少し濃いめの洋楽をお届け…

Sakura Taps 音楽部

Neo-Soul R&B

Mac Ayres モダンで爽やかなブルーアイドソウル

更新日:

Pocket

NYのロングアイランド出身、名門バークレー音大で学び現在はボストンを活動拠点にしている、いわゆる「ブルーアイドソウル」テイストなオーガニックソウル/R&Bトラックメイカー、 Mac Ayres (マック・アイレス)。

D'Angelo、Stevie Wonder、J.Dillaからインスピレーションを得たという、これまたR&B的現代っ子ですが、本格的にR&Bに傾倒し始めたのはボストンに活動拠点を移してからだとか。

Soul、R&B、Jazz、Hip-Hopをブレンドしたサウンドと独特の静寂感が同居したスローでモダンで且つ爽やかなサウンドメイクはまさにブルーアイドソウルのいいとこ取り。

2017年にEP「Drive Slow」でデビュー、2018年「Something To Feel」、2019年「Juice Box」と2年連続でフルアルバムをリリースと精力的な活動を行っていて、ここ日本でもじわじわと人気が出てきています。

 

当ブログでも紹介したJamie IsaacJordan Rakeiが好きな人にもおススメ。

 

ビジュアルはJohn Mayer的、冴えないおにーちゃん風ですが曲はイケてます!

 

レビュー

Easy

Mac Ayres 初のEP集『Drive Slow』よりおススメ。硬質なトラックにエレピが美しく奏でるメロウR&B。

 

Show Me

『Drive Slow』からのオススメ2曲目。アルバムタイトル通りゆる~くドライブするのにぴったりなBGMになる極上メロウグルーヴ。

 

 

Next To You

アルバム『Something To Feel』より。J Dillaの影響を感じさせる硬質なループトラックに Mac Ayres のファルセットボイスが響き渡るスペイシーな曲。

 

 

Stay

オーガニック感漂うMac Ayres的メロウチューン。Jordan RakeiRaveenaあたりが好きな人にもストライク。

 

 

Where Do We Go From Here

最新アルバム『Juice Box』より。それまでの活動で得た人脈からファンク色の強いゲストを招き、R&B、ファンク、ジャズのアプローチを強めに出した本作は、よい意味でメジャーなエッセンスが加味された作品になっています。この曲もジャズファンクバンド、Butcher BrownのDJ Harrisonをフィーチャーしたモダンファンクジャズな仕上がり。

 

 

Come Thru feat. 9th Wonder

ベテランヒップホッププロデューサーの9th Wonderがトラックメイクするヒップホップ×マックアイレス!

 

 

その他、公式Soundcloudアカウントにも多数アップされていますのでチェックしてみてください。


ソウル・R&Bランキング

-Neo-Soul, R&B
-,

Copyright© Sakura Taps 音楽部 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。