Hip Hop

Anderson .Paak / ジャンルを超越する次世代ヒップホップリーダー

投稿日:2018年11月23日 更新日:

Pocket

カリフォルニア州Oxnard(オックスナード)出身のドラマー、ボーカリスト、ラッパーとして、ジャンルを超越した次世代ヒップホップシーンをリードする存在となった Anderson .Paak (アンダーソン・パク)。

2018年11月16日にAnderson .Paak名義での3作目にあたる新作、生まれ故郷である街の名前である「Oxnard」をリリースしています。

彼は名前の通り、韓国系(母親)アメリカ人。(ここでは割愛しますが)いろいろと苦労、”Breezy Lovejoy”という名義での下積み活動を経て、2014年アルバム「Venice」でAnderson .Paak名義デビュー。

このアルバムも”Might Be”や”Put You On”等秀逸な曲が多く、西海岸ファンクマナーでありながらも叙情的で表現豊かなインストルメントと歌とラップとスポークンワードの狭間のような多彩性のあるボーカル表現を十分に示されていて、その独特のアーティスティックな存在感が印象的でした。

そして2015年、Dr.DRE待望の復帰作「Compton」で大々的にフィーチャーされたことで一躍注目を集め、2016年にはグラミー賞の「ベスト・ニュー・アーティスト」と「ベスト・アーバン・コンテンポラリー・アルバム」の2部にノミネートされることになる名盤、「Malibu」をリリース。

その後も当ブログでも取り上げたKnxwledge(ノレッジ)とのコラボレーションプロジェクトであるNxWorriesでの活動も記憶に新しい中での最新作リリース。

エグゼクティヴ・プロデューサー、ミキシングに西海岸のドン、Dr.DREを迎え、.Paakとはお馴染みの9th Wonder、Chris Dave等のプロデューサー陣、ゲストには当ブログでも紹介済みの新鋭女性ボーカリストKadhja Bonet、Kendrick Lamar、Snoop Dogg、J. Cole、Pusha T、BJ The Chicago Kid、Q-Tip等々強力です!

Review(レビュー)

 Anderson .Paak – TINTS (feat. Kendrick Lamar)

「Oxnard」からのファーストカット。気持ち良いグルーヴトラックに、パクとラマーの掛け合いが織り成すパステルブギー。

 

Who R U?

「ドラム弾き語りラップ」的なタイトな曲。

 

The Chase (feat. Kadhja Bonet)

映画のワンシーン、サウンドトラックのような70年代シネマトラックがKadhja Bonetの世界観ともリンク。

 

Cheers feat. Q-Tip

高速でシャープなフロウでQ-Tip健在を印象付ける一曲。後半のジャジーな展開もGOOD

 

Anywhere (feat. Snoop Dogg & The Last Artful, Dodgr)

お気に入り。90年代G-Funkをメロディアスでグルーヴィにアップデート!

 

Anderson .Paak& The Free Nationals: NPR Music Tiny Desk Concert

リピート視聴必至。Tiny Desk Concert5本指に入るベストライヴ。

<Set List>

“Come Down”
“Heart Don’t Stand A Chance”
“Put Me Thru”
“Suede”

まとめ

ジャンルを超越する次世代ヒップホップリーダー、Anderson .Paakの新作「Oxnard」を中心に紹介しました。

DreのAftermathからのリリースということもあり、前作「Maribu」よりもウェストコーストファンク色が強くなっている印象がありますが、予想通りのハズレなしアルバムですよ!是非全曲試聴してみてください。


ソウル・RBランキング

-Hip Hop
-,

執筆者:


  1. […] グラミーにもノミネートされ今や次世代ヒップホップシーンを牽引しているといっても過言ではない、ドラマー&ラッパー、Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)とFlying Lotusと双璧を成すL.A.ビート界のカリスマ、Knxwledge(ノレッジ)による NxWorries をご紹介。 […]

  2. […] / Alexis Evans The Man / Aloe Blacc Dorothy’s Verses / Amahla River / Amahla Make It Better / Anderson .Paak feat. Smokey Robinson Shea Butter Baby (with J. Cole) / Ari Lennox Black Moon Rising / Black Pumas […]

関連記事

Buddy / コンプトン出身の新鋭ラッパー

LA、コンプトン出身の若手ラッパーでファレル・ウィリアムスが主宰するレーベル”i am OTHER”と契約後、現在はWiz Khalifaなどが所属するCool Lil Com …

Lack Of Afro ヴィンテージ感がハンパないソウル!

イギリスのリミキサー、プロデューサー、DJ、ピアノやサックス、ギターなどのマルチインストルメンタリストであるAdam Gibbons(アダム・ギボンズ)のプロジェクト、” Lack Of …

Mura Masa 小さな島からの最先端エレクトロミュージック

イギリスとフランスとの中間、イギリス海峡に浮かぶガーンジー島(イギリス領)という小さな素朴そうな島出身でありながら、クラブ系エレクトロミュージックの先端を走る気鋭の若手” Mura Mas …

Phony PPL / ブルックリン発のヒップホップ~ネオ・ソウルバンド

2010年からニューヨーク、ブルックリンで活動する、ヒップホップ、R&B、ネオソウルをベースにした5ピースコレクティブ、 Phony PPL (フォニー・ピープル)。 デビュー当時は9人編成で …

Channel Tres / 洗練された現代版ヒップハウス

カリフォルニア州コンプトン出身のDJ、プロデューサー、 Channel Tres  (チャンネル・トレス)。 コンプトンといえばGファンク。NWA、Dr.DRE、The Game、Kendrick L …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。