少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Crossover Electronic

Lord Echo ニュージーランド産レゲエ・ダブの鬼才

投稿日:

Pocket

ニュージーランドを拠点とするマルチインストゥルメント、プロデューサー、エンジニア、DJであり、レゲエ、ダブ、ロックステディ、ラテン、ディスコ、アフリカンソウル、テクノを操り世界各国で人気を集めるMike Fabulous(マイク・ファビュラス)によるプロジェクト、" Lord Echo "(ロード・エコー)。

元々、レゲエ・ダブ・バンド“ザ・ブラック・シーズ”のギタリストだったこともあり、レゲエ・ダブを中心にオーガニックなソウルからエレクトロニックまで幅広いジャンルで表現しつつも、どこか一貫性のある世界観が広がります。

ちょうど、当ブログでも紹介したThievery Corporationに近いアプローチですね。

特にレゲエ・ダブは非常に洗練されていると思います。本場ジャマイカンの濃厚さはないですが、ライトなながらも本格的なダブテクニックと現代クラブミュージック的なセンスで初心者からクラブフリークまで幅広く受け入れられるのではないでしょうか。個人的にも非常に好きです。

Discography

Melodies (2010)
Curiosities (2013)
Harmonies (2017)

Review

#1 .「Melodies」から。Sister Sledgeの1979年ヒットソング"Thinking Of You”のレゲエカバー。この曲で Lord Echo の名が広まったといってもこごんではないでしょう。

 

#2. マニアックですがカッコイイ。ナイスセンス!ダブとまさにコズミックなファンク、ソウルのエッセンスを合わせたような"Cosmic Echoes"

 

#3. メロディアスなレゲエリズムと囁くようなボーカルが心地良い"Bohemian Idol"

 

#4. Lonnie Liston Smithを彷彿させるようなコズミックでアーシーなソウルジャズ的インストルメンタル"Arabesque"

 

#5. おススメ。同郷の"Electric Wire Hustle"のボーカルMara TKをフィーチャーしたディスコチューン"Just Do You" 東京を舞台にしたMVもGood

 

最後はこちらもカバー。"O'Jays"の"I Love Music"をレゲエカバー。"Thinking Of You”に並ぶナイスカバー!

Lord Echo でした。他にもおすすめしたい曲盛沢山!3つもアルバムどれもクオリティ高いです。

各アルバムの試聴はこちらからも。




DJランキング

-Crossover, Electronic
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。