少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Electronic R&B

Chloe Martini / ポーランド発のヨーロピアンR&B

更新日:

Pocket

ポーランド出身でワルシャワを拠点に活動する若き女性クリエイター Chloe Martini (クロエ・マルティニ)。

坂本龍一、ボノボ、ジャミロクワイ、ジェームズブレイクから影響受けたというその音楽センスをR&Bよりのアーバンエレクトロミュージックとして展開していて、女性らしい繊細な音作りと煌びやかさ、適度なゴージャス感が融合した美しいサウンドを展開します。

センスの良いR&Bミュージックを探している女性に特におススメです!

2015年「Private Joy - EP」、2017年「Never Twice The Same - EP」、2019年「Daydream - EP」をリリース。

自身名義によるオリジナル楽曲のリリースの傍らリミックスワークも精力的に行っていて、Sia、Brownstone、Destiny's Child、Shift K3Y、Vanessa White、Sinead Harnett等のリミックスも手掛け、Chloeらしさが光るセンスの良い煌びやかなアーバンエレクトロR&Bに仕上がっており聴き応え充分。

今回はオリジナル作品を中心にレビュー。

レビュー

Chloe Martini - Unknown feat. Shae Jacobs

「Private Joy - EP」からのおススメ。男性ボーカルをフィーチャーした90年代風のキラキラとしたサウンドが、どこまでも甘く切ないメロウチューン。

 

Chloe Martini - Get Enough feat. Alyss

80年代~90年代初期のR&Bを彷彿とさせながらも現代的なオシャレ感が全体を包み込んでいるチルなブギートラック。

 

 

Chloe Martini - You Need My Love feat. Anne-Marie

Clean Banditの「Friends」や「2002」にフィーチャーされているイギリスのシンガー、アン・マリーを起用したダンサブルなエレクトロニックチューン。

 

Chloe Martini - San Junipero Feat. KWAYE

最新EP「Daydream」より。ジンバブエ出身の旬なシンガー、KWAYEをフィーチャーした正統派アーバンコンテンポラリー!

 

Chloe Martini - All or Nothing Feat. MAAD

ELLEのモデルも務めるシンガー、MAADをフィーチャーしたアーリー90'sさながらのニュージャック・スイングをChloeらしく華麗な今風アレンジに仕上げています。さすが!

 

Ras / Jarecki / Chloe Martini - Melodramat

番外編。ポーランドのヒップホップ系インディレーベル、Asfalt Recordsのコンピシリーズ"Hearbreaks&Promises"より。地元シンガー、ラッパーとのセッション。ポーランド語ラップが新鮮。

 

 

まとめ

ポーランド発のエレクトロなヨーロピアンR&B、 Chloe Martini でした。女性らしいファッショナブルでジューシーなサウンドメイクが素晴らしいクリエイターでした。

 


ソウル・R&Bランキング

-Electronic, R&B
-, ,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。