JMSN / “ヒッピーR&B”なブルーアイド・ソウル

R&B
Pocket

デトロイトに生まれ、現在ロサンゼルス在住のシンガーソングライター、マルチインストゥルメント、プロデューサー、エンジニア、ミキサーであるChristian Berishaj (クリスチャン・ベリシャジ)のソロプロジェクト、 JMSN (ジェイムソン)

 

オルタナティヴ/パワーポップグループのLove ArcadeやChristian TV でのバンド活動を経て、2012年より現在の本格ブルーアイド・ソウル路線であるJMSNへと移行した経歴を持ちます。

ヒッピーR&B」と名付けられた音楽スタイルを提唱し、Prince、Fiona Apple、Radiohead、Phil Collinsなどのアーティストの影響を受けて、2012年1月にデビューアルバム“Priscilla”をリリース。

この“Priscilla”は多くのアーティストの注目を集め、Tyga、Kendrick Lamar、The Gameなど人気ラッパーとのコラボレーションが実現。その後のアルバムでもJ.Cole、Ab-Soul、Kaytranada、Ta-kuなどの多くのアーティストとのコラボが話題を呼び、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、等で高い評価を得ています。

同じブルーアイド・ソウルカテゴリーでいうところのMac AyresJordan Rakeiのようなオーガニック感よりも、Mayer HawthorneとThe Weekendを足したようなクラシカルでコンテンポラリーなサウンドと、ダークさとセクシーさを兼ね備えたJMSNのキャラクターが特徴。

スポンサーリンク

Review(レビュー)

So Badly

「Velvet」からのファーストカット。70年代ソウルのようなレトロモダンでスモーキーな大人のブルーアイド・ソウル!

JMSN – So Badly

 

 

Talk Is Cheap

こちらも「Velvet」より。”So Badly”路線でより気怠くレイドバックしたトラックがグッド。

JMSN – Talk Is Cheap

 

 

Real Thing

こちらも「Velvet」からの3カット目。クラシカルなトラックのミディアムチューン。

JMSN – Real Thing

 

 

Inferno

JMSNらしい70年代~80年代風レトロモダンなグルーヴィディスコチューン。

JMSN – Inferno

 

 

Hypnotized

アルバム「It Is」より、珍しくレゲエテイストな一曲。

JMSN – Hypnotized

 

 

Ta-ku – Love Again (feat. JMSN & Sango)

お気に入り。オーストラリアのヒップホップ系トラックメイカー、Ta-Kuとのコラボによる愛の賛歌。

Ta-ku – Love Again

 

 

Evil Needle – Worry (feat. JMSN)

フランスのエレクトロニック系トラックメイカー、Evil Needleとのコラボ。Love Againと同系のゆったりと広がりのあるトラックにJMSNの哀愁のあるボーカルがマッチするサクラタップスのBGMとしてもよく使われている一曲。

Worry

 

まとめ

セクシーさとダークさをまとった”ヒッピーR&B”なブルーアイド・ソウル、 JMSN でした。

ブルーアイドソウル好きは必須で押さえておきたいアーティストですね。

 

 

 

 


ソウル・R&Bランキング