Ezra Collective / ロンドンNo1 アフロジャズ・クインテット

Ezra CollectiveCrossover
Pocket

ロンドンを代表するジャズ・ファンク・ユニット、 Ezra Collective (エズラ・コレクティヴ)。

2016年にリーダーのFemi Koleoso (drums)、TJ Koleoso (bass)のコレオソ兄弟、ロンドンジャズシーンの水先案内人 Joe Armon-Jones (keys)、 Dylan Jones → Ife Ogunjobi(trumpet)、 James Mollison (saxophone)で結成され、デビューEP『Chapter 7』をリリース。

翌年にリリースされたデビューアルバム『Chapter 7 + Juan Pablo:The Philosopher』はジャイルス・ピーターソンのWorldwide Awardsでベストアルバムにピックアップ。

Kamaal Williams、Sons Of Kemet、Comet Is Comingらとともに2010年代後半のロンドン・アフロ・ジャズシーンの重要ユニットとして頭角を現し、そのワイルドでエネルギッシュなライヴ・ギグでも注目を集め、Loyle Carner、Jorja SmithKOKOROKOらとのセッションワークなどでも活躍しています。

2019年『You Can’t Steal My Joy』を経て2022年11月に3rdアルバム『Where I’m meant Be』をリリース。

ヒップホップ、R&B、アフロ キューバン、ジャズ、ダブカルチャーなどの黒人のディアスポラ音楽を集結させ、ジャズを連動的なパーティミュージックとして捉えたライヴ感溢れるサウンドが満載です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ezra Collective : レビュー

3rdアルバム『Where I’m meant Be』のオープナーは、ザンビア育ち、オーストラリアのラッパーSampa The Greatをフィーチャーしたパワーあふれるヒップホップ・アフロ・ジャズチャント。

Ezra Collective – Life Goes On (Feat. Sampa the Great) (Official Video)

 

小刻みなスタッカートとパワフルなホーンが牽引するカリビアンアフロジャズ。

Ezra Collective – Victory Dance (Official Video)

 

San Raの同名曲を女性ボーカルNaoをフィーチャーしオリジナルとは別解釈なコズミックな感じに仕立て上げています。

Ezra Collective – Love In Outer Space (feat. Nao) (Official Visualiser)

 

前作『You Can’t Steal My Joy』より、Jorja Smithとのクールなコラボレーション。

Ezra Collective – Reason in Disguise feat. Jorja Smith

 

SET LIST “Victory Dance” “Welcome To My World” “Chapter 7”

Ezra Collective: Tiny Desk Concert

 

ロンドンNo1 アフロジャズ・クインテット、 Ezra Collective (エズラ・コレクティヴ)でした。

2023年3月にはビルボード東京、大阪でのライヴ公演も決定しています!

Ezra Collective|イベント詳細|ビルボードライブ東京|Billboard Live(ビルボードライブ)
活況をみせるUKジャズ・シーンを牽引する最注目バンド、エズラ・コレクティヴがビルボードライブに登場...