Audrey Nuna / 無性に気になるコリアン・アメリカンシンガー

スポンサーリンク
audrey nunaElectronic
Pocket

ニュージャージー生まれでNYで活動するコリアン・アメリカンのシンガー、ラッパー Audrey Nuna (オードリー・ヌナ)。

16歳のときにすでにJay-Z主宰のマネジメント会社、ROCネーションのプロデューサーであるAnwar Sawyerに見いだされ、その2年後の2018年シングル『80deg』でデビュー。

なかなか認知されることが難しいアジアをバックグラウンドとしたR&Bシンガーですが、徐々にその実力が注目されることとなり、遂に2019年メジャーレーベル、ソニー・アリスタと韓国系アメリカ人女性アーティストとして初めて契約。

特にメジャー契約を契機にその才能が一気に花開いた感があり、エキセントリックで弾けたラップとクリアなボーカルのコントラスト、エレクトロニック、トラップ、R&Bを遊び心あるブレンドでグイグイと迫ってくるサウンドメイクは、アフリカン・アメリカンでもアングロサクソン系とも違う、彼女自身のキャラクターも含め独特の雰囲気を醸し出す次世代アジアン・ポップといっても良い魅力的な光を放っています。

そのキャラクターはファッション業界でも注目されつつあり、中国系アメリカ人が立ち上げたNYのジェンダーレスブランド、アートコミュニティ、BOBBLEHAUSとのコラボレーションブランド「NUNAHAUS」の展開などNYにおけるアジア系アーティストとしてブレイクしていきそうな存在です。

現在はシングルのみのリリースが続いていますが、アルバムやEPリリースもそう遠くないと思われるので、ここで先取りレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Audrey Nuna

damn Right

レトロエレクトロニックなヒップホップビーツに、いなたくもクセになりそうなラップとクリアなボーカルが、PV含めてなにかすごく刺激的で惹きつけられる作品。

AUDREY NUNA – damn Right

DJ Snakeによるフューチャーベースリミックス。

AUDREY NUNA x DJ Snake – damn Right (Pt.2)

 

Time

2019年ソニー・アリスタ契約第一弾。重めのドラムビートにスムースなボーカルが乗るR&B。

AUDREY NUNA – Time (Official Video)

 

Paper

ミディアムトラップビートと無機質なシンセ、メロディアスなボーカルコントラストが素晴らしい。

AUDREY NUNA – Paper (Official Video)

 

Comic Sans feat. Jack Harlow

この無機質感とキテレツ感はミッシー・エリオット級の非常にクセになる作品。好きです。おススメ。

AUDREY NUNA – Comic Sans (Official Video) ft. Jack Harlow

 

Last Song

パク・ジェボム、pH-1とのコラボによるコリアンアメリカン・アンセム。

Last Song – pH-1, Jay Park, Audrey Nuna (Official Audio)

 

88Rising / Audrey Nuna performs

アジアンカルチャーの一大プラットフォーム、88RisingでのライヴパフォーマンスはTOYOTA USAが提唱する音楽を通して文化を成長させる取り組み「TOYOTA Music Den」が協賛。

Audrey Nuna performs "damn Right" and "Comic Sans" at DOUBLE HAPPINESS ❄️❄️

 

まとめ

無性に気になるコリアン・アメリカンシンガー、ラッパーのAudrey Nuna(オードリー・ヌナ)でした。

YaejiTOKiMONSTAなど韓国系アメリカ人アーティストの活躍も目立つようになってきましたね。Joyce WriceSen Morimotoら日系アーティストも含めて2020年代はアジア系アーティストの躍進が期待されます。