Neo-Soul

Neo-Soul

James Tillman / 大人のモダン・フォーキーソウル

ワシントンDC出身でNYを拠点に活動するシンガー James Tillman (ジェームズティルマン)。シャープでダンディ、そしてセクシー。そんなオトナ感満載な、東海岸っぽいクレバーさと緻密さを持ったサウンドワークによるモダン・フォーキーソウルが繰り広げられています。
Neo-Soul

Greentea Peng / 独特なオーラを放つサイケデリックスR&B

サウスロンドン出身のシンガーソングライター、 Greentea Peng (グリーンティ・ペン)。個性派ぞろいのロンドン音楽シーンの中でもひときわ個性的なオーラを放っている存在。独特の存在感とダブ、レゲエ、ジャズ、ソウル、エレクトロニックを複雑に絡み合わせたサイケデリック・R&Bをレビューしていきます。
Neo-Soul

Emily King / 時代を問わない普遍的なサウンド

ニューヨーク出身のポップ・ソウル・シンガーソングライター、 Emily King (エミリー・キング)。ギターを中心としたシンプルなサウンドに、ポップとロック、ソウル、コンテンポラリーR&Bにジャズのエッセンスをブレンドさせた、心に染み入るようなメロディと素朴な歌声による上質な音楽です。
Neo-Soul

Hablot Brown / ブレイク間近の3ピース・ネオソウルグループ

3ピースネオソウルグループ、 Hablot Brown (ハブロット・ブラウン)。LAの話題の最先端レーベルであるSoulectionが新たに立ち上げたレーベル・ライン、「Black Label Series」の第一弾アーティストとして話題となり、2020年にはEP『OPAQUE』をリリース。ブレイク間近の3ピース・ネオソウルグループです。
Neo-Soul

Natalie Slade / オーストラリアの実力派ネオソウルシンガー

シドニーを拠点とするボーカリスト、 Natalie Slade (ナタリー・スレイド)。Hiatus KaiyoteのキープレイヤーであるベーシストのSimon Mavinがプロデュースした注目の実力派シンガー。最近のオーストラリアトレンドをしっかりと捉えつつ、高次元に進化している聴き応えのあるシンガーではないかと思いますのでレビューしていきましょう。
Crossover

【洋楽】90年代ジャジー・ネオソウル 名曲18選【アシッドジャズ】

90年代に有象無象に出現したアーティストの中から現代ネオソウルの礎となるような、アシッドジャズ、レアグルーヴ、ネオソウル、エレクトロニカの定番、名盤、隠れた名曲をセレクトして"あの時代"を振り返ってみたいと思います。いまの時代のネオソウルを語る上でなくてはならない18選です。
Indie

Yellow Days / ロンドンの人気ネオブルース・ソウルシンガー

ロンドン郊外サリーを拠点に活動するマルチ奏者、シンガーソングライター、 Yellow Days (イエロー・デイズ)。"ネオブルース・ソウル"という表現がピッタリと合うような、ヴィンテージソウルと現代UKインディ・ポップが融合されたサウンドと、ハスキーでいて艶と渋みが同居するボーカルがとびきり色っぽい若手シンガー。
Neo-Soul

【洋楽】 次世代オーガニックソウル おススメ8選

"次世代オーガニックソウル"と題し、2020年現在のこれから来そうなフォーク、ジャズ、R&B、ポップスをベースにしたオーガニックソウル系アーティストを特集します。これからの季節にじっくり聴いてみたくなるような曲ばかり、ぜひ最後までお付き合いください。
Indie

【インディ】 アフリカルーツのアートサウンド おススメ3選

インディシーンで活躍している"アフリカルーツのアートサウンド"...最近気になるアフリカルーツのアーティストをご紹介。インディー・ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップ、そしてアフリカルーツの感性をブレンドしたとびきり気鋭のアートサウンドです。
Neo-Soul

Lianne La Havas / カラフルでオーガニックな極上ネオソウル

イギリスのシンガーソングライター、 Lianne La Havas (リアン・ラ・ハバス)。シングルコイルギターの音色が美しいカラフルでオーガニックな世界観。最新アルバムであるセルフタイトル『Liana La Havas』も前作をしのぐ出来栄えの予感がします。
Neo-Soul

Ego Ella May / ロンドン・ネオソウルシーンを担う才女

サウスロンドン出身のシンガー、 Ego Ella May (エゴ・エラメイ)。「すべてのルーツはジャズ」と語るように、ジャズへの深い愛情と尊敬から生まれる優しくもソウルフルなネオソウルミュージック。プロデューサーは盟友Wu-Luをはじめ、新世代ジャズの強力な布陣が控えていてこれはもう間違いない作品です!
Neo-Soul

J.Lamotta すずめ / 華麗に個性を表現するネオソウルシンガー

ベルリンで活動するシンガーソングライター、 J.Lamotta (Jラモッタ)すずめ。ブルース、ジャズ、ヒップホップ、ソウルをベースにしたネオソウル~オーガニックソウルは、彼女の美学とスタイルに裏打ちされた独特でユニークなもの。新作『Brand New Choice』を含め過去作とともにレビューしていきます。
Neo-Soul

Bruno Major / 繊細でクラシカルなロマンティックソウル

イギリスのシンガーソングライター/ギタリスト、 Bruno Major (ブルーノ・メジャー)。繊細でクラシカルなギターサウンドとメロウなソウルミュージック、より深く、しっとりと心に染みわたる叙情的で文学的な風景と甘くロマンティックなブルーノの歌声に酔いしれること間違いなし!
Indie

Nick Hakim / 深みにハマるローファイ・サイケデリックソウル

ブルックリンを拠点に活動するローファイR&B/ソウルシンガー、 Nick Hakim (ニック・ハキム)。サイケデリックでアンビエントな、ひとことでは言い表せないジャンルレスな世界観。2020年5月に『WILL THIS MAKE ME GOOD』をリリース。より深く、よりシャープに磨き上げられたアートのような作品を聴いてみましょう。
スポンサーリンク