少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Electronic Indie

Parcels / 注目の若手シンセポップ・バンド

投稿日:

Pocket

オーストラリア出身で高校卒業後にベルリンに移住し活動する、70年代ディスコサウンドや80年代リバイバルなポップを展開する5ピースバンド、 Parcels (パーセルズ)

Daft Punk初のプロデュースで話題になった2017年リリースの"Overnight"、このバンドの象徴的なシンセポップサウンド、"Hideout"を、フランスの音楽シーンにおける重要レーベルである「Kitsune」からリリースし今注目されているバンドです。

そして、2018年10月12日に待望のデビューアルバム、"Parcels"がリリースされました。

 

アルバムリリース前からシングルカットされていた上記2曲の他、爽快なサーフロックを思わせる「Tieduprightnow」や'70年代の光り輝くディスコダンスフロアのような「Lightenup」など、70年代~80年代ポップスシーンリバイバルと、現代のシンセポップトレンドを見事に融合させたサウンドがParcelsのサウンドとして確立されてきた中でのアルバムリリースということで、1stアルバムから完成度高いのではないかと期待が持てます。

 

 

Review(レビュー)

Overnight

聴けばすぐにそれとわかるダフトパンクプロデュース作。

 

 

Hideout

ノスタルジックさと哀愁漂うParcelsサウンド!

 

 

Tieduprightnow

爽やかな春夏向けサーフサウンド

 

 

Lightenup

70年代的だけどイマドキなディスコ・ポップサウンド

 

 

Allaround

ダフトパンクプロデュースではないですが、どことなく"Random Access Memories"の続きのようなシンセポップ。

 

 

Parcels - Herefore  Sofar London LIVE

2016年のロンドンでのライブシーン、高校卒業したてなんじゃないかな・・・でこのクオリティ。

 

まとめ

注目の若手5ピースシンセポップ・バンド、 Parcels でした。

まだまだフレッシュな5人組ですが、サウンドがかなり完成されていますね。

BreakbotやJusticeなどのEd Bangerレーベル勢ともリンクしそうなヨーロッパ・シンセポップサウンドでした。

 

 

 


洋楽ランキング

-Electronic, Indie
-

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。