グラミー賞 2020 ノミネート曲レビュー(R&B、Rap、Electronic Music編)

Electronic
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第62回2020年 グラミー賞 のノミネート曲、アーティストが発表されたので、サクラタップス音楽部的視点で注目曲を紹介していきます。

勢いあまって前回メインカテゴリー編でも一部紹介していますが、今回はR&B、Rap、Dance/Electronic Music編をお送りしていきましょう。

2020/1/27追記;#受賞ソング/アーティストを表記

メインカテゴリー編はこちら。

 

H.E.R. – Could’ve Been ft. Bryson Tiller

今回は最優秀楽曲(HARD PLACE)、最優秀アルバムにもノミネートされているH.E.Rですが、ベストR&Bパフォーマンスでもブライソン・ティラーとのデュエット曲がノミネートされてます。昨年の新人賞からH.E.Rは常連になりつつありますね。

H.E.R. – Could've Been (Official Video) ft. Bryson Tiller

 

Anderson .Paak Ft. Smokey Robinson – Make It Better

きましたね、アンダーソン・パクの最新アルバム、VenturaはベストR&Bアルバムからのノミネートですね。Rapじゃないんだな。こちらは御大スモーキーロビンソン客演によるスムースR&B。

Best R&B Performance受賞!

Anderson .Paak – Make It Better (ft. Smokey Robinson) (Official Video)

 

Black Pumas – Black Moon Rising

最優秀新人賞ノミネートの一組、ちょっとウィナーは厳しいかもしれないけど、このユニットのギタリスト/プロデューサーであるAdrian Quesadaは2011年にgroup fantasmaでの受賞経験ありの実力派。

Black Pumas – Black Moon Rising (Official Music Video)

 

Nipsey Hussle – Racks In The Middle (feat. Roddy Ricch & Hit-Boy)

今年3月31日に銃撃され亡くなったNipsey Hussleが涙のノミネート。ベストラップパフォーマンスにはこの”Racks In The Middle”、#Best Rap Performance受賞!

Nipsey Hussle – Racks In The Middle (feat. Roddy Ricch & Hit-Boy)

 

DJ Khaled – Higher ft. Nipsey Hussle, John Legend

Nipsey Hussle関連ではもう一曲、DJ Khaled、John LegendとのパフォーマンスがBest Rap/Sung Performanceでノミネート。

Best Rap/Sung Performance受賞!

DJ Khaled – Higher ft. Nipsey Hussle, John Legend

 

Tyler, The Creator – IGOR

前作の「Flower Boy」が個人的に大傑作でずっと聴いてましたが、このIGORも相変わらずの変態的な世界観が心地良いOdd Futureのリーダー、Tyler, The Creatorはベストラップアルバムにノミネート!

 Best Rap Album受賞!

EARFQUAKE

 

Lil Baby x Gunna – Drip Too Hard

アトランタ出身の人気沸騰中の気鋭ラッパーLil Babyと同じジョージア州出身のラッパーで最近頭角を現しているGunnaのカップリング。サクラタップス5月のBGMにも収録されている”Drip Too Hard”はBest Rap/Sung Performanceにノミネート。

Lil Baby x Gunna – "Drip Too Hard" (Official Music Video)

 

 

The Chemical Brothers – (No Geography) – Got To Keep On

イギリスを代表するテクノ・エレクトロニックミュージックユニット、9作目となるオリジナルアルバム「No Geography」はもう安定の出来栄え。この”Got To Keep On”がBest Dance Recordingでのノミネート。アルバムもBest Dance/Electronic Albumでノミネート

ソウルトレイン風のグループダンスからダンサーの手足が融合していくちょいキモMVはフランスの映画監督ミッシェル&オリビエゴンドリー兄弟作品。

Best Dance Recording、Best Dance/Electronic Album受賞!

The Chemical Brothers – Got To Keep On (Official Video)
ゆるふわギャングのNENEをフィーチャーした日本語ラップも登場する”Eve Of Destruction”もおススメ。
The Chemical Brothers – Eve Of Destruction

 

Bonobo : Linked

ベテランの域に達した感のあるSimon Green=Bonoboの2017年『Bambro Koyo Ganda』に続くBest Dance Recordingでのノミネート。

Bonobo : Linked (Official Audio)

 

Tycho – WEATHER – Pink & Blue (RAC Mix)

こちらもベテランエレクトロ・ダウンテンポプロデューサー、TycoのNinja Tuneからのアルバム「Weather」が2016年「Epoch」に続くBest Dance/Electronic Albumでのノミネート

Tycho – Pink & Blue (RAC Mix) (Official Audio)

 

まとめ

以上、グラミー賞 2020 ノミネート曲レビュー(R&B、Rap、Electronic Music編)でお送りしました。なんかとっ散らかってる気もしないではないですが、随時整理、もしかしたら追加していきます。

そして次回はJAZZ編も作成します。

 


洋楽ランキング