Hip Hop

Hip Hop

Open Mike Eagle / 悩めるLAアンダーグラウンドの才人

ロサンゼルスを拠点とするラッパー、 Open Mike Eagle (オープンマイク・イーグル)。イイやつなのかイヤなやつなのかよくわからない、人間臭さとユーモラスなキャラクターが立ってる人。中年を迎えて悩み多きこの時期と、それを打破するためのファンタジーを赤裸々に綴る内容は、英語がよくわからなくてもどこか共感できるような不思議なアート的パワーがあります。
Electronic

Audrey Nuna / 無性に気になるコリアン・アメリカンシンガー

ニュージャージー生まれでNYで活動するコリアン・アメリカンのシンガー、ラッパー Audrey Nuna (オードリー・ヌナ)。彼女自身のキャラクターも含め独特の雰囲気を醸し出す次世代アジアン・ポップといっても良い魅力的な光を放っていて、躍進が期待されます。
Hip Hop

MF Doom / R.I.P ~アンダーグラウンドヒップホップの雄

2021年初早々、 MF Doom ことラッパーのDaniel Dumile(ダニエル・デュミール)が2020年10月末の時点で亡くなっていたという情報が流れています。筆者もKMD時代から愛聴していたファンとして追悼の意味を込めて2000年代アンダーグラウンドヒップホップの名作を振り返っていきたいと思います。
Electronic

Jarreau Vandal / シャープでポップなビートメイカー

アムステルダム出身のビートメイカー、プロデューサー、シンガーの Jarreau Vandal (ジャロー・ヴァンダル)。シャープで洗練されたビートと、ソウルフルでシルキーなボーカル、メロディが織りなすエッジが効いた爽快さとポップさが味わえるサウンドです。
Hip Hop

【2021】注目の女性アンダーグラウンド ヒップホップアーティスト 13選

2021年に向けて活躍が期待される女性 ヒップホップアーティスト をセレクトしました。メジャーでの活躍というより、ニッチなアンダーグラウンドシーンやその地域で着実に地位を固めつつある、サクラタップス音楽部がおススメする女性シンガー/ラッパーたちの特集です。お気に入りのアーティストを是非見つけてみてください。
Hip Hop

Tkay Maidza / オーストラリア注目のヒップホップアイコン

ジンバブエ生まれでオーストラリア、アデレードを拠点にするラッパー、 Tkay Maidza (ティケイ・マイザ)。オーストラリア注目のヒップホップアイコンとして国内はもとより、世界でもその名が知れ渡るようになってきています。ダイナミックなトラップビートから最近ではポップな領域まで自在にカバーする魅力をご紹介します。
Hip Hop

【まずはこれ聴け】90年代 マイアミ・ベース 10選 【ヒップホップ】

ヒップホップの派生ジャンルとして80年代後半から90年代にかけて人気を博したMiami Bass"マイアミ・ベース"、Atlanta Bass"アトランタ・ベース"あるいはBooty Bass"ブーティ・ベース"と言われる曲の中から90年代にヒットした代表作をセレクトしました。テンション高めたいときにもおススメです。
Hip Hop

Jaden / 父親譲りのマルチな才能を発揮するセレブスター

Will Smith(ウィル・スミス)の長男、Jaden Smithあらため Jaden (ジェイデン)。あの映画『幸せのかたち』でみせていた屈託のない笑顔の可愛らしい少年がいまでは22歳に成長。音楽活動もコンスタントに行っていますのでここでレビューしていきます。
Hip Hop

Saweetie / 巧みなフロウが光る注目のウェストコーストラッパー

カリフォルニア州ベイエリア生まれでLAを拠点にするラッパー、 Saweetie (サウィーティ)。カーディBを思わせるような切れ味の良い巧みなフロウ、カリフォルニア出身らしいカラッとしたノリの良さにビジュアルの良さも加わった次世代のスター候補としてメジャーシーンにおいても存在感が増してきていますので、ここでレビューしていきたいと思います。
Hip Hop

Common / 進化し続けるシカゴのレジェンドラッパー

90年代初期から活躍するラッパー、 Common (コモン)。92年デビュー以来知性派、社会派と言われるリリックと硬派で常にアーティスティックに進化し続けるサウンドプロダクションはヒップホップ界から高いリスペクトとともに音楽業界からも高い評価を得ています。今回はこれまでのアルバムからの曲をセレクトし約20年に及ぶキャリアを振り返っていきます。
Hip Hop

Ty Dolla Sign / ヒップホップ界唯一無二の名コラボレイター

ロサンゼルス出身のヒップホップシンガー、  Ty Dolla Sign (タイ・ダラー・サイン)。唯一無二の独特な歌いまわしと声で数々のヒップホップアクターのコラボレイターとして、この10年のヒップホップシーンで必要不可欠、唯一無二な存在となった彼の新作『Featuring Ty Dolla Sign』がリリース。
Hip Hop

DUCKWRTH / LAの有望ヒップホップアクト

ロサンゼルスを拠点に活動するビジュアルアーティスト、ラッパー兼ソングライター、 DUCKWRTH (ダックワース)。ここ5年で急成長を遂げているヒップホップアクトであり、2020年8月にはメジャーとしてのデビューアルバム『SuperGood』をリリース。ますます目の離せない存在になっていますのでレビューしていきます。
Hip Hop

Timbaland / ティンバランド・プロデュースワーク 21選

90年代後半から2000年代を代表するプロデューサーである Timbaland (ティンバランド)。『チキチキビート』『チキチキ系』などと言われる他に例のない独特のサウンドプロダクションによりシーンを席巻した90年代最強プロデューサー。その中でも最も重要な「96年から06年」の12年間のプロデュースワークを振り返ってみたいと思います。
Crossover

Masego / 未来へ進化し続けるトラップハウスジャズ

サックス奏者、シンガー、ラッパーMicah Davisのステージネーム、 Masego (マセーゴ)。自身の音楽を『トラップハウスジャズ』と呼んでいる現代音楽をジャンルブレンディングした感性がたちまち話題となる次世代シンガー。旺盛なコラボレーションと新作リリースを振り返っていきます。
スポンサーリンク