Japanese Breakfast / Michelle Zauner によるドリームポッププロジェクト

Japanese BreakfastIndie
Pocket

オレゴン出身の韓国系アメリカ人ミュージシャン、Michelle Zauner(ミッシェル・ザウナー)のソロプロジェクト、 Japanese Breakfast (ジャパニーズ・ブレックファスト)。

フィラデルフィアの人気インディロックバンド、Little Big Leagueのボーカリストとして活動していたMichelle Zaunerが母親の病気をきっかけにバンドを離れ、オレゴンに戻って2014年頃よりソロ活動をスタート。

Little Big League時代のインディロックをベースに、よりソフトでドリーミーなサウンドへと傾倒した作品で2016年『Psychopompで本格デビュー。

2021年6月には3rdアルバム『Jubilee』、9月にXboxゲーム『Sable』のサウンドトラックアルバムやSpotify のライブ・ミュージック・シリーズアルバム『Live At Electric Lady』への出演と、非常に活発な活動が見られます。

また、グラミー2022では『Best New Artist』にノミネートされ、益々注目度が上がってきたJapanese Breakfastを聴いていきましょう。

スポンサーリンク

Japanese Breakfast : レビュー

Be Sweet

アルバム『Jubilee』からのカット。80年代っぽさを感じさせるストレートなポップ&ロック。

Japanese Breakfast – Be Sweet (Official Video)

 

Road Head

2017年アルバム『Soft Sounds From Another Planet』より。個人的に一番Japanese Breakfastっぽさを感じるソフトでドリーミーな作品。

Japanese Breakfast – Road Head (Official Video)

Glider

Sable』より、ゲームはやったことないのでわかりませんが、恐らくこの曲がメインサウンドトラック。このアルバムも良いですね。

Japanese Breakfast – "Glider"

 

Michelle Zaunerによるドリームポッププロジェクト、 Japanese Breakfast (ジャパニーズ・ブレックファスト)でした。

この名称、単純に外国っぽさを感じる”Japanese”とアメリカ的な”Breakfast”を合わせた感覚的なものらしいです。他にもJapanese Wallpaperだったり、あるいはTokyo~だったり、日本とあまり関わりがなくても”Japanese”をつけるバンドってかなりいるんですが、アメリカやヨーロッパからするとまだ遠い国、「外国」っぽさを感じる言葉なんでしょうね。

▼こちらもおススメ

【2020年】洋楽 ドリームポップ おススメアーティスト9選
家でまったり過ごしたいときに最適な"ドリームポップ"から、おススメ9アーティスト/バンドをご紹介します。ベッドルームでのD.I.Y宅録が主流になりつつある世界のインディポップ界隈から、R&Bやジャズのエッセンスも感じさせるレイドバック系ドリームポップを中心にセレクトしました。