【 Electro Funk 特集】現代版エレクトロファンク 7選

R&B

アメリカ西海岸、LAを中心にした現代エレクトロ・ブギーファンク・リバイバルムーブメント。2000年後半にDam-FunkStones Throwレーベルからリリースしたアルバム「Toeachizown」がブレイクしたのがこの Electro Funk ムーブメントの始まりだと思います。

そんな現代エレクトロ・ファンクを、今宵もLAでブリブリとベースラインを鳴らしながら作成している濃いめのアーティストたちをご紹介。

当ブログでもMndsgnSaucy Lady等アーティスト単位で取り上げていますが、今回はまとめて紹介します。

では早速行ってみましょう。

Electro Funk#1 / Dam Funk – In The City

まずはやっぱりDam-Funkから。2018年最新リリースEP「Architecture II」から。安定の夜型アンダーグラウンド・ブギーファンク。首都高を走りながら聴きたいですね。
In The City
もう一曲。2012年リリースのポップめダンスチューン。“I Don’t Wanna Be A Star”
Dam-Funk – I Don't Wanna Be A Star!

 

 

Electro Funk#2 / Moniquea – Checkin’ Out

Dam-Funkとも同郷のLA、パサデナ出身のファンクディーヴァ、 Moniquea(モニーク)。この何とも言えないローカル感、B級感がイイ味出しています。もちろんトラックも極上のXL Middleton型ブギーファンク!
Moniquea – Checkin' Out (Official Music Video)
おススメ。80年代と現代が交錯するモダン・ファンク、“A Certain Way”
Moniquea – "A Certain Way" Official Music Video

 

 

Electro Funk#3 / XL Middleton feat. Ghost – Forgot About Each Other

もうベテランの域になる日系ハワイアンのG-Funkプロデューサー、Dam-Funk、Moniqueaとも同郷のパサデナ出身のXL Middletonによる、こちらも安定のトークボックスが心地いいブギーファンク。
Forgot About Each Other

 

XL Middleton – Psychic ビジュアルがごつい割には声がカワイイ。
XL Middleton – Psychic (Official Music Video)

 

 

Electro Funk#4 / E-Live – Kali Nitez

カリフォルニア州、オークランド出身の白人プロデューサー。白人ながらかなりストレートな、どファンクを聴かせてくれます。この曲もかなりイカしてますね。

女性ボーカルをフィーチャーしたややポップな内容、“Do Me Like That feat. Chesta Blake”

 

 

Electro Funk#5 / Dabeull – DX7 feat Holybrune

パリからやってきたレトロ・ブギーファンクの使い手、Dabeullによる女性ボーカルとトークボックスが織りなす80年代ディスコファンクの世界。
Dabeull – DX7 feat Holybrune
同じくパリのインディー系女性ボーカルのHolybruneをフィーチャーした、“TR707” 同じブギーファンクでもやはりどこかアメリカ勢とは違うヨーロッパ的な空気感を全体から感じるのは私だけでしょうか。
Dabeull – TR 707 (feat. Holybrune)
Daebeullの記事はこちら。

 

Electro Funk#6 /Nickee B – Shy Young Lady

フランス、リヨン出身のプロデューサー、Nickee B (ニッキーB)のオールドスクールなラップをフィーチャーしたまさに80年代グルーヴィ・ディスコ。なかなかカッコイイ!

 

Electro Funk#7 / Brian Ellis – Walk N Stroll

サンディエゴ出身。Dam-Funk、MndsgnとレーベルメイトでもあるStone Throwの白人版Dam-Funk!
Walk 'n' Stroll
ベースラインがブリブリしながらもファンクというよりやや80年代ポップよりな“Nice Surprise”
Brian Ellis – Nice Surprise (Official Video)

 

 

まとめ

80年代リバイバルな現代版エレクトロファンク 7選でした。夜の都会を流しながら聴くにはピッタリな曲ばかりではないでしょうか。

単体で深堀りすべきアーティストばかりだったような気もするので、それはそれで改めてやりたいと思います。