Poolside / プールサイドで聴きたいデイタイムディスコ

poolsideElectronic
Pocket

カリフォルニア、ロサンゼルスのDJ、Jeffrey Paradise(ジェフリー・パラダイス)とベーシストのFilip Nikolic(フィリップ・ニコリック)により2010年からスタートしたデュオプロジェクト、 Poolside (プールサイド)

まさにLAのプールハウスの裏庭ではじまったこのプロジェクト。

Daytime Disco』なるものを標榜しており、ウェストコーストらしいライト&メロウなインディダンス/バレアリックサウンドは、昼間にもピッタリなディスコサウンドです。

2018年以降はフィリップ・ニコリックが脱退し、ジェフリー・パラダイスのソロプロジェクトとしてバックバンドを率いての活動となっています。

2012年『Pacific Standard Time』、2017年『Heat』、2020年『Low Season』に続き2021年に『High Season』ではSatin JacketsL’imperratriceNeil Francesなど全曲ゲストを迎えての9曲EPをリリース。

2022年には名盤となった『Pacific Standard Time』の全編インストバージョンをリリースしています。

前述のとおり、ウェストコーストっぽさ満載の内容で、AORやシティポップリスナーまでもカバーするプールサイドで聴きたくなるようなカラッとした西海岸の風を感じるインディダンス作品の数々をレビューしていきます。

 

スポンサーリンク

Poolside : レビュー

オークランドのエレクトロニックデュオ、Brijeanとのカップリングはドリーミーでレイドバック感たっぷりなリラックスエレクトロニック。

Poolside & Brijean – Better When We're Close (Official Audio)

 

Milky Chance & Jack Johnson – Don’t Let Me Down (Poolside Remix)

ドイツのデュオ、Milky Chanceとサーフミュージックのレジェンド、Jack JohnsonのコラボレーションをPoolsideがスムースなデイタイムサーフディスコにリミックス。

Don't Let Me Down (Poolside Remix)

 

Around The Sun feat. Amo Amo

2020年『Low Season』より。おススメ。

西海岸の雰囲気バッチリなトロピカル・ニューディスコ。AOR+ディスコといった感じの心地よいグルーヴ感が堪らなくイイですね。

Poolside – Around The Sun (feat. Amo Amo) (Official Music Video)

 

Can’t Stop Your Lovin’ feat. Panama

こちらも『Low Season』より。

オーストラリア、シドニーのエレクトロニック系注目のプロジェクト、Panama(パナマ)をフィーチャーしたディスコ・ソウル。

Poolside – Can't Stop Your Lovin' (feat. Panama) (Official Music Video)

 

Kinda Lovely

こちらも『Low Season』より。

シンセの浮遊感キラキラ感が際立つダウンビート。プールサイドのBGMにピッタリ。

Kinda Lovely

 

Harvest Moon

2012年作『Pacific Standard Time』より。

Neil Youngの同曲をセンス抜群なウェストコースト的バレアリック・ハウス仕立てにカバー!

Poolside – Harvest Moon
Neil Young – Harvest Moon [Official Music Video]

 

Strange Overtones

2017年『Heat』より。

カリフォルニアの夕日が似合うメロウチューン。どこかドイツのRooseveltParcelsっぽいシンセポップ的作品。

Poolside – Strange Overtones (Official Audio)

 

Poolside : まとめ

プールサイドで聴きたい”デイタイム・ディスコ“バンド、Poolside(プールサイド)でした。

ロック、ポップファンにも聴いてもらいたいバレアリック~エレクトロニックサウンドです。夏にかけて楽しみたい内容ですね。