Yazmin Lacey / 優美で心地良いネオソウル

yazmin laceyJazz
スポンサーリンク
Pocket

イギリス、ノッティンガムをベースに活動するネオソウルシンガー。ロック、ヒップホップ、ジャズ、モータウン、エレクトロニクスを融合したサウンドとオーガニックなヴォーカルがマッチした、控えめながらも優美で心地よく流れる時間を提供してくれる、 Yazmin Lacey (ヤスミン・レイシー)。

Gilles Petersonのプロジェクト、”Future Bubblers“で取り上げられ注目を浴び、2017年「Black Moon – EP」、2018年に「 When The Sun Dips 90 Degree – EP」と2枚のEPをKaidi TathamChildren Of ZeusProfusion等が所属するイギリスのFirst Word Recordsからリリースしています。

ジャイルスのプッシュの元、BBCミュージックでのキャッチアップや、当ブログでも取り上げているMac AyresJordan Rakeiとのコラボレーションや、Moses Boyd、Oscar Jerome等イギリスの新鋭たちとのセッションも話題の、これからさらに注目を浴びそうな新人シンガーです。

 

スポンサーリンク

Yazmin Lacey : Review(レビュー)

90 Degrees

「 When The Sun Dips 90 Degree – EP」からリーダー曲。ロールするドラムとアフロビート、ジャジーに展開するヴァイブスとヤズミンのクールな歌声が響き渡る、ヤズミン・レイシーっぽさが詰まっている作品。

Yazmin Lacey – 90 Degrees

 

 

Something My Trust

この曲もおススメ。Moonchildっぽいクロスオーバージャズが瀟洒に展開するメロウグルーヴ。

WeTransfer x Gilles Peterson: Yazmin Lacey – Something My Heart Trusts

 

 

Black Moon

前作「 Black Moon – EP」よりタイトル曲、今のロンドンジャズシーンを象徴するようなグルーヴィなアフロネオソウル。2バージョンのスタジオセッションをどうぞ。

Yazmin Lacey – Black Moon (Live PA)

同じく”Black Moon”のBrownswood Basementでのスタジオライヴ。こちらはしっとりバージョン。個人的にはこっちのほうが好きかな。

Yazmin Lacey live in the Brownswood Basement

 

 

Not Today Mate

エレクトロ、ジャズ、ネオソウル、R&Bのエッセンスが絶妙なバランス。それを優美に乗りこなすヤズミンのボーカルが圧巻。

Yazmin Lacey – Not Today Mate (Official Audio)

 

 

まとめ

優美で心地良いネオソウル、Yazmin Lacey(ヤズミン・レイシー)でした。聴き込めば聴き込むほど彼女の歌声に魅了されていきます。おススメです。

特に「 When The Sun Dips 90 Degree – EP」は全曲おススメ!



ジャズランキング