoulectionが新たに立ち上げたレーベル・ライン、「Black Label Series」の第一弾アーティストとして話題となり、2020年にはEP『OPAQUE』をリリース。ブレイク間近の3ピース・ネオソウルグループです。
Crossover

【2020年】 おススメ クロスオーバー・ジャズ 15選

ヒップホップやエレクトロニカ、サイケやポストロックの影響を感じさせてくれる"クロスオーバー・ジャズ"シーンの2020年リリースアルバムから、サクラタップス音楽部がおススメする厳選16枚をピックアップ。NY、メルボルン、ロンドンなど、世界各地のシーンの中のアツいミュージシャンたち16組をご紹介します。
洋楽ライフ

【洋楽】 缶コーヒーCMソング 【名曲】

洋楽CMシリーズ、今回は"缶コーヒーCMソング"にスポットを当てていきます。缶コーヒーのターゲット層として「30代から50代の働き盛りの男性」がメインになってきますので、各社の選曲もおのずとそのターゲットに合わせたもの、70年代~90年代の男性っぽいロックやポップスの名曲が多くなっていますね。
Hip Hop

Jaden / 父親譲りのマルチな才能を発揮するセレブスター

Will Smith(ウィル・スミス)の長男、Jaden Smithあらため Jaden (ジェイデン)。あの映画『幸せのかたち』でみせていた屈託のない笑顔の可愛らしい少年がいまでは22歳に成長。音楽活動もコンスタントに行っていますのでここでレビューしていきます。
Pop

RAYE / アツい注目を浴びるUKポップシンガー

ロンドンを拠点とするシンガーソングライター、 RAYE (レイ)。『By Your Side』の全英、全米での大ヒットで完全にブレイクスルーし、イギリスの若手アーティストの登竜門である"BBC Sound Of 2017"でも3位選出。各アーティストからの共演オファーも絶えない注目のアーティストへと成長してきました。
洋楽ライフ

【洋楽で勉強】 名曲で覚える 初心者英語 活用術5選

名曲で覚える 初心者英語 活用術5選。洋楽をただただ聴いているだけでは、なかなか英語が理解できたり会話ができるようにはなりませんよね。歌詞をかみ砕いて会話として『使える部分』を抽出してみようかと思い立ち、カンタンに覚えられそうな歌詞をピックアップして活用例を挙げていきたいと思います。
Hip Hop

Saweetie / 巧みなフロウが光る注目のウェストコーストラッパー

カリフォルニア州ベイエリア生まれでLAを拠点にするラッパー、 Saweetie (サウィーティ)。カーディBを思わせるような切れ味の良い巧みなフロウ、カリフォルニア出身らしいカラッとしたノリの良さにビジュアルの良さも加わった次世代のスター候補としてメジャーシーンにおいても存在感が増してきていますので、ここでレビューしていきたいと思います。
Jazz

【70年代】 ノスタルジック・ジャズ ラウンジ7選

CMや映像BGMとして作成される「ライブラリーミュージック」や映画サントラ、ジャズラウンジの中からストリングスやホーン、エレピを効果的に使った70年代らしさを感じさせるオーケストラルな"ノスタルジック・ジャズ"を特集します。70年代のヨーロピアンスウィートジャズ・ラウンジ、レアグルーヴ、メロウグルーヴな世界観を味わってみてください。
Neo-Soul

Natalie Slade / オーストラリアの実力派ネオソウルシンガー

シドニーを拠点とするボーカリスト、 Natalie Slade (ナタリー・スレイド)。Hiatus KaiyoteのキープレイヤーであるベーシストのSimon Mavinがプロデュースした注目の実力派シンガー。最近のオーストラリアトレンドをしっかりと捉えつつ、高次元に進化している聴き応えのあるシンガーではないかと思いますのでレビューしていきましょう。
Indie

Gorillaz / 新コラボプロジェクト”Song Machine”開始

スーパーバーチャルロックバンド、 Gorillaz (ゴリラズ)が新たなコラボプロジェクト"Song Machine"が2020年よりスタートしており、そのシーズン1となるアルバム『Strange Timez』をリリースしています。イギリスを代表するロックバンド、ブラーのフロントマンを務めるデーモン・アルバーンによる、今なお時代を先どったサウンドが健在です。