Common Saints / ザ・サイケデリックソウル・ファンク

common saintsNeo-Soul
Pocket

サウスロンドン出身のコンポーザー、プロデューサーのCharlie J Perryによるソロプロジェクト、 Common Saints (コモン・セインツ)。

コンポーザー、プロデューサー業としては、BTSの”Singularity“、Jorja SmithTime“や”Lost Found“、他にもSamm HenshawChronixxなど、メジャープレイヤーと仕事をしてきた彼が将来的には様々なゲストアーティストを迎えての作品を作成する予定で立ち上げられたのがこのソロプロジェクトのようで、そのスタイル、コンセプトを「サイケデリックソウル・ファンク」と名付けている。

いわゆる60年代から80年代初頭のビンテージソウルのテイストをベースに、サイケデリック、ジャズ、ラウンジのエッセンスを取り入れた懐かしくて暖かく、かつ新しいサウンドとなっています。

第一弾として2020年にEP『Idol Eyes』、2021年第二弾EP『Starchild』をリリースしていますのでここでチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

Common Saints : レビュー

Summer Sun

ギターのアクセントが渋く響く、気怠くレイドバックしたスモーキーなサマーアンセム。

Common Saints – Summer Sun (Offical video)

Dreams

どこかスティングっぽさも感じさせるUKヴィンテージソウル。

Common Saints – Dreams

 

ザ・サイケデリックソウル・ファンク、 Common Saints (コモン・セインツ)でした。Myles SankoMichael KiwanukaStone Foundationなどのブリティッシュモダンソウルの系譜にまた一人注目株が登場した、といった感じですね。