【80年代洋楽】 男女デュエットソング 隠れた名曲 7選【R&B】

男女デュエットソングR&B
スポンサーリンク
Pocket

ピーボ・ブライソンとロバータ・フラック『Celebrate My Love』、ダイアナ・ロスとライオネル・リッチー『Endless Love』、パティ・ラベルとマイケル・マクドナルド『On My Own』…1980年代は男女大物シンガー同士のデュエットソングが多くリリースされていた年代だったと思います。

今回はそんな80年代の男女デュエットソングの中でも上記のように代表的な、良く取り上げられるポップソングやバラードではなく、そんな代表ソングにやや隠れながらも上質なR&B/ソウルのデュエットソング、隠れた名曲を、ソロシンガー同士の共演、男女デュオグループによる楽曲をご紹介していきます。

いまであれば“コラボレーション”なんていうんでしょうが、この“デュエット”という響きがなんとも懐かしくも相応しい男女50:50、五分五分のデュエットソングです。

 

スポンサーリンク

【80年代洋楽】 男女デュエットソング 隠れた名曲 7選

Nicole McCloud – New York Eyes feat. Timmy Thomas

ニューヨーク出身のNicole McCloudに、マイアミソウルの御大Timmy Thomasが絡むニューヨーク恋物語的アーバンコンテンポラリー・デュエットソングの決定版。

DJ Muroのミックス「Diggin’ Ice 96」にも収録されたマニア大人気曲。

Nicole McCloud – New York Eyes
Amazonでアルバムを見る

Collins & Collins – You Know How To Make Me Feel So Good

フィラデルフィア出身の兄妹デュオによるHarold Melvin & the Blue Notesの名曲”You Know How to Make Me Feel So Good“をスムースに男女ボーカルが溶け合うディスコアレンジにした1980年の絶品カバー。

Collins And Collins – You Know How To Make Me Feel So Good

 

Homi & Jarvis – I’m In Love Again

日本のマニアからも高い人気を誇るDave Grusin & Larry Rosenによるフュージョン/アダルト・コンテンポラリーの名門レーベル、GPRからリリースされたNYの男女デュオ、Homi & Jarvis唯一のアルバム『Friend of a Friend』から。

イントロのベース、デュオのボーカルハーモニーでヤラれること間違いない極上AOR~ソウルグルーヴ。因みにベースはマーカス・ミラーが担当。

Homi & Jarvis – I'm In Love Again (1983)

 

Dionne Warwick & Jeffrey Osborne – Love Power

あまり隠れてないビルボードチャート最高12位の87年ヒット作。

ホイットニー・ヒューストンの叔母としても有名なディオンヌ・ワーウィックと、1970年代に活躍したソウル/ファンクバンドL.T.D.のメインボーカルだったジェフリー・オズボーンによる実力派シンガー同士のガチンコデュエット。

コスモ石油の当時CMでも使われて日本でも有名なディアム・アダルトコンテンポラリーナンバー。途中のSAXソロはKenny Gが担当。

Dionne Warwick & Jeffrey Osborne – Love Power
Amazonでアルバムを見る

 

Rene & Angela – You Don’t Have To Cry

シンガーソングライター、プロデューサーのRené Mooreと、ソロでも活躍した女性シンガーAngela Winbushによって1979年結成されたデュオ、Rene & Angelaの最大ヒットにして最後のアルバムとなった1985年『Street Cold Desire』よりUS R&Bチャート2位のこの時代らしいR&Bミッドチューン。

Rene & Angela – You Don't Have To Cry (Official Video)

 

Dennis Edwards feat. Siedah Garrett – Don’t Look Any Further

モータウンレコードの看板グループ、The Temptationsのフロントマンとして有名なDennis Edwards(デニス・エドワーズ)が1984年にリリースしたソロ作。

マイケル・ジャクソンの『I Just Can’t Stop Loving You』でのマイケルとのデュエットでのちに話題となるSiedah Garrett(サイーダ・ギャレット)とのデュエット。

Eric B & RakimPaid in Full」でもサンプリングされた、頭から離れない特徴的なベースラインと艶やかな男女ボーカルが最高にマッチしたメロウダンサー。

Dennis Edwards ft. Siedah Garrett – Don't Look Any Further (Official Video)
Amazonでアルバムを見る

 

Stephanie Mills & Teddy Pendergrass – Two Hearts

多くのヒット作を持つディーヴァ、ステファニー・ミルズと、70年代のフィリーソウルのトップスターに君臨するテディ・ペンダーグラスによる、この時代によく合った大物実力派シンガー同士の81年カップリング。

1980年のステファニー・ミルズのアルバム『Sweet Sansation』からシングル「Never Knew Love Like This Before」でグラミー2部門も獲得したコンビ、ファンクグループMtumeの創始者James Mtumeとマドンナのファーストアルバム『バーニング・アップ』を手掛けたReggie Lucasによる盤石のソングライティングで送る、爽やかさが光る極上アーバンソウル。

Two Hearts

Amazonでアルバムを見る

 

まとめ

【80年代洋楽】 男女デュエットソング 隠れた名曲 7選でした。

あわせてチェック!現代版『コラボレーション』特集はこちら。

【洋楽】アツい友情!アーティスト同士の コラボ R&Bソング7選
カップリングがナイスで相性抜群な コラボR&B 洋楽 ソング7選と題しアーティスト同士の コラボ 、フィーチャーリング〇〇はいつでもどこでも沢山ありますが、ちょっと意外な組み合わせだったり思わず期待しちゃうような組み合わせだったりを集めてみました。人気、実力が五分五分の組み合わせがイイ!と思える7曲を選出です。