World

Chronixx / いま一番アツいジャマイカン・レゲエアーティスト

ジャマイカ、スパニッシュタウン出身の「レゲエリバイバル」アーティスト、 Chronixx (クロニクス)。生粋のジャマイカンでありながらレゲエ以外のサウンドも取り入れつつ、スピリチュアルで創造的なボーカルや力強いフリースタイルもいける、現代ジャマイカン・レゲエの先端を行くアーティストです。
J-POP

【80年代】夏の”メランコリックシティポップ”7選

夏の"メランコリックシティポップ"7選夏が似合うシティポップは多数ありますが、今回は「メランコリック」をテーマにセレクトしてみました。"メランコリック"とは「憂鬱なさま」、まぁそこまで憂鬱ではないですが、ミディアムテンポでメロディアスな日本の80年代シティポップです。
洋楽ライフ

【お知らせ】記事アップについて

いつもSakuraTaps音楽部をご覧いただきまして、ありがとうございます! 当サイトは2018年開始以降、コツコツと記事更新を続けてはストップしてみたり・・・を繰り返してきましたが、今年4月より毎日アップを目標に続けてまいりました。 ...
Crossover

Kassa Overall / NYの天才”バックパックジャズ”ドラマー

ニューヨーク・ブルックリンを拠点とするジャズドラマー Kassa Overall (カッサ・オーバーオール)。自らの音楽を"バックパック・ジャズ "と称する前衛的ニュージェネレーション・ジャズ。世界各地で起こっている強力なクロスオーバームヴメントのニューヨークからの最新回答を聴いていきましょう。
Indie

注目の オーストラリア発 女性ポップシンガー5選【2020】

注目の オーストラリア発 女性ポップシンガー5選。個人的に非常に注目しているアツいオーストラリアの音楽シーン。今回はそんなオーストラリア音楽シーンの中からインディーシーンで活躍する女性ポップシンガー5人をご紹介します。まだまだワールドワイドになってない早耳チェックな内容です。
Indie

【インディ】 アフリカルーツのアートサウンド おススメ3選

インディシーンで活躍している"アフリカルーツのアートサウンド"...最近気になるアフリカルーツのアーティストをご紹介。インディー・ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップ、そしてアフリカルーツの感性をブレンドしたとびきり気鋭のアートサウンドです。
J-POP

SPiCYSOL / No1ジャパニーズ・サーフポップ

『The Surf Beat Music』がバンドコンセプトの4人組バンド、 SPiCYSOL (スパイシーソル)。R&Bやシティポップ、ロック、AORをベースに、「湘南サウンド」を漂わせつつ現代的アレンジによる爽やかでポップなサウンド。絶妙のバランス感覚!と思わせる抜群のセンスは、洋楽ファンもイチコロにさせる「いなせ」さを持っていますね。
Electronic

Jessie Ware / エレガントで知的な極上ポップシンガー

南ロンドン出身のシンガーソングライター、 Jessie Ware (ジェシー・ウェア)。エレガントで女性らしい知的さとソウルフルさが持ち味ですが、新アルバムではエレクトロニックでノスタルジックなニュー・ディスコやクラブカルチャーに根ざしたような表現で、彼女の新たな一面がみられる作品になっています。
洋楽ライフ

【定番】洋楽 ダンスクラシック 20選【ディスコ】

70年代から80年代のディスコブーム、その中でもディスコ全盛期のキラーチューンに絞って ダンスクラシック 基本の"キ"20選。ファンク、ソウル、R&Bから派生したディスコサウンドのセレクトです。今回は、そのカバーやヒップホップサンプリングとして使われた曲も一緒にピックアップしてみたので聴き比べてみてください。
Indie

Kurosuke / インドネシア発のアジアン・インディポップ

インドネシアのインディロックバンド、Anomalyst(アノマリスト)のメンバークリスチャン・アリオ・ウィボウォのソロプロジェクト、 Kurosuke (クロスケ)。80年代のジャパニーズシティポップ、インドネシアのポップスとAOR、現代ドリームポップを掛け合わせた、なんとも甘美でどこか懐かしみのあるメロディはまさにアジアン・インディポップサウンド。
Neo-Soul

Lianne La Havas / カラフルでオーガニックな極上ネオソウル

イギリスのシンガーソングライター、 Lianne La Havas (リアン・ラ・ハバス)。シングルコイルギターの音色が美しいカラフルでオーガニックな世界観。最新アルバムであるセルフタイトル『Liana La Havas』も前作をしのぐ出来栄えの予感がします。
Electronic

いまどき フレンチ・エレクトロポップ 8選【2020】

いまどき フレンチ・エレクトロポップ 8選のご紹介です。フレンチ・エレクトロポップの中からここ最近リリースのあった8組を厳選してご紹介します。今回はどこかオシャレだったりちょっとユルさもある、ポップ志向の強い「フレンチ・エレクトロ」、「フレンチ・ディスコ」でセレクトしています。
Electronic

Sara Diamond / カナダの注目実力派マルチシンガー、期待の日本デビュー

カナダ・モントリオール出身のシンガー、 Sara Diamond (サラ・ダイアモンド)。そのパワフルで表現豊かな歌声は確かに実力十分で、あらゆるジャンルを難なく歌いこなせてしまうところが非常に魅力的です。日本デビューにともない11ものラジオ局で7月度パワープレイやエンディングテーマに選出されていますので、早速チェック!
Pop

Shaggy (シャギー)/ 世界のトップに君臨するレゲエミュージシャン

ワールドワイドなレゲエトップミュージシャンとして君臨している、 Shaggy (シャギー)。数々のビッグヒットとグラミー賞ノミネート(7回)、および受賞(2回)を誇り、最近ではStingとのコラボレーションも好評。今回は新作『Hot Shot 2020』収録曲+αでシャギーの代表曲を聴いていきます。
スポンサーリンク