Hip Hop

Hip Hop

Baker Boy / アーネムランドのフレッシュプリンス

オーストラリア先住民族、アボロジニの血を引くオーストラリア北部ダーウィン出身のラッパー、 Baker Boy (ベイカー・ボーイ)オールドスクールスタイルのフック、ノリの良いフロウは、最近のブルーノ・マース、Silk Sonicに通ずるポップさとオーストラリアならではの歴史と個性が感じられる、なかなか面白くて味わい深いオセアニアン・ヒップホップです。
Electronic

RP Boo / シカゴフットワークカルチャーのレジェンド

シカゴ出身のエレクトロニックミュージック、ジューク/フットワーク・アーティストとしてArpebu、Kavain Space名義でも活動するプロデューサー、 RP Boo (RP・ブー)。シカゴジューク/フットワークのオリジネイターの一人としてこのジャンルを開拓してきたレジェンド。
Hip Hop

Lex Amor / クリエイティブな”ささやき系”ラッパー

ノースロンドン出身のラッパー、 Lex Amor (レックス・エイモア)。ソウルフルでメロウなグルーヴを持つヒップホップサウンドと思慮深いリリックで語り掛ける、”ささやき系"のフロウが心地よく耳にずっと余韻が残る、非常にユニークな特徴を持っています。
Hip Hop

Little Simz / 世界に羽ばたくヒップホップクイーン!

サハラアフリカン、Yorubaの血を引くブリティッシュ・ナイジェリアンのラッパー、 Little Simz (リトル・シムズ)。"エクスペリメンタル・ヒップホップ"を標榜した硬派でディープな表現に加えリリカルで真摯なパフォーマンスで、各メディアから大絶賛されているラッパーです。
Hip Hop

Mick Jenkins / ジャンルを超えて活躍するシカゴの切れ者ラッパー

アラバマ生まれで、シカゴ育ち、シカゴ拠点のラッパー/シンガー、 Mick Jenkins (ミック・ジェンキンス)。シカゴ勢らしいジャンルレスな音作りとクールなフロウが冴える、コラボレイターとしても注目のラッパーです。
Hip Hop

Tank and the Bangas / 唯一無二のディキシー・ヒップホップソウルバンド

ニューオーリンズベースの男女混合ソウル/ヒップホップバンド Tank And The Bangas (タンク・アンド・ザ・バンガス)。 2019年メジャーデビュー作『Green Balloon』がグラミー賞ノミネートによって一躍注目され、着実にキャリアを積んできたディキシー・ヒップホップソウルバンド。
Hip Hop

Mumu Fresh / 圧倒的な存在感を放つラップパフォーマー

ボルチモア生まれ、フィラデルフィア出身のシンガー、ラッパーである Maimouna Youssef の通称であり最近のステージネームである Mumu Fresh (ムム・フレッシュ)。非常にソウルフルでスピリチュアルなパワーハウスパフォーマーとして今後のキャリアに注目です。
Crossover

The Pocket Queen / 爽快でクリエイティブな新星ドラマー

ニューオリンズ出身のドラマー、パーカッショニストTaylor Gordon(テイラー・ゴードン)によるソロプロジェクト The Pocket Queen (ザ・ポケットクイーン)。ハードでエッジの効いた研ぎ澄まされたスキルと、明るくポジティブな印象を与える彼女のキャラクターと相まって放たれる爽快で気持ちの良いグルーヴ感が味わえます。
Hip Hop

Anik Khan / クイーンズのベンガル系ヒップホップアーティスト

バングラディシュ、ダッカ生まれで生まれ、ニューヨークのクイーンズで育ったヒップホップ、R&Bアーティスト、 Anik Khan (アニク・カーン)。 バウンシーなモダンヒップホップからSoulection系のクールなR&Bまで乗りこなすなかなかの才能の持ち主。
Hip Hop

Lava La Rue / ロンドン・ローファイヒップホップ

ウェストロンドンを拠点にするヒップホップアーティスト、Ava Laurelのステージネーム Lava La Lue (ラヴァ・ラ・ルー)。ネオ・ソウルやサイケデリック・ポップのようなローファイ・インストルメンタルに、陶酔感と遊び心のあるふんわりとしたボーカル&ラップが乗る、アーティスティックなアンダーグラウンドUKヒップホップです。
Hip Hop

注目の オーストラリア・ヒップホップ 7選【2021】

最近の"オーストラリア・ヒップホップ"がなかなかアツい!のでまとめてセレクトしてみました。アメリカやイギリスのシーンとは似て非なる実にユニークなスタイルを確立しているオーストラリア・ヒップホップシーンで活躍する、注目の男性アーティスト7人をご紹介していきます。
Hip Hop

Raury / アトランタが生んだ天才の境地

アトランタ出身のシンガーソングライター、ラッパー Raury (ラウリー)。自らも弾き語りするアコースティック、フォークを融合させた、単純に「ヒップホップ、ラッパー」といったカテゴリに収まらない非常にユニークな存在。折衷的次世代ヒップホップの旗手として独自のポジションを確立しています。
Crossover

UK産 ジャジーヒップホップR&B おススメ5選

UK産 ジャジーヒップホップR&B をご紹介します。ジャズ、ヒップホップ、R&Bが融合する中心点にいるような、イギリスらしい洗練さと繊細さを感じさせる5アーティスト。Harleighblu Fatima Children Of Zeus Lex Amor Blue Lab Beats、お気に入りが見つかったら是非アルバムを聴いてみてください。
Hip Hop

Lous and The Yakuza / ベルギー発の2021年注目アーティスト

コンゴ生まれの移民としてベルギー、ブリュッセルを拠点にするラッパー、シンガーソングライターの Lous and the Yakuza (ルース・アンド・ザ・ヤクザ)。圧倒的存在感、強い精神性と爆発的な創造力、しなやかな表現力は確実に2021年の目玉になるアーティストになると断言します。
スポンサーリンク