Alice Ivy / 「Shot on iPhone」で人気急上昇の新鋭プロデューサー

Alice IvyElectronic
スポンサーリンク
Pocket

オーストラリア・メルボルンを拠点に活動するエレクトロニック・プロデューサー、Annika Schmarselのステージネーム、 Alice Ivy (アリス・アイビィ)。

10代のころから作曲をはじめ、学生時代にはバンドでギターを担当しMontreux Jazz Festivalにも出演するほどで、その後ラップトップでの音楽制作に傾倒していき、2015年シングル『Charli』でデビュー、オーストラリアのラジオ局「トリプルJ」が毎年行っているListen Out Competitionで2016年のWinnerを獲得。

2018年デビューアルバム『I’m Dreamingをリリース。ソウル、ヒップホップ、エレクトロニック・ポップを横断したサンプリング・ブレイクビーツの使い手として国内を中心に脚光を浴び数々のフェスティバル、ライヴに出演。

2020年には2ndアルバム『Don’t Sleep』がリリースされ、前作よりもキャッチーさが増したエレクトロニックサウンドが展開されていて、その中の『In My Mind』がiPhoneの最新CM(Shot on iPhone)で起用され世界的にもここ日本でも認知度が急上昇してきそうです。

かくいう筆者もこれまでノーチェックだったこのAlice Ivy、ここでその音楽性をレビューしていきたいと思います。

 
スポンサーリンク

Alice Ivy : レビュー

In My Mind feat. Ecca Vandal

2ndアルバム『Don’t Sleep』より「Shot on iPhone」グローバルキャンペーンテーマソング。

南アフリカ生まれ、スリランカを拠点にするシンガー、ラッパーのEcca Vandal(エッカ・ヴァンダル)をフィーチャーしたキラキラシンセがキャッチーなゆるふわエレクトロニックポップ。

Alice Ivy – In My Mind ft. Ecca Vandal

 

 

Better Man feat. Benjamin Joseph

オーストラリアのインディポップバンド、SafiaのボーカリストでもあるBenjamin Joseph(ベンジャミン・ジョセフ)をフィーチャーした、MV含めてJessie Wareの『Step Into My Life』を思わせるモダンエレクトロニカ・ファンク。

Alice Ivy – Better Man (feat. Benjamin Joseph)

 

 

Sunrise feat. Cadence Weapon

カナダのラッパー、Cadence Weapon(ケイデンス・ウェポン)をフィーチャー。ギター、ホーンなどのカラフルなサンプリングコラージュが素晴らしいポップセンス炸裂のトラック。おススメ。

Alice Ivy – Sunrise ft. Cadence Weapon

 

 

Don’t Sleep feat. imbi the girl, BOI

シドニーのポエトリーシンガー&ラッパー、imbi the girlとエレクトロポップシンガー、BOIの女子3人によるアルバムタイトルトラックは、きらめくシンセとレゲエリディムを取り入れたロッキングビート。

Alice Ivy, imbi the girl, BOI – Don't Sleep

 

 

Be Friends feat. Cazeaux O.S.L.O, Tim De Cotta

1stアルバム『I’m Dreaming』より。DJ DayのようなLA系サンプリングブレイクビーツで、疾走感とブレイクへの展開が新鮮な爽快ヒップホップ。

Alice Ivy – Be Friends ft. Cazeaux O.S.L.O, Tim De Cotta

 

 

Touch ft. Georgia Van Etten

こちらも1stアルバム『I’m Dreaming』より。カラフルに展開するサンプリングコラージュは同郷メルボルンのヒーロー、The Avalanchesにも通ずる大胆さとポップセンスに溢れています。

Alice Ivy – Touch ft. Georgia Van Etten
ALICE IVY – TOUCH / CHARLIE (BalconyTV)

 

まとめ

メルボルンの人気急上昇中新鋭プロデューサー、Alice Ivy(アリス・アイビィ)でした。

本文中にも触れたようにDJ DayThe AvalanchesのようなサンプリングブレイクブレイクビーツとLouis The ChildMura MasaSG LewisTOKi MONSTAなどの洗練された現代エレクトロニック・ポップともしっかりシンクロしていて、これはなにげにスゴいアーティストが出てきたように思います。

2ndのよりポップでエレクトロニックに傾倒した内容も良いですが、1st『I’m Dreaming』の作りこまれたサンプリングコラージュがかなり秀逸の出来なのを今回のレビューで知りました。これはちゃんと聴いておいたほうがいいおススメ作品ですよ!