EKKAH / エレクトロファンクなガールズデュオ

Electronic
Pocket

ロンドンを拠点とするRebekah Pennington(レベッカ・ペニントン)と Rebecca Wilson(レベッカ・ウィルソン)の白人シンガーデュオ、 Ekkah (エッカ)

同じ「レベッカ」繋がりで「マドンナ好き」で気が合い親友となったキュートな二人組が志向する音楽スタイルは、マドンナの初期、1stアルバム「Burning Up」にも通じるようなディスコポップであり、そこから現代的に派生したエレクトロファンク。しかも結構本格的で、LAの現代エレクトロファンクの第一人者、Dam Funkの強力バックアップも実現。

オールドスクールなディスコポップやエレクトロファンクのトラックと、彼女たちの瑞々しいボーカルの相性はそれはそれで新鮮ではあるものの、ビジュアル的にももっとメジャーなサウンドの方が売れるんじゃないか?と勝手に心配してしまいますが、個人的にはこのアプローチは大好きなので全く問題ないんですけどね。

2014年「Last Chance to Dance – EP」でデビュー、その後はシングルを散発的にリリースしています。フルアルバムが待ち遠しい!

 

スポンサーリンク

レビュー

Ekkah – Last Chance To Dance

彼女たちのブレイクのきっかけになったデビュータイトル曲。クラブ映えしそうな程よいポップス感が備わったエレクトロR&Bチューン。

EKKAH – LAST CHANCE TO DANCE

 

Ekkah – Can’t Give It Up

Midas HutchLucky Soulが交ざったようなロックのようでありファンクだったり、カラフルなエレクトロポップ。

Ekkah – Can't Give It Up (Official Video)

 

Ekkah x Dâm-Funk – Space Between Us

デイム・ファンクっぽい骨太なエレクトロファントラックに彼女たちのキュートな歌声が乗ると、たしかにマドンナの「Burning Up」を現代アップデートしたよう。

Ekkah x Dâm-Funk – Space Between Us (Official Video)

 

 

Ekkah x Dâm-Funk – What’s Up

よりデイム・ファンク寄りに作られたディープなLAマナーなエレクトロファンクの世界。

Ekkah x DâM-FunK – What's Up (Official Audio)

エレクトロファンク好きにはこちらがおススメ。

【 Electro Funk 特集】現代版エレクトロファンク 7選
アメリカ西海岸、LAを中心にした現代エレクトロ・ブギーファンク・リバイバルムーブメント。2000年後半にDam-FunkがStones Throwレーベルからリリースしたアルバム「Toeachizown」がブレイクしたのがこの Electr...

 

Ekkah – Small Talk

レトロなシンセが鳴り響く、どこかLittle Dragonを思わせる軽快グルーヴなガールズ・ディスコチューンといった感じ。

Ekkah – Small Talk (Official Video)

 

まとめ

エレクトロファンクなガールズデュオ、 EKKAH (エッカ)でした。Dam Funkにしても、ヨーロッパ勢だとDabeullなんか特にそうですが、どちらかというとバタ臭くクセが強い人が多いエレクトロファンク界にとってはまさに「華」ですね。