Lous and The Yakuza / ベルギー発の2021年注目アーティスト

スポンサーリンク
louis and the yakuzaHip Hop
Pocket

コンゴ生まれの移民としてベルギー、ブリュッセルを拠点にするラッパー、シンガーソングライターのMarie-Pierra Kakoma(マリー・ピエラ・カコマ)のステージネーム、 Lous and the Yakuza (ルース・アンド・ザ・ヤクザ)。

コンゴの名医の娘として生まれるも第二次コンゴ戦争の勃発により母親が投獄されるなど(のちに釈放)を経て戦禍を逃れる形でベルギーへ、その後ルワンダに移住するも2011年に再びベルギーへと移住するという、困難と苦闘の中で生きてきた彼女。

そんな中シンガーを目指し、2019年シングル『Dilemme』でデビュー。

苦闘の人生は彼女を鍛え上げ、強く肝が据わった眼差しと稀有な存在感と説得力を与えたこの曲はヨーロッパのラジオ局を中心にワールドワイドにヒット。

2020年10月にはデビューアルバム『Gore』をリリース。

2021年大きく飛躍するであろうアーティストとして注目されています。

やはり気になるステージネームにつけられた”Yakuza“、そう日本のいわゆる反社組織由来でつけられたもので、日本人からするとちょっとビックリしてしまいますが、彼女の日本好き(日本にはまだ来たことはないそう)と、前述の経験から得た強固な決意のようなものを反映させたくてつけられたもののようです。

スポンサーリンク

Lous and The Yakuza : レビュー

Dilemme

デビュー作。困難の中で立ち上がるレジリエンスをフランス語に乗せてエモーショナルに説くラップ&ボーカル。バルセロナ拠点のトロピカルサイケ・プロデューサー、El GuinchoことPablo Díaz-Reixaが以下ほとんどの曲をプロデュース。

Lous and The Yakuza – Dilemme (Clip officiel)

 

Tout est gore

ミニマムなトラップビートにアフロビートを合わせたダークポップな雰囲気のトラックとラップが絡み合い、独特のエキゾチックさを醸し出しています。

Lous and The Yakuza – Tout est gore (Clip officiel)

 

Amigo

短く切り刻むシンセバウンドするドラム、パーカッションに霞むようなファルセットを合わせたエレガント且つダークさをともなうトロピカルビート。

Lous and The Yakuza – Amigo (Clip officiel)

 

Bon Acteur

シルキーで滑らかなボーカルと力強く華麗なラップの組み合わせ。そして彼女のこの存在感!

Lous and the Yakuza – Bon Acteur | A COLORS SHOW

 

Laisse moi feat. Hamza

ブリュッセルのラッパー、Hamzaとのカップリング。ギターのメロディが印象的なクールで静寂に包まれたビートに二人のどこか キャッチーなボーカルワークが安心感を与えるヒップホップチューン。

Lous and The Yakuza – Laisse moi (Audio) ft. Hamza

 

 

Tiny Desk(Home) Concert

必見です!

Lous and The Yakuza: Tiny Desk (Home) Concert

 

まとめ

ベルギー発の2021年注目アーティスト、 Lous and the Yakuza (ルース・アンド・ザ・ヤクザ)でした。

この圧倒的存在感、強い精神性と爆発的な創造力、しなやかな表現力は確実に2021年の目玉になるアーティストであり、FKAツイッグス、ビョーク 、エリカバドゥなどのような音楽を超越した生き方としてのアイコンになると断言します。

“Lous”とは”Soul”のアナグラム、そして”Yakuza”…社会から排除された自身の経験とシンクロしている日本の言葉を名前に刻み、一人一人がどれほどユニークで重要な存在であるかを語るデビューアルバム「Gore」は2021年必携のアイテムになるでしょう。