Hip Hop

【次はこれ聴け】80年代 ヒップホップ 【基礎知識②】

前回『まずはこれ聴け』に引き続き、現代(和洋含めて)ヒップホップのルーツともいうべき80年代後半の歴史的なグループにスポットを当てていきます。今回は4アーティストをセレクト。ヒップホップ好きを公言するのであれば必携アイテムです。ではいきましょう。
Hip Hop

【まずはこれ聴け】 80年代ヒップホップ 【基礎知識】

"80年代ヒップホップ"・・・70年代初頭、ニューヨーク・ブロンクスのストリートで産声を上げた「ヒップホップ文化」。コミュニティ・パーティのDJから始まったその音楽文化は瞬く間に世界に広がり、いまやロックをしのぐポピュラーミュージックとして君臨しているジャンルでもあります。ヒップホップの「基礎教養」として必ず押さえておいてほしい9グループを紹介します。
playlist

【作業BGM】作業がはかどるチルな 洋楽プレイリスト 【無料】

【作業BGM】作業がはかどるチルな 洋楽プレイリスト 。なかなかハマるプレイリストが見つからなかったり、自分で作ったものはどこか飽きてきてしまったり。視野がひろがらないなぁ、なんてこともありますよね。あまり有名な曲はありませんが、BGMにはちょうど良い聴き流せるタイプの曲でセレクトしています。あなたにハマるかどうかはわかりませんが、よかったら活用してください。
スポンサーリンク
Pop

Donny Benét / ドニーベネットって誰?はっきり言っておススメです!

シドニー出身のマルチプレイヤー、プロデューサー、シンガーの Donny Benét (ドニー・ベネット)。イイです。すごくイイです!ボクも最近知った人ですが、なんかその一貫したヤボッたさに妙に惹かれます。音楽性も容姿も、頭皮の説得力がハンパないです(関係ないか)。
R&B

【インディR&B】2020年注目すべき 女性アーティスト 7選

これからブレイクしてきそうな注目の若手女性アーティストを7人ご紹介します。ベーシックなソウルを基本に、生音中心のピュアな楽曲構成、そしてSNSを中心にバイラルしていくイマドキのインディR&Bの世界。耳の早い洋楽ファンは必ずチェックしておきたいインディR&B系アーティストです。
洋楽ライフ

【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選

『洋楽を使ったCMソング』をテーマに今回は、【90年代】CMで使われている 定番洋楽ソング 7選と題して、CMで使われていた1990年代の定番曲を振り返ってみます。当サイトでは車のCMで使われていた洋楽ソングを紹介しましたが、今回は年代でソートしてみました。
Hip Hop

KAYTRANADA / カナダの今最も注目すべきプロデューサー

ハイチ系カナダ人のDJ、プロデューサー、リミキサーとして2010年代以降のエッジ系ヒップホップシーンにおいて最も注目すべきプロデューサーの一人となった Kaytranada (ケイトラナダ)。2019年暮れに待望のセカンドアルバム、『BUBBA』がリリースされています。前作『99.9%』をよりゴージャスに成熟させた素晴らしい内容をレビューしていきましょう。
Indie

BENEE / いま話題のニュージーランド産ポップスター!

ニュージーランド、オークランド出身の新星シンガーソングライター、Stella Rose Bennettのソロプロジェクト、BENEE(ベニー)。明るくはつらつとしたキャッチーなサウンドが、限りなくフレッシュで爽やかに心突き刺さること間違いなし。超おススメなので掘り下げてレビューしていきたいと思います。
Jazz

Tom Misch & Yussef Dayes / 運命の出会い! What Kinda Music

Tom Misch & Yussef Dayesによるロンドンジャズシーン要注意人物同士のコラボレーショ・アルバム、"What Kinda Music"が登場!相変わらずのクレイジーで天才的なユセフのドラミングとセンス抜群のトムのコード進行は、どの曲もエクスペリメンタルでいて二人の絶妙なケミストリーが織りなす珠玉の内容。またもやロンドンから世界をリードする「音」が発信されました。
Electronic

【 チルホップ 】チルなダウンビート系アーティスト6選【2020】

 チルホップ 、エレクトロニック系ダウンビート、ローファイ・ヒップホップ系のクリエイター、アーティストを特集します。チルホップとは、ヒップホップのビートメイクを源流としたサンプリングミュージックで、ジャズやボッサのメロディを活用した「チルな」ヒップホップ。注目のアーティストの最近のリリースを中心に6選お送りします。 
Electronic

Potatohead People / カナダ発の夜型ブギーファンクデュオ

カナダ、バンクーバーを拠点にするヒップホップ/エレクトロニックプロダクションデュオ、 Potatohead People (ポテトヘッド・ピープル)。90年代半ばのR&Bマナーなものから、現代的フューチャーソウル、ディスコブギーなものまでモダンでジャジーな、雰囲気のある夜型ブギーファンクを展開しています。
R&B

Stevie Wonder / 70年代 おススメ名曲集

言わずと知れたソウル・レジェンド、盲目の天才。1961年から現在まで活躍するスーパースター、 Stevie Wonder (スティービー・ワンダー)。数々のアルバム、名曲を世に送り出し、もうすべてのアルバムが名盤と言っても過言ではない作品群の中から、今回はサクラタップス音楽部視点で、スティービーワンダーの黄金期ともいえる70年代の作品から厳選10曲をお送りします。
スポンサーリンク