James Tillman / 大人のモダン・フォーキーソウル

スポンサーリンク
james tillmanNeo-Soul
Pocket

ワシントンDC出身でNYを拠点に活動するマルチインストゥルメンタリスト、シンガーソングライターの James Tillman (ジェームズティルマン)。

同じワシントンDC出身のMarvin Gayeを彷彿とさせる官能的ロマンシズムとモダニズムの両方を併せもったソウルシンガーとしてNYはもとより日本のソウルファンからも高い評価を得ています。

2014年4月のEP『Shangli LA』でデビュー、各音楽メディアやジャイルスピーターソンのラジオBBC6プログラム、ネクストブレイカー発掘で好評のコンピレーションアルバム『Brownswood Bubblers 11』でピックアップされ高い評価を獲得。

2016年の初アルバム『Silk Noise Reflex』では洗練さとヒューマニティ溢れるジャズ、ヒップホップ、ソウル、R&Bをアコースティックギターを中心にシンプルな構成でブレンドしたネオ・フォーキーソウルを展開。

そして2020年にはアルバム『Modern Desires』、それを前章でフォローアップしたパンデミック中の短編ストーリー的EP『VM2』をリリース。

前作を煮詰めたような、よりシャープでダンディ、そしてセクシー。そんなオトナ感満載な、東海岸っぽいクレバーさと緻密さを持ったサウンドワークによるモダンソウルが繰り広げられています。

スポンサーリンク

James Tillman : レビュー

Arizona

シンガポール発のアンダーグラウンドレーベル、Darker Than Waxの企画によるキュレーションシリーズ第一弾、『Various Channels Vol​.​1: NYC』のアルバムオープナーにセレクトされたシングル。

ドラムのドライブ感が気持ち良いR&B/ソウル。このコンピは他にもJitwan、David Marstonらのディープでセンス良い曲が並んでます。

Arizona

 

Tokyo Love Affair

2020年James Tillman『Modern Desires』より。

本作は過去と未来の二分がテーマとされ、夜~朝の時間軸で語られていくアルバム。その中から来日時の記憶、回想、夢想を表したような東京テーマの作品。

Tokyo Love Affair

 

Keep Rising

2020年『VM2』より。

物静かにパンデミックのなかの心のコントロールを唱えているような内容。

James Tillman – Keep Rising | Audiotree Live

 

Luv 2 U

アトランタのソングライター、Flwr Chyldの2019年『Iridescent Luv』からのコラボレート作品。James Tillman作品とは違ったチル・ヒップホップなビートと緩やかに流れるボーカルが気持ちいい。

Flwr Chyld & James Tillman – Luv 2 U

 

Casual Encounters

Silk Noise Reflex』からの人気曲。

ファルセットボイスが素晴らしい、シンプルだけど奥深いずっと聴いていられるようなピュアソウル。

Casual Encounters

 

And Then

Shangri La』より。橋本徹監修のコンピレーションアルバム『Folky-Mellow FM 76.4』に収録された、ブラジル帰りに作成されたこのEPを物語る南米産アコースティックの雰囲気漂うフォーキーメロウソウルの傑作。

And Then (Official Video)

 

まとめ

大人のモダン・シルキーソウル、James Tillman (ジェームズ・ティルマン)でした。

男らしさと愛情と脆弱性、繊細な人間性を反映したようなサウンドとボーカルに惹きつけられる上質なソウルミュージック。大人の人にじっくりとかみしめて欲しい、そんな作品です。