Raquel Rodriguez / 才能豊かなマルチR&Bシンガー

スポンサーリンク
Raquel RodriguezR&B
Pocket

メキシコ系アメリカ人のLAをベースに活動するシンガー Raquel Rodriguez (ラケル・ロドリゲス)。

名門南カリフォルニア大学ソーントン音楽学校卒で、Anderson .PaakGwen StefaniPJ MortonSnoop DoggLizzoMoonchildらのバックボーカル、オープニングアクトによってキャリアを積む傍ら、2012年セルフタイトルデビューEP『Raquel Rodriguez』をリリース。

70年代のファンク、80年代のエレクトロファンク、90年代のR&B、そして現代のコンテンポラリーR&Bまで乗りこなす器用さと懐の深いボーカルの持ち主で、2014年初のフルアルバム『Miss Me』、2019年『310』と着実にその実力を世に知らしめており、ストリーミングにおいても100万回に迫るストリーミング回数を誇るほどの人気を獲得しています。

2020EP『Sweet Side』においてはLAコンプトン出身の女性ラッパー、Ill Camille(イル・カミーユ)、マンチェスターのジャズファンクバンドLettuceNigel HallJamiroquaiのキーボーディストNate Williams、シドニー出身でLAで活躍するビートメイカーMXXWLLMoonchildのボーカリストAmber Navranと、なんとも個性豊かなミュージシャンたちを迎えてもなお存在感を放つボーカリストとして非常に高い実力を感じるRaquel Rodriguezをレビューしていきます。

スポンサーリンク

Raquel Rodriguez : レビュー

Undone

2021年シングルカット2曲。

非常にLAらしいとでも言うんでしょうか、煌びやかな80年代風エレクトロディスコ・ファンクサウンドに伸びやかなボーカルがキュッと締まってます。

Raquel Rodriguez "Undone" – Live from home

 

Read the Room

LettuceNigel HallプロデュースによるしっとりとしたコンテンポラリーR&Bミッドチューン。

Read the Room

 

Mile High 

2019年『310』からのハイライト。

どこかで聴いたことのあるような懐かしみのあるベースラインと、LA産らしいレイドバックした雰囲気がとてもグルーヴィ。こちらもNigel Hallプロデュース作。

Raquel Rodriguez Mile High Music Video

 

Be Thankful For What You Got

2019年彼女の感性のルーツがわかるようなソウル名曲カバーEP『Sunday’s Best』より。

William DeVaughnの74年メロウソウルの金字塔的作品、”Be Thankful For What You Got“をしなやかにカバー。このEPもおススメです。

Be Thankful For What You Got – William DeVaughn (Cover)

 

i know, i know

2020年『Sweet Side A』より。

MoonchildAmber Navranとのカップリング。Moonchild系のエレクトロジャジーR&B。

Raquel Rodriguez, Amber Navran – 'i know, i know' (official audio)

 

Crybaby feat. Ill Camille

こちらも2020年『Sweet Side A』より。

ビートメイカーMXXWLLプロデュース、Ill Camilleをフィーチャーした、LA産ブギートラック。

Raquel Rodriguez – Crybaby feat. Ill Camille [prod. by MXXWLL] – Official Lyric Video

 

まとめ

才能豊かなマルチR&Bシンガー、Raquel Rodriguez(ラケル・ロドリゲス)でした。

自らを「エレクトリック・ソウル・シンガー」と称しているそうですが、そんなエレクトロニック系だけでなくクラシックソウルからオーガニック、ジャジーソウルまでなんでも自身のトラックとして上手く乗りこなす、操れるシンガーだと思ったので、ここでは「マルチR&Bシンガー」と称してみました。

Moonchildを筆頭にRADIANT CHILDRENIMAN EUROPEや、日本人のMiho Yoshiokaら多くのソウルミュージシャンをサポートするレーベル、SweetSoul Records所属ということで、今後も日本でも多くのプロモーションが展開されることを期待しましょう。