Hope Tala / 知性溢れるボサノヴァ・ネオソウル

Neo-Soul
Hope Tala
Pocket

ウェスト・ロンドンを拠点とするモダンでメロディアスなボサノヴァ系ネオソウルを奏でる新星シンガー/ソングライター、 Hope Tala (ホープ・タラ)

イギリスの名門大学の一つブリストル大学を卒業したばかりの21歳。ジャマイカ人の父とアイルランド系イギリス人の母親も元で育った影響があるのか、ボサノヴァやラテンのコードとソウルミュージックをポップにブレンドした音楽スタイルは知性と情熱に溢れ、インディア・アリーやエイドリアナ・エヴァンズを彷彿とさせるクールさが光る期待の癒し系R&B~ネオソウルシンガーです。

今年8月に”Sensitive Soul-EP“をリリース。その楽曲を中心にレビューします。

スポンサーリンク

Hope Tala : レビュー

All My Girls Like To Fight

2020年リリースEP『Girl Eats Sun』より。

よりメランコリックにボサノヴァ・ネオソウル路線を突き詰めていますね。EP全体非常にコンセプチュアルにまとまっています。

Hope Tala – All My Girls Like To Fight

 

 Raveena – Floating

現代癒し系No1R&Bシンガー Raveenaとの癒し対決。これはもうトロけるしかありません。

Raveena – Floating ft Hope Tala

 

 

Jealous

EP”Sensitive Love“より。 Hope Tala の語りかけるよう声のトーンと穏やかなアコースティックギターの音色が、夏の終わりの夕暮れのような静寂感を思わせる良曲。エイドリアナ・エヴァンズをより洗練させた感じ。

Hope Tala – Jealous

 

 

Lovestained

思いっきりボサノヴァ感のあるギターとブレイクでのスチールドラムがラテンイメージたっぷりなオルタナティブなネオソウル。

Hope Tala – Lovestained

 

 Anywhere

どの曲もひたすらボサノヴァな涼し気ギターをうまく取り入れてます。気持ちいい。

Anywhere

 

Moontime

こちらは2018年リリースのEP-“Starry Ache“より。ブラジル過ぎない絶妙なラテンリズム加減に知性を感じます。

Hope Tala – Moontime

 

まとめ

知性溢れるボサノヴァ・ネオソウルシンガー、 Hope Tala でした。オーガニックソウルやRaveena好きにはたまらない新人の登場です。要チェック!

 

 


ソウル・R&Bランキング