Electronic R&B

Chloe Martini センス抜群なR&Bクリエイター

投稿日:2018年5月9日 更新日:

Pocket

ポーランド出身の若干25歳の女性クリエイターChloe Martiniちゃん。この娘のセンス、抜群です。

エレクトロR&Bを得意としていますが、どの曲も少し控え目(じゃなかったりもしますが)ながらも適度にゴージャス感が漂うサウンドがクセになる、R&Bミュージックライトユーザーもヘビーユーザーも、そしてエレクトロニックミュージックファンもきっと気に入るはず。

自身名義のアルバム(4~5曲入りミニアルバム)も出していますが、プロデュースやSia、Brownstone、Destiny’s Child、Shift K3Y、Vanessa White、Sinead Harnett等のリミックスも手掛けていて、しかもどれもセンス良し!で秀逸な作品が目白押しです。

 

では、いくつかご紹介。

まずは自身名義の名曲。もう数年前の曲ですが、いまだに飽きが来ない、まさにマイ・フェイバリットな一曲。

男性ボーカルをフィーチャーした、Maxwell のTil The Cops Come Knockin‘を彷彿とさせる甘美なメロウチューン。

 

こちらは、クリスチャン・ディオールのCMでも使われていたSiaの代表曲、”Chandelier“のChroe MartiniによるRemixもカッコイイ。

もうひとつRemixもの。90年代R&Bの名曲、Brownstoneの”If You Love Me”が見事にイマドキエレクトロR&Bで蘇らせています!

 

最新曲。ポーランド系ミュージシャンたちによるコンピレーションアルバム”Hearbreaks&Promises”より。ポーランド語(?)なR&B。

 

いかがでしたでしょうか。Chloe Martini、あまりメジャーでは活躍していませんが、常に動向を注目したい若手クリエイターです!

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


ソウル・R&Bランキング

-Electronic, R&B
-, ,

執筆者:

関連記事

【 Electro Funk 特集】現代版エレクトロファンク 7選

アメリカ西海岸、LAを中心にした現代エレクトロ・ブギーファンク・リバイバルムーブメント。2000年後半にDam-FunkがStones Throwレーベルからリリースしたアルバム「Toeachizow …

Great Good Fine OK / 爽やかアメリカン・シンセポップ

ニューヨーク、ブルックリンを拠点とするシンガーのJon Sandler(ジョン・サンドラー)と、プロデューサーのLuke Moellman(ルーク・モールマン)からなるインディポップ、シンセポップデュ …

オトナの【 バレンタインデー 】に聴きたい!メロウな洋楽17選

なんとなくですが、ハロウィンの盛り上がりと比べて バレンタインデー というイベントが年々地味になっているように思うのは気のせいでしょうか・・・、ってそうだ!単純に自分がその対象なってないだけだ!(悲) …

Polographia – オシャレ感満載なシンセポップ

オーストラリア、シドニー出身のエレクトロニックポップデュオ、Polographiaの2016年作。 前々回紹介した、PREPに近い80年代風シンセポップ+涼しげなギターがこれからの季節にピッタリなBG …

HONNE 建前と本音を操るエレクトロ・デュオ

イギリス、ロンドンを拠点とするJames Hatcher (ジェームス・ハッチャー) と Andy Clutterbuck (アンディ・クラッターバック)による エレクトロ・デュオ・プロジェクト。かな …

横浜野毛の片隅にあるビアバー、SakuraTapsのBGM担当がお店のBGMを中心にお気に入りの音楽を紹介しています。Jazz,Crossover,NeoSoul,R&B,Indie…少し濃い目の洋楽をお届け。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。