Crossover Jazz

Kiefer LAビート界とジャズ界を渡り歩く新星ピアニスト

投稿日:2018年7月26日 更新日:

Pocket

LAで活動するピアニスト兼プロデューサー、Moses SumneyやTerrance Martinとの共演やMndsgnとのコラボレーションによりLAの人気レーベル、Stones Throwと契約し今年6月にアルバム「Happysad」をリリースした、Kiefer Shackelfordこと” Kiefer “(キーファー)。

Stones Throwらしいヒップホップやエレクトロベースなビートと、美麗なピアノメロディが織り成すグルーヴ感は、ウェストロンドンのクロスオーバーとはまた違った、アメリカらしいと言えばアメリカらしい魅力に溢れています。

また、Josef Leimberg(ジョセフ・ラインバーグ)やJeff Parker(ジェフ・パーカー)、Terrace Martin(テラス・マーチン)とも共演するLAジャズ界の気鋭トロンボーン奏者Jonah Levine(ジョナ・レヴィーン)によるコレクティブにもピアニストとして参加。

LAを中心とするビート界とジャズ界を渡り歩く注目の人物になっていきそうです。

Review

おススメ曲。アルバム「Happysad」からのファーストカット、ポジティブなビートとピアノがスムーズに溶け合う”What A Day”。FMラジオのジングルとかに使われそう。

 

歪んだシンセのループとざらついたピアノ音がチルなダウンビート、”AAAAA”

 

前作アルバム「Kickinit Alone」より。詰まり気味のビートと詰まり気味のピアノのハズし方が絶妙で結構エクスペリメンタルな”reinvent yo Self”

この前作アルバムも結構おススメです。

Kiefer が参加しているJonah Levine Collectiveから。Kendrick Lamarの”For Free”を超絶ジャズカバー!ピアノソロもかっこいい!

 

ということで今注目したい、LAビート界とジャズ界を渡り歩く新星ピアニスト、 Kiefer でした。

最新作「Happysad」の試聴はこちらからも。

前作、「Kickinit Alone」もかなりイイです!


ジャズランキング

-Crossover, Jazz
-, ,

執筆者:

関連記事

Yazmin Lacey 控えめながらも優美で心地良いネオソウル

イギリス、ノッティンガムをベースに活動するネオソウルシンガー。ロック、ヒップホップ、ジャズ、モータウン、エレクトロニクスを融合したサウンドとオーガニックなヴォーカルがマッチした、控えめながらも優美で心 …

Zoe’s Shanghai / バルセロナ発のレアルネオ・ソウルバンド

スペイン、バルセロナを拠点にメインボーカル&ギターのZoé Renié(ゾー・レニー)ベースのAlex Molas(アレックス・モラレス)、ドラムのAurélien Landy(アウレリアン・ランディ …

RAH Band / 80年代 魅惑のチープエレクトロ

イギリスのプロデューサー、アレンジャー、マルチインストゥルメンタリストであるRichard Anthony Hewsonによるプライベートプロジェクトとして、彼の名の頭文字3文字で名付けられたバンド、 …

Mocky / Music Save Me 極上の音楽世界

カナダ出身でロンドン、アムステルダム、ベルリン、と移住し現在はLAで活動するプロデューサー、ソングライター、マルチインストルメンタリスト、Dominic “Mocky” Sal …

Tom Browne / ミスター”Funkin’ For Jamaica”

ニューヨーク、クイーンズ出身で今なおニューヨークジャズシーンを中心に活動を続けるジャズ・トランぺッター、ミスター”Funkin’ For Jamaica“こと、 T …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。