Hudson Mohawke / レイヴとヒップホップが融合する天才ビートメイカー

Hudson MohawkeElectronic
Pocket

スコットランド、グラスゴー出身のDJ、先進的ビートメイカー、プロデューサーとして活躍するRoss Birchardのステージネーム、 Hudson Mohawke (ハドソン・モホーク)。

12歳のころからPlayStationで曲作りにハマっていて、その後ターンテーブリストとしてバトルDJのチャンピオンシップ、DMCのUKセクションに15歳でファイナリストになり最年少記録を樹立。

レイヴの感性とヒップホップ、ファンクのエッセンスを強烈な個性で大胆に、エキサイティングに融合・昇華させたビート・ミュージックは2000年代後半の音楽シーンに大きなインパクトを与え、その後のビートミュージックシーン、Soulection系アーティスト、ポップスの文脈においても多大な影響を与えたといっても過言ではないでしょう。

2008年に初EP『Polyfolk Dance』をリリース、2009年にデビューフルアルバムにしてぶっとびの怪作『Butter』をリリース。2015年『Lantern』では彼の世界観をより分かり易くも直感的でカラフルなストーリー展開で楽しませてくれる傑作。

ド迫力に迫ってくるビートニクスと、時にずっしりと、時にスピーディに移り変わりうねり渦巻く世界にただただ身を任せるだけで、爽快に突き抜ける高揚感をもたらせてくれる天才ビートメイカーが、2020年になって2枚の未発表音源集をリリースしています。

2022年8月12日にはパンデミックにより活動が限定的になっていた彼の待望の3rdアルバム『Cry Sugar』がリリース予定!ということで今までの作品を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

Hudson Mohawke : レビュー

3rdアルバム『Cry Sugar』からのトラックのメガミックスを、映像作家kingcon2k11による鮮烈な映像のティザービデオをドロップ。これを聴いただけでアルバムのかなりのヤバさが伝わってくる期待感爆上がりの内容!

Hudson Mohawke – Cry Sugar (Megamix)

 

Very First Breath feat. Irfane

2015年『Lantern』より3曲。

Breakbotのコラボレイターとしても有名なフランスのシンガー、Irfaneをフィーチャーした力強くもキャッチーさも兼ね備えたファーストシングルでアルバムの人気曲。

Hudson Mohawke – Very First Breath (Official Video) ft. Irfane

 

Resistance feat. Jhené Aiko

R&Bシンガー、Jhené Aikoをフィーチャーした彼の作品では珍しい(?)しっとりしとメロディアスな仕上がり。

Resistance (feat. Jhené Aiko)

 

System

レイヴの影響を感じさせる疾走感と高揚感、独特の展開とずっしりとしたドラムビートがたまらないフロア向け作品。

Hudson Mohawke – System

 

Chimes

Mac Book AirのCMでも強烈な印象を放っていた、図太いベースラインとトラップビートが脳裏に焼き付く2014年の快作。

Hudson Mohawke – Chimes

 

Love Minus Zero

カナダのプロデューサー、Tigaとロンドンとロサンゼルスのスタジオでコラボレーションされた2020年作品。サウンドはHudMo自身が「ハードコアロマンス」と表現した、80年代の質感とエレクトロキーボードのメロディーを重ね合わせた陶酔感のあるレトロエレクトリック・ポップ。

Tiga & Hudson Mohawke – Love Minus Zero

 

 

Joy Fantastic feat. Olivier Daysoul

アルバム『Butter』より。アルバム中でも比較的ポップな部類に入る、ワシントンD.Cのソウルシンガー、Olivier Daysoulをフィーチャーした未来型ヒップホップ/サイケR&B。

Hudson Mohawke – Joy Fantastic ft. Olivier Daysoul

 

Pusha T – Hold On feat. Rick Ross

バージニアの人気ラッパー、Pusha Tの2014年アルバム『My Name Is My Name』では2曲のプロデュースで参加。こちらはKanye Westとの共同プロデュース作品。

Pusha T – Hold On ft. Rick Ross (Explicit Official Video)

 

Monte Fisto

2020年リリースの未発表音源集、『B.B.H.E.』より。太いドラムと勢いのあるシンセ、サイケデリックでスピーディーなパーカッションのモホークビート。

Monte Fisto

 

まとめ

レイヴとヒップホップが融合する天才ビートメイカー、Hudson Mohawke(ハドソン・モホーク)でした。

時代の寵児となった2000年代後半~2010年代にかけての魅力的な作品群から、2020年新ビートテープ『Poom Gems』、『B.B.H.E.』では未発表楽曲を放出してきたわけですが、それを機に今後の動向やどのようにサウンドをアップデートしていくのかが非常に気になっていましたが、すごいのが出てきました。

アルバム必聴です!